ダブログ宣言!

ひとりでするのがブログなら、
ふたりでするのがダブログ。

赤川次郎『マリオネットの罠』

2017年06月18日 23時03分58秒 | 文学
赤川次郎『マリオネットの罠』(文春文庫)を読んだ。
たまにミステリーが読みたくなる。ちょっと調べてみると赤川次郎の処女長編のこの本がおもしろいというのを聞きつけたので読んでみた。
赤川次郎はほぼ読んだことがない。
最初のほうで、雨の中を女が男を殺すシーンはわくわくしながら読んだが、あとはあまりわくわくしなかった。
最後のオチもびっくりしなかった。
びっくりしなかったというのはオチがわかっていたというわけではなく、ぜんぜんわからなかったのだが、もう最後あたりではあまり興味が持てていなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石井妙子『原節子の真実』 | トップ | 近藤誠『がん患者自立学』 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL