突撃 相場に負けるな!

まったり運用のブログですが、資産運用もまったり と気楽に行ってます。

NY 41安 シカゴ 18795円

2017年04月06日 06時01分27秒 | 

昨日のアメリカは、3月のADP全米雇用リポートが市場予想(18万人程度)を大幅に上回ったことで一時三桁の上昇を見せるも、終盤 3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて米金利が低下したことや米共和党のポール・ライアン下院議長が税制改革には時間が掛かるとの見方を示したことで政策運営期待の後退で一転売られ反落 41安 20648

ナスダックは、34安 5864

シカゴは、18795円(前日 18861円)

ADR http://moeybox.

http://www.traders.co.jp/foreign_stocks/adr.asp

為替は、3月のADP全米雇用リポートが市場予想(18万人程度)を大幅に上回ったことでドルが買われるも、3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて米金利が低下したことでドル円は伸び悩む展開 現在 110円70銭台で推移

原油は、前日夕に米石油協会(API)が公表した週間の原油在庫が大幅に減少で好感買いも、米エネルギー省が週間の石油在庫統計で市場予想ほどの減少が見られず失望売りに伸び悩む展開で小幅続伸 51.15

金は、3月のADP全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)が前月比で市場予想以上に増加。米連邦準備理事会(FRB)が利上げに動きやすくなり、金市場への資金流入が減るとの思惑が出て反落 1248.5

 

米経済指標の改善に喜んだのもつかの間、終盤 FOMC議事要旨でFRBのB・S規模縮小懸念から一気にリスク回避姿勢が強まり失速の悲しい展開です。

米金利低下で円高気味の動きも進み、FOMCにぶち壊された感じです。

こうなると、シカゴはひどい状況で、再び 18800円割れ・・・・

明日の雇用統計を前に荒れそうな予感がするところです。

今日は、どこまでの下値を試すかに注目しておきますわ。

18700円で止まるかな?

怪しさ満点の展開になってきましたので、セルインメイを前に警戒しましょう。

現在の私のリスク資産比率は、23%になっていますが、持ち株では下降トレンド入りの様相の銘柄も増えてきて困った状況になっています。

ここで 切るか?放置か? の選択場に差し掛かっています。

放置する場合は、どの程度の損失まで耐えられるかの懸賞が必要でしょう。

特に、小型株は大きく下げるので、多めの見積もりが必要と思います。

予想レンジ

18900円~18700円

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 管理人着任1週間経過 | トップ | 底割れ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事