花山歩  ~はなさんぽ~

花に逢いに山をぶら~り

イチヤクソウ -ダイトレ北の起点から行く二上山ー その1

2017年06月18日 | 葛城・金剛

ダイトレ北の起点屯鶴峯の石板



2017年5月31日 水曜日 晴 単独

ダイヤモンドトレイル 通称ダイトレ

屯鶴峯を北の起点として

金剛・葛城山系の稜線を縦走し

槇尾山施福寺までの約45kmを行く。



どんづる峰の🅿に駐車する。

近鉄南大阪線の吉野行特急が走り抜けます。



トイレを済ませスタート。

砕石場の看板のある所が旧のダイトレ入口。

車両の通過が増え危険になったので変更となった。



少しの時間でどんづる峰の入口。

ここに起点の石板がある。

二上山まで約2kmを行く。



穴虫峠に向け県道脇の歩道を行く。



府県境の穴虫峠。

下を近鉄南大阪線が通ります。



府県境を越えると緩やかな下りに。

近鉄南大阪線の向こうの山肌に

ブドウ栽培のビニールハウスが立ち並ぶ。



暫く下るとダイトレの登山口。

案内板がなければ見逃しそう。



ダイトレは朝日の差し込む樹林帯の中

徐々に高度を上げる。

風が無く一気に汗が吹き出す。

顔の周りを蚊が飛び回り鬱陶しい。



ヘビイチゴ



コモチマンネングサ



ニガナ



モチツツジ



稜線に出ると時折大阪側から心地よい風が吹き抜けます。



ダイトレはきついアップダウンを繰り返します。

階段道は膝にくる。

しんどい~。



スイカズラ



ママコナ



一つ目の関電鉄塔。

下草が刈られ歩きやすい。

有難いです。感謝です。



ナルコユリ



ダイトレ



太子町スポーツ公園分岐



階段道がまだまだ続きます。



ダイヤモンドトレイルの石柱がダイトレで有ることを示します。



前方が開け雄岳の姿が。



二つ目の鉄塔。

足元から太子町のグランドが見える。

市街地は霞が架かり展望はいまいち。



旧ダイトレへの分岐。

旧ダイトレは直接馬の背に突き上げ

結構きつい。



ダイトレ脇の巨木。

見上げ緑が輝いて綺麗だ。

登山道が緩やかになってきた。



後2kmの標識。

此処まで結構きつかった。



あるきやすい~。



やれやれ。

管理道路に合流した。

ダイトレは管理道路を右に

岩屋峠に向かう。



管理道路を左に

馬の背方面に向かう。



シライトソウ



右に遊歩道を雌岳方面に。



雌岳山頂。

ダイトレではだれにも逢わなかったが

山頂は大賑わい。

少し早いが昼食・コーヒーを楽しむことに。




で...

続きは

[イチヤクソウ -ダイトレ北の起点から行二上山ー その2]へ 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショウジョウバカマとカタク... | トップ | イチヤクソウ -ダイトレ北... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。