のんびり学習帳

勉強したことをまとめたノート

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イギリスの社会福祉

2010年01月10日 | 社会保障
1601年 エリザベス救貧法(旧救貧法)
○貧民を3種類に分けた
 有能貧民 → 強制労働
 無能力貧民 → 救貧院に収容
 児童 → 徒弟奉公

教区ごとに任命した貧民監督官が救貧税を徴収して財源を賄った

――――――――――――――――――――――――――――――
しかし貧民の増加は衰えず、救貧税が教区の財政を圧迫
→貧民を締め出す目的の法律を制定

1662年〜 定住法

1772年 ワークハウステスト法 

――――――――――――――――――――――――――――――
18世紀後半〜産業革命で貧民増加

1782年 ギルバート法

1795年 スピーナムランド制度

 =院内救済(施設収容) と 院外救済(賃金補助)

↑批判
1776年 『国富論(諸国民の富)』byスミス
1798年 『人口の原理(人口論)』byマルサス

――――――――――――――――――――――――――――――
救貧法が改正される

1834年 新救貧法(改正救貧法)
均一処遇
 …救貧水準を全国一律、救貧行政の中央集権化
劣等処遇の原則
 …救済水準を最下層の独立労働者以下に定めた
院外救済の禁止(院外での救済を全廃)
 …労働能力のある貧民はワークハウスで就労させた

――――――――――――――――――――――――――――――

1869年 ロンドンに慈善組織協会(COS)が誕生
○友愛訪問(対象者を訪問・面接)した記録を分類・保存
  ⇒発端はチャルマーズ隣友運動
…コミュニティ・オーガニゼーションやケースワークの先駆け 

――――――――――――――――――――――――――――――

セツルメント運動 byデニスン
○学生や知識人がスラム街に住み込み教育活動を展開

1884年 トインビーホール設立 byバーネット
○世界最初のセツルメント

――――――――――――――――――――――――――――――
貧困調査

1886〜
 1902年 ロンドン調査 byブース
○ロンドン市民の約30%が貧困線以下の生活を送っている

1899〜
 1901年 ヨーク調査 byラウントリー
○ヨーク市民の約28%が第一次貧困線又は第二次貧困線以下の者
ライフサイクルの観点から、多くの貧困労働者が貧困状態に陥る時期が、子の養育期と高齢期であることなどをとらえた
=(『貧困−都市生活の研究』1901年)


1911年 国民保険法
世界最初の失業保険制度

――――――――――――――――――――――――――――――
ナショナル・ミニマム byウェッブ夫妻
○ナショナル・ミニマムとは、国家が国民に対して最低限度の生活を保障すること。
国家の公的責任を具体的に表現したものとして、今日の福祉国家の根幹的理念。
○雇用 余暇 健康 教育 の四つの分野を包括
○年金による貧困の予防を提言

――――――――――――――――――――――――――――――

1942年 ベヴァリッジ報告

5巨人悪(不潔、窮乏、怠惰、無知、疾病)
○窮乏を解決するためにはナショナル・ミニマムが重要
窮乏の克服が社会保障の目標
○社会保障が機能するための前提児童手当包括的な国民保健医療制度雇用の維持
○社会保険、国家扶助、任意保険の3つの方法で社会保障を実現するとした
均一拠出均一給付の社会保険制度を導入

1945年 家族手当法
1946年 国民保険法、国民保健サービス法
1948年 国民扶助法

 =「ゆりかごから墓場まで」
――――――――――――――――――――――――――――――
1968年 シーボーム報告
○「堅実、かつ有効な家族サービス」の体系づくり
○統一的な在宅・施設サービスの提供
○地方自治体の再編成
1970年 地方自治体社会サービス法 制定

 …コミュニティケアの理念が浸透してきた

――――――――――――――――――――――――――――――
1978年 ウルフェンデン報告
○「ボランタリー組織の将来性」を発表
福祉多元主義(福祉ミックス)
○公的部門、民間営利部門、民間非営利部門、インフォーマル部門の4類型

――――――――――――――――――――――――――――――
1982年 バークレー報告
○「ソーシャルワーカーの役割と任務」を発表
○コミュニティ・ソーシャルワークの概念を提示

――――――――――――――――――――――――――――――
1973年 オイルショック 〜
福祉国家の危機が一層深刻になる
○サッチャー政権による「大きな政府」から「小さな政府」へ
  →福祉予算は大きく削減


見直しを図るために…

1988年 グリフィス報告
○「コミュニティケア―行動計画案」を発表

1990年 国民保健サービス及びコミュニティケア法 制定

――――――――――――――――――――――――――――――
イギリスの社会保障制度の現状

医療
○税方式の国民保険サービス(NHS)が全国民に提供されている
○原則として医療費は無料(薬剤費、歯科診療費は一部有料)
○財源の約8割は租税、残りは国民保険(全国民加入)制度からと
 患者の一部負担で賄われる

年金
○社会保険方式・賦課方式によって運営
○国庫負担はない

 ヾ霑断金
  最低所得額以上の所得がある16歳以上の者は強制加入
  条件を満たさない低所得者は任意加入

 国家第二年金、職域年金、個人年金
  ○被用者が選択できる二階部分
    支給開始年齢は女性60歳、男性65歳
  ○国家第二年金は2002年から新たに始まった制度
    対象は低所得者
    低所得者も将来において一定所得が確保できるようになった

    
ジャンル:
受験
キーワード
ナショナル・ミニマム 国民保健サービス 1901年 1948年 ゆりかごから墓場まで 1945年 1942年 社会保険制度 ウルフェン 1946年
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ | アメリカの社会福祉 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。