South Is. Alps
South Is. Alps
Coromandel
Coromandel, NZ
Square Kauri
Square Kauri, NZ
Lake Griffin
Lake Griffin


2005年の読書

2005年、このブログで読書というカテゴリーは60回あった。その中は、漫画もあればさまざまだし、複数冊を取り上げているがここから、何冊か選んでみることにする。少ない中からベストテンを決めるのは数が多すぎるので、ベストスリーを選んでみることにする。ただし、二つのカテゴリーを作る。ひとつ目は、「目からうろこ」という意味で、ふたつ目は、「おすすめ」という意味でベストスリーを選んでみることにする。それぞれもとのブログへのリンクを張ってあるので見てほしい。

「目からうろこ」
『シベリア鎮魂歌:香月泰男の世界』 2005-03-19
『手話でいこう:ろう者のいい分聴者の本音』 2005-11-02
『素数ゼミの謎』 2005-08-11

*それぞれ、別の理由での選択。『シベリア鎮魂歌』は、人間の生きるということの強さとこだわりについて、芸術の持つパワーも含めて感じ入った。二冊目の『手話でいこう』では、手話について知らなかったこと考えが足りなかったことを思い知った。三番目は、モデルというか理論というか、その面白さについてあらためて思い知ったということ。

「おすすめ」
『マクロ経営学から見た太平洋戦争』 2005-09-20
『いのち:生命科学に言葉はあるか』 2005-11-20
『サバがトロより高くなる日:危機に立つ世界の漁業資源』 2005-09-21

*『マクロ経営学から見た太平洋戦争』は、現代組織論そのもの。日本の未来のために改めて過去を知ること現在を知ることの重要性に思い至る。『いのち:生命科学に言葉はあるか』 は対談集なのだが、現代社会における生命科学の位置づけについて、しっかりと知るためのゲートウェイになると思ったから。『サバがトロより高くなる日』は、身近な食料資源について、より深く知るために。おせち料理にはいっている食品がどこからやってくるのか、もっとよく知ろう。

2006-01-01 20:32:56 | 読書 | コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 雑煮、お節 恩師宅へお年賀 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。