突撃 相場に負けるな!

平日の朝 必見のブログです。
朝から作戦立てましょう~
負けるなよ!

株主総会 お土産廃止の流れ

2017年06月15日 21時24分44秒 | 

今朝の日経に 総会土産の廃止続々 の記事が出ていました。

私も指摘していましたが、この流れ止まりそうにもないです。

参加で切る人との公平性もありますが、お土産目当ての参加も一般化してきて、経営陣も防衛策を講じてきたというところでしょうか?

また、株主優待と同じで、株数が多くても もらえるお土産は1個です。

中には、議決権の数だけもらえるところもあるので、名義分散効果も似たようなものです。

これでも、まだ7割程度は、お土産配布しているようなので、5割を割れば無いのが当たり前になってくると思います。

こんなことになってきたのも、お土産もらって帰る株主が増えすぎたのが原因

自分で自分の首を絞めた格好も、しゃあないな~

今後は、総会目当てで権利取りもリスクが大きくなりそうで、要注意です。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17679540U7A610C1DTA000/

 

個別銘柄概況

ゲンキー、平和、SANKYO、第一カッター 買いました。

明日は、四季報発売ですね。

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201706150451

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201706150453

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201706150457

 

今夜の材料

https://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/article/detail/20170615-00042791-minkabuy-usdjpy-5032

 

優待廃止

大日本

http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20170615/aj0h8s/140120170605496812.pdf

 

優待変更

串カツ田中

http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20170615/ajk00n/140120170615407607.pdf

ヤマノ

http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20170615/ajhu4a/140120170614406650.pdf

 

記念優待

ぴあ

http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20170615/ajjzny/140120170615407150.pdf

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NY 46高 シカゴ 19... | トップ | NY 14安 シカゴ 19... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実際 (しんちゃん)
2017-06-17 13:53:17
交通費考えるとあわないですよね。例えば、孫さんとかカリスマ経営者とかの話しなら直に聞きたいと思いますけど、スライド流して1時間で終わるようなつまらない総会なら、わざわざ時間と交通費使って行く人少なくなるのは当然ですよね。それだけ魅力ないということですよね。それに公平性とかいうならそもそも会場での株主総会もどうかと思いますよ。少なくとも、時間と交通費使って朝早くから来場しているのだから、相応のお土産はいいと思いますけどね。そういう姿勢も投資判断の1つとして見てますけどね。
しんちゃん 毎度です。 (sifer)
2017-06-17 21:04:31
交通費考えると、梯子しないと帳尻があわないですね。
経営陣の本音は、何事もなく終わりたいので、魅力が出ないと思います。
株主との対話の場になっているのであれば、私はお土産ぐらい出してもいいんじゃないのかな・・・・と思います。
問題は、お土産もらって帰る株主が一般化したから、自衛手段を講じているのでしょう。
そして、お土産で釣らないと来る人が少ない損得抜きで、来てもらえるような総会にならないと、ただの会議とおんなじで誰も行く気しないと思います。
中身の問題でしょう。
ただ、こんなことを気にするのは、参加できる人だから言えることで、地方では何の参考にもなりません。
公平性期するなら、議決権行使したらオマケ付ける企業の方が、ずっとよく考えていると思います。


コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。