府中市議会議員 目黒重夫昨日・今日・明日

周囲の出来事を思いつくまま

安倍首相の9条改憲

2017-05-15 11:39:12 | 日記
発言の狙いはどこに
安倍首相が突然言い出した「憲法9条に自衛隊を明記」の発言は、自民党内からも異論が出されている。もともと自民党改憲の本丸は9条にあり、改憲草案では国防軍を位置づけることになっている。今回は1、2項を残したままの自衛隊明記だから、だれが考えても無理がある。

無理を承知で「なぜ今」の議論も取りざたされている。国会で2/3を占めたものの9条改憲に否定的な世論が多い中、焦っているなどの意見が多い。そうした中、今日の「赤旗」に載った桜美林大教授・元防衛省防衛研究所員 加藤朗氏の談話「『曲球』見抜き本質的議論を」はなるほどと思わせる。

氏は首相の議論は曲球(くせだま)としたうえで、今必要なのは違憲か、合憲かの議論ではなく「自衛隊がどのような存在で、何をすべきで、何をすべきでないか」である、述べている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連休明け、選挙戦本格化 | トップ | 朝ドラ「ひよっこ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。