爺のたわごと

毎日の世相やニュースで感じた事を、書きこみます。
別に学識あるわけで無く、ひがみや偏見もあるのでご容赦ください。

透析もまた楽しからずや

2016-10-11 08:43:45 | 話題

早いもので、人工透析を始めて1年になろうとしている。初めの内は左手に普通の注射針の2倍の太さ針を2本刺され、3時間も身動き出きず、ただ時間の経つのを待っていて、透析のある日は気が重く嫌で仕方なかったが、書見台をネットで購入右手だけでページをめくれるようになってから読書ができるようになり幾らか気分がまぎれるようになった。

余裕が出てくると、辺りを観察するようになり、透析患者さんも様々な人がいるもんだ。まだうら若い女の人も居れば、車椅子で来る人も居る。中には入れ墨をした若いあんちゃんも居る。

透析を始める前に更衣室でパジャマに着替えるのだが、職人風のおっさんといつも一緒になる。同じ時間帯なので、帰りも一緒だ。こちらから「こんにちは!」と挨拶しても、ムスッとして返事もしない。ところがある日、透析が終わって更衣室にはいると、止血バンドが外れて床に落ち、自分で止めようとしているが上手くいかず、途方に暮れている。そこで止血バンドを受け取り、はめてあげた。

それ以来そのおっさんは俺の顔を見るとニコッとして挨拶を返すようになった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歴史上人物の実像と虚像 | トップ | サイボーグ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

話題」カテゴリの最新記事