ダブログ宣言!

ひとりでするのがブログなら、
ふたりでするのがダブログ。

他人の父親をゆっくり看取る

2017年04月29日 21時30分33秒 | 文学
小津安二郎がおもしろいので、なにか読もうと思ったが、やはり蓮實重彦『監督 小津安二郎』ではないかと思う。
たぶんむずかしいことがむずかしく、簡単なこともむずかしく、書いてあるのだろうけれども、一番有名な本だし、そうはいっても蓮實重彦は映画についてよくわかっているのだろうと思う。いい機会なので読んでみようかと本屋で少し立ち読みしたが、ちょうど『小早川家の秋』の場面の写真が載っていて、まだ『小早川家の秋』は見ていないなと思って購入を思い止まる。
『小早川家の秋』と、あと『お茶漬の味』あたりの戦後の作品は見てから本を読んでみようと思う。
そのうちNHK-BSでやるだろう。

『「シン・ゴジラ」をどう観るか』(河出書房新社)という本を図書館で借りてきて、たくさんのひとが書いているが、加藤典洋と春日太一のものだけ読む。
どちらも、庵野秀明が登場人物の家族や恋愛を描いていなくて、人間を描いていない。だから素晴らしいというような論旨だった。
春日太一が語る岡本喜八の映画に興味を持った。そんなに人間を描いていないのだろうか。興味深い。いつか『日本のいちばん長い日』を見たい。
岡本喜八の映画は『大誘拐』をむかーしテレビで見たことしかない。
兵隊役の寺田農がぶつぶつ言いながら走っていて、大谷直子とぶつかり音楽の流れる奇妙な映画の一場面(『肉弾』)をテレビで見て、こんなの見たくねぇなと思ったのだが、ほんとうに岡本喜八はおもしろいのだろうか。
同じようなことで、黒澤明の『どですかでん』も、どですかでんと言いながら電車ごっこしている奇妙な映画の印象で、見る気がしない。映画の一場面をテレビで見て、こんな映画見るもんかと思うことが結構ある気がする。
春日太一にも興味を持った。きちんと岡本喜八(だけでなくてもいいが)の本を書いて出して欲しい。

沢木耕太郎の『無名』を読んでいるが、これはジャンルで言うとなんだろう。ノンフィクションではなく、もはや私小説ではないかと思う。別にノンフィクション作家が私小説を書いてもいいし、そもそもジャンル分けなどどうでもいいことではあるが、これは私小説に見える。
とてもおもしろくて、沢木耕太郎の父親が病気で弱っていくのをじっくり隣で見ている感じでいる。自分の父親が死ぬときも、たぶんこんなふうにそばにいて寄り添うことはできないだろうなと思う。
沢木耕太郎がものすごく父親のことを尊敬していて愛している感じが滲み出ている。こんなふうに、父親を尊敬することが出来るものなのだな。私は出来ていない。ずっと出来ていない。
これから死ぬのだなと思うと、他人の父親ながら切なくなる。
高齢の親が病気のときに病院に連れて行くか、もう諦めて自宅に居させるかは、ものすごく難しい問題だ。沢木耕太郎の家族も病院に来たことを後悔する。長く入院していると体力が落ちるし、惚ける。
このような親の死を描く小説は、井上靖の『わが母の記』や水村美苗の『母の遺産』などあるが、結構どれも好きだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小津安二郎監督『麦秋』 | トップ | 沢木耕太郎『無名』 »

コメントを投稿

文学」カテゴリの最新記事