ダブログ宣言!

ひとりでするのがブログなら、
ふたりでするのがダブログ。

勉強中の読書

2016年10月13日 10時47分52秒 | 文学
英語の勉強をしているのであまり本を読んでいない。
トルストイの『戦争と平和』も二巻で止まってしまっている。が、これは読み終えたい。
ほかに、たぶんノーベル文学賞の発表が近いので次々と発売となった村上春樹の未読の文庫があり、『職業としての小説家』も『女のいない男たち』も買っているのだが読んでいない。自身の創作も収録された翻訳短編集『恋しくて』はまだ買っていない。読むかどうか分からない。
また、来月には、小林秀雄の講演を聞いて興味を持った柳田國男の『故郷七十年』やそろそろ発売かなと待っていた大江健三郎の『晩年様式集』も文庫になるようで、本が溜まる。
しかしそんななか読んでいるのは図書館で借りてきた片岡義男の短編集『と、彼女は言った』(講談社)で、いま唯一これだけ読んでいる。
ものすごくおもしろいとは思っていないのだが、なぜだか読んでいる。
ふたりとか三人とかの登場人物が会話して何かを飲んだり食べたりするだけの、それだけの短編が続くのだが、軽いから読めるのかもしれない。緊張感のあるものは、英語の勉強ってわりと疲れるので、読めない。
登場人物のひとりには必ず小説家がいて、その小説家がこんなふうに話を作ろうかと言っているように物語が語られるようなところがあり、登場人物がその出来事をのちに書いたものがいま読んでいる物語であるようにも読める。
たぶん片岡義男は自分の力に自信を持っていて、その自信が伝わってくるようなところがあり、そこが安心して読める反面、ちょっと反発してしまうところでもある。そんなにうまく終われてねえよ、自分で思ってるほどはぜんぜんうまくないよ、と言いたくなってしまう。
そんな、プロの仕事。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白井恭弘『外国語学習の科学... | トップ | 「SONGS」のSEKAI NO OWARI »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL