ジークフリードの日記

我が愛犬ジークフリードと共に過ごした日々の記録

ジークのいる日々(2014年3月)

2017年10月01日 | Weblog
 3月1日は、ジークを連れてあゆとも動物病院に行き、診察してもらいました。体重を量ると29.5Kgまで減っていました。一昨日、昨日と糞の状態が良かったので、薬の下痢止めを止めて、胃薬を加えることになりました。
 午後4時前にワンダフルライフに行こうと思ったら雲行きが怪しくなってきて、八幡では雨が降り出したそうなので、この日は練習を取りやめになりました。

 翌2日は5時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。ジークはここで糞をしましたが、また形のない軟便で赤茶色と黒いものが混ざっていました。


(おなかの調子が今ひとつだな

 練習でアジリティコースを走った後、ジークのことを少し話して、セカンドオピニオンを受けてはどうかということになり、星ヶ丘の前野動物ケアセンターが日曜日も開いているので、そこに行き検査してもらうことにしました。

 ここは患畜が非常に多く、1時間近く待たされました。順番が来てジークを診てもらうと、体重は28.9Kgでした。
 問診に触診と聴診、血液検査などをしてもらい、しばらくして検査結果が出ると、糞便に多少芽胞菌が見られたが、問題になるほどではない。血液検査で肝臓の数値が悪かったが、これはステロイドを与えているせいかもしれないと言われました。また、生まれたときから下痢をしているわけではないので、IBDとは考えにくい。z/dは効果が出ていないので、アレルギーではないのかもしれないとのことでした。診察を終えてみると、7時を過ぎていました。
 診察が終わった後、永村先生からビオフェルミンと乳酸菌daワンをいただきました。

 その後、数日の間も軟便状態は続いていました。


 3月8日にはオプデス競技会が原鶴であるので、6時前に家を出て会場に向かいました。
 7時に会場に着き、まずはジークを外に出し、おしっこをさせて会場に慣れさせているとアジの受付は8時からというアナウンスがありました。
 この日最初に行われていた防衛競技が終わるとチームテストになりました。それと同じぐらいにアジの受付が始まったので受付をして、目録を見ると、今回は参加頭数が少ないようでした。


(今日は協議会だ

 チームテストの後はオビディエンス競技があり、これにはI先生がツィオンとジェイで出ると事前情報があったので、目録を見ると、どちらも奥さんの方がハンドラーになっていました。

 この日の模様は、2014年3月9日付のブログをご覧ください。


 3月9日は6時半にワンダフルライフに行き訓練を受けました。ジークはここで糞をしましたが、また形のない軟便が混じっていました。

 練習では、日暮れになっていたので、まずアジリティコースを走った後、服従訓練をしました。アジリティの後は、ジークも機嫌が良いようで、服従訓練を喜んでしているようでした。


(今日は真っ暗になるまで練習したよ

 この日、JAMの3月号が出たのでダウンロードしました。

 3月15日は10時からワンダフルライフで渋谷先生のワークショップがあるので、9時半にレッスン場に着き、先生の到着を待つ間、少し準備運動をした後、以前習った犬のマッサージを行いました。


(今日はアジリティセミナーがあるよ

 10時すぎに渋谷先生が到着してワークショップが始まりました。今回の参加者は8名で、これまでと同じく検分の後コースを1走して、渋谷先生の解説を受けた後に再度同じコースを走り、問題点の矯正を行いました。ここで、12時を過ぎたので一旦休憩になりました。
 ジークは、練習中にタイヤにぶつかってタイヤの金具を壊してしまいました。


 午後から、コースを組み替えて、同じように1走してから渋谷先生の解説があり、再度同じコースを走って問題点の矯正を行いました。

 ジークは、再度タイヤにぶつかってタイヤをはじき飛ばしました。このとき足を痛めたのか、飛び方がおかしくなったので、これ以後の練習は止めておきました。

 渋谷先生は明日の競技会の打ち合わせがあるので、3時半に出発しました。


 3月16日は山口で競技会があるので、4時に起きて出発の準備をして5時半に家を出ました。
 ナビに従って進んでいくと下関インターを降りた後のコースが何かおかしい。不審に思い、広域にしてみると、再度高速に上るようなコースを指示していたので、しばらくナビを当てにせず走っていたら、豊浦方面の表示がある標識を見つけたので、そっちに走っていくと、見覚えのある所に出たので、そのまま走り続け、7時前に会場に着きました。


(今日は山口で競技会だよ。

 この日の様子は、2014年3月17日付ブログをご覧ください。


 ジャンピングが終わった後。12時を過ぎていたので30分の休憩となり、休憩中にジークに糞をさせましたが、糞は薄い黄色で、表面に白いゼラチン状のものが付いていました。これは、以前ある人のブログで見た、分泌異常の糞と同じではないかと思いました。

 この日は、ジークの走りに精彩を欠いていました。ジャンプに力が無いので、バーをいくつも落としていました。先生は、この原因は昨日のタイヤに激突したことではないかと言っていましたが、それよりもおなかの具合が悪くて力が入らないのではないかと思いました。

 競技終了後、家に帰り、8時過ぎに外に出し、おしっこと糞をさせました。糞は柔らかめだったが以前の色に戻っていました。


 3月18日は9時からジークを連れて朝の糞を持って、あゆとも動物病院に行きました。先客がいたのでしばらく待たされましたが、ジークを診察してもらい、変な寄生虫がいるかもしれないと糞の検査を受けましたが何も出ませんでした。このとき、体重は31.5Kgと増えていました。
 その後の問診で前野病院でセカンドオピニオンを受けたことを伝えて、その結果と血液検査表を見せた上で、今後の診療方針として、ステロイドを減らしていくこと、抗生物質を変えてみること、z/dはまだ続けることなどを決めました。薬をもらって家に帰ると10時半になっていました。

 昼に餌を与えた後、ジークが外に出たそうにしているので連れ出すといきなり形のない下痢便をしました。しばらくしてまた外に出たそうにしていたので、連れ出すと、また下痢便をしました。これは薬が切れていたためではないかとおもわれたので、明日まで様子を見て、下痢が続くようなら病院に連れて行くことにしました。

 その翌日、糞は柔らかめの形のあるものを少しだけしましたので、もう少し様子を見てみることにしました。

 その後数日は、糞の状態は一進一退で推移していきました。

 22日は5時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。この日はまず、先生がシークの足をマッサージして問題ないかを見ていただきました。その時ジークの睾丸の表面が炎症を起こしているのに気づいたので、練習を終えた後、病院にいくことにしました。練習は簡単なコースでスピードを出す練習をしました。ジークはここで糞をしましたが、糞はいつもどおりのものになっていました。


(先生に脚をマッサージしてもらったよ。

 6時過ぎに練習を終え、家に帰る途中あゆとも動物病院に行きました。この日は患畜が多く、受付したのは6時半でしたが、実際に診察してもらったのは8時近くになっていました。体重を量ると29.8Kgと減っていました。糞の検査もしましたが、問題は無く、睾丸の炎症は、飲み薬は今与えているものが効果があるそうなので、塗り薬をもらいました。家に帰ると8時半を過ぎていました。


 23日は、天気が良いのでジークを洗いました。洗った後はベランダで拭き上げてから天日で乾かしました。


(今日はお風呂に入ったよ

 その後、4時にワンダフルライフに行き訓練を受けました。この日は昨日の続きで、コースの中でスピードを出す練習をしました。


(今日も練習をがんばったよ。

 この後も、糞の状態はあまり良くないことが続いていました。

 3月29日は9時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日は、予報では雨でしたが、何とかもってくれているので、まずCD3の練習をしました。その後、アジリティの基礎練習をしていると、後のしつけ教室の人が来始めたので、練習を終えて家に帰りました。


(今日は何とか練習できたよ。

 この日、先生からジークの足のことで、グルコサミン・コンドロイチンを再開してはどうかと言われました。もし、これまで与えていたものが悪いようなら、ミドリイガイのものが良いそうでした。
 その後、4時からあゆとも動物病院に行き診察を受けました。体重を量ると、31Kgちょっとで、少し増えていました。おなかの具合は順調のようなので、ステロイドの量を減らすことにして、2週間分の薬をもらいました。また、睾丸の炎症も舐めないようにしたいが、エリザベスカラーをしてはどうかと言われましたが、もう少し様子を見ることにした。


 30日はQアジがある日でしたが、ジークの状態を考えて申し込んでいませんでした。また、雨が降っていたので、練習に行くこともやめておきました。


 こうして、3月も終わりました。まだまだジークの体調が安定せず、医者にも原因も解決方法も判らない状態が続いていました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジークのいる日々(2014年2月)

2017年07月23日 | Weblog
 諸般の事情で、だいぶ間が開いてしまいましたが、ジークの記録を続けたいと思います。

 2月になると寒い日が続いていましたが、2月1日は、珍しく天気になったので、暑いぐらいでした。
 2時半からワンダフルライフに行き訓練を受けました。服従訓練の練習とアジリティの練習をしましたが、冬服では暑かいぐらいでした。


(今日は暖かいね )

 2日は10時過ぎにジークの爪切りをしました。餌で気を引きながら爪切りをしたので、前足はうまくいきましたが、後ろ足がうまくいきませんでした。
 3時半からワンダフルライフに行きました。この日は、アジリティの練習をして、コースを走ったほかにダブルバーの練習をしました。この日は前日よりは軽装にしましたが、それでも暑いぐらいでした。


(今日も暖かいね

 この時期、ジークは赤っぽい軟便をしていました。(画像なし)


 翌週、2月8日は、前夜の雨が雪に変わっていましたが、もう溶け始めていて地面はびしょびしょになっていました。
 11時過ぎに高速道路の通行止めも解除になっていたので、5時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。レッスン場に着くと、ちょうどルイが帰るところで、コタママがダンスの練習をしていました。
 服従訓練の練習をしてからアジリティの練習をしました。途中小雨が断続的に降っていたので、アジリティはコースを1走だけして、難しかったところを何度か練習しただけになり6時過ぎに練習を終えて家に帰りました。


(今日は天気が今ひとつだね

 帰りがけにレッスン場でした糞を持ってあゆとも動物病院に行きました。体重を量ると、32Kgで変化無しでした。糞に悪玉菌はいなかったそうでしたが、相変わらず軟便が続いているのでステロイド剤を飲ませることになりました。とりあえず1週間分の薬をもらって帰りました。


 翌9日は、3時半からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日も服従訓練の練習をしてからアジリティの練習をしました。アジリティはコースを3走してからダブルバーの練習をしました。その後、4時半に練習を終えて帰るときに先月のQアジの時に肉離れを起こしたエイトが久々に練習にきました。けがはもう大丈夫だそうで、3月16日に山口である競技会の申し込みが来ているそうでした。


(今日も練習をがんばったよ


 11日は11時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日も服従訓練の練習をしてからアジリティの練習をしました。アジリティはコース練習をしました。家に帰り、夜の餌から鶏のササミをくわえることにしました。また、大根おろしも与えました。


(今日は祭日で練習に来たよ

 15日は9時からあゆとも動物病院にジークを連れて行きました。体重を量ると31.4Kgで、また減っていました。糞を検査してもらうと、まだ悪玉菌が見えるそうなので、薬を継続することになりました。ただ、抗生物質を1種類減らすことになりました。
 5時からジークを連れてワンダフルライフに行き訓練を受けました。ジークはここで糞をして、糞は下痢ではないものの軟便でした。この日も服従訓練の練習をしてからアジリティの練習をしました。アジリティはコースを走り、6時半過ぎに家に帰りました。


(ちょっとおなかの具合が悪いな

 22日は、1時からジークを連れてワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日は犬の体のケア講座があるので、この時間になりました。ジークはここで、大量に糞をしました。この日は暑いぐらいの良い天気でした。

 引き続き2時から服従訓練とアジリティの訓練をしました。服従はCD2の練習を主に行い、アジリティはコースを走りました。まずは幅跳びとソフトトンネルのあるジャンピング相当のコースで、次にタッチ障害を加えてのコースを2回ずつ走り、3時過ぎに練習を終えて家に帰りました。
 帰宅後、ジークの毛掻きをしました。久々だったので大量に抜け毛が出ました。


(今日はいろいろあったよ

 23日は4時からジークを連れてワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日はアジリティの練習でコースを走りました。昨日のコースの応用でタッチ障害のあるコースを2回走り、5時前に練習を終えて家に帰りました。ジークはここで糞をしました。この日も良い天気でした。


(今日も練習がんばったよ

 その後は、日常の朝練習を続けていましたが、糞の状態が安定せず、良くなったかなと思ったら軟便になるというのを繰り返していました。

 こうして2014年の2月も終わりました。この時期は相変わらずジークの下痢が直らず、病院が通いが続きました。とにかく下痢の原因が判らないので薬を与えるなどしての対症療法での対応のため治る見込みも立たず、迷路の中にいるような状態でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PD訓練競技会 イン 遠賀川河川敷広場

2017年06月24日 | Weblog
 6月11日、遠賀川河川敷公園安定所下緑地広場で行われた日本警察犬協会の訓練競技会に参加しました。今回はジークの他にリンダが参加したので2頭で出ることになりました。
 4月に山口であった競技会と比べると、6月という時期でもあり、気温は高く、地面にチクチク草(メリケントキン草)が生えているので、参加者も少ないようでした。


(今回もボクの出番だ


(私は応援ですの

 8時の受付30分前に会場入りし、会場の様子を見て回ると。いつもQアジなどが行われる草地にネットを張ってリンクを作っていました。また、服従訓練競技のコース上をバーナーで焼いてありました。


(コースがきれいに判るね

 8時に受け付けを済ませて、ゼッケンと目録、記念品として3000円分のクオカードをもらいました。目録を見ると、今回4部G1警察犬犬種アマの部は参加5頭で、4部G2警察犬犬種アマの部は、ジークとリンダだけでした。
 また、これまで北九州支部主催の競技会は、以前は優勝トロフィーが出ていましたが、今回はガウンが出るようでした。

 9時から競技開始となりましたが、バーナーで焼いて作ったコース上に残ったチクチク草の燃え殻が、かえって硬くなって痛いようで、4部G1に最初に出たコーギーが全く競技になりませんでした。次のビーグルも競技にならず、急遽、役員がコース上の清掃を始めました。このため、競技再開まで時間が空きました。
 1時間近く掛かってチクチク草の燃え殻を除去し終わった後、競技再開になりました。


(今回の秘密兵器スイッチリゲインだよ。カラダとアタマに効くんだ )


 まず4部G1はジークを出しました。この時点で気温もまだ、そこまで上がっていなかったので、ジークの動きも良く、何とか大きな問題なく終わった後、脚側歩行で2カ所ほど少し離れた所があり、そこがわずかな減点になるとの講評をいただきました。


(G1の競技中だよ

 その後もG1の競技が続き、昼前に残り数頭でG2が始まるとの噂が流れたので、再度ジークを連れてきましたが、なかなかG1が終わらないので、一旦車に戻しました。
 結局、午前中は2部の服従があったので、G2が始まりませんでした。

 昼休みの直前にG1の結果が出ていました。ジークは99.8点で3位でした。しかし、この前と同じく、2度声符や逸走、脚側が遅れて引き綱が何度も張っていたなどした犬が上位にいました。特に優勝した犬は、明らかに原点要素が多数あったにも関わらず100点が付けられていました。

 後からある人に聞いた話では、この優勝した犬は、競技後に審査員からどこの訓練所か名前を聞かれていたそうで、その訓練所の訓練士が訓練を指導した犬だったそうでした。
 前回から、審査の点数の付け方に疑問がありましたが、どうも競技内容だけでなく、いろいろと裏要素が点に絡んでいるようでした。このことは話の真偽はともかく、非常に嫌な気分になりました。

 そして、午後1時まで昼休みになり、弁当が配布されました。


(昼に出た弁当 

 昼休みの間、アトラクションとしてIPO競技の実演をしていました。



 昼休憩の後、午後1時から競技再開となりました。前に1人しか待っていなかったので、すぐ競技に入ることができました。先にリンダが出て、審査員から良い評価をもらったと言っていました。


(リンダの競技中だよ)

 続いてジークを出しました。紐付き脚側歩行は問題なく、紐なしも曲がるときに視符を思いっきり入れて注意を引くことで遅れることなく終えることが出来ました。紐なし脚側歩行の後、審査員からプロかアマかと聞かれ、さっきの行為はプロなら減点に当たるが、アマなら減点にならないそうでした。


(G2の競技中だよ

 続く、行進中の停座からの招呼、行進中の伏臥からの招呼、行進中の立止まで問題なく終えることができました。前回と比べると格段の良い出来でした。
 最後に講評として、作業そのものは問題なく出来ているが全体的に動きが緩慢なので、その点がわずかに減点になるそうでした。

 その後もG2プロの部と3部の服従競技が続き、終了予定時間の2時を過ぎても終わる気配がありませんでした。

 結局、3時前になったころに全ての競技が終わり、結果が出ていました。その結果、リンダ100点、ジーク99.9点で今回もガウンを逃しました。

 こちらはG1の時に比べれば、まだ仕方がないかなとは思いましたが、端から見てリンダの出来も100点とは言い難いものでしたので、この事から、点数の付け方は1位が100点で、以下減点していく方式なのかなと思いました。
 しかし、それなら、どんなに内容が悪くても1位なら100点になってしまうので、95点以上のチャンピオングループや90点以上のチャンピオンリザーブなどが意味をなさなくなります。それらを考えると、やはり競技内容とは別の加点があるのかもしれません。

 最後にゼッケンを返して、賞状と警察犬協会のTシャツを受け取り、抽選で景品をもらって解散となりました。
 帰りがけにワンダフルライフによって結果報告をした後、少しハオの練習をしてから帰宅しました。

 こうして、今回の競技会が終わりました。今回は幸い天候が、そこまで暑くならなかったので前回よりは良かったのですが、いかに脚側歩行でジークの集中力を維持するかが鍵になるだろうと思われました。

 ジークの年齢を考えると、果たして次も挑戦できるか判りませんが、体調次第で可能なら挑戦してみたいと思います。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

PD訓練競技会 イン 佐波川河川敷広場

2017年05月21日 | Weblog
 4月23日、山口県防府市になる佐波川河川敷公園広場で行われた日本警察犬協会の訓練競技会に参加しました。今回は他に参加者はなく、ジークだけ2種目に出ることになりました。


(今回はボクの出番だ )


(私は応援ですの )

 7時の受付前に会場に着き、7時半すぎに受付が始まり、受付を済ませました。今回の参加賞はブラックラブカンパニーのリードで、毎回警察犬協会の参加賞は良い物が出されます。

 8時過ぎに競技は始まりましたが、4部は1部追求が終了後ということで10時からの開始とアナウンスがありました。
 途中何度か会場を見に行き、既に始まっていた3部の様子を見ると、脚側歩行の様子が練習の時と違ったので、慌てて検索して警察犬協会のサイトで規定を読むと、3部以上の服従は4部とは規定が違っていました。
 10時になり、会場近くに行って様子を見ると、1部追及が遅れていて、4部の開始は10時30分からになったとアナウンスがありました。

 10時半に再度会場に行き、様子を見ていると審査員が来て競技が始まりました。脚側歩行の様子を見ると、練習の内容と同じだったので、ジークを連れてくることにしました。

 G1のゼッケンを付けてジークを連れて会場に行くと、既に5人ほどが順番待ちをしていました。この日は天気が良すぎるぐらいの晴天になり、非常に暑かったので、少しでも日陰を作ろうとしましたが、ジークは動き回り日陰にいなかったので、だいぶ体の表面が熱くなっていました。

 順番が来てリンク内に入り、申告の後、スタート位置に着いたら、ジークが地面の臭いを嗅ぎ始めました。やめさせて紐付き脚側歩行をスタートしましたが、地面の臭いを嗅ぐそぶりが止まらず、脚側歩行が遅れていました。
 続く紐付き立止は何とか問題なく終えましたが、その後の紐なし脚側歩行も遅れ気味でした。最後の招呼も動きが遅く、練習時の半分以下の出来だと自分でも思いました。
 終わった後、審査員から、これがもう10歳になるこの犬の精一杯のことだとのお言葉をいただきました。


(G1の競技中だよ)

 リンクを出て、近くの車の陰でジークを休ませて、次の出番が来るのを待ちました。その間にゼッケンをG2のものに変えておき、数組が出た後、12時近くに順番待ちの行列が途切れたのでリンクに入りました。
 申告の後、ジークをスタート位置に座らせると、G1の時よりは良いようでしたが、やはり脚側歩行は遅れ気味で進んでいました。
 紐なしでも状況は変わらず、遅れて距離が離れていくので、少しでもカバーするべく歩く速度を調整してみましたが、やはり遅れていました。
 続く行進中の停座・招呼、行進中の伏臥・招呼も停座や伏臥が遅く、招呼も遅くなっていました。
 最後の行進中の立止は、何とかまともに立っていましたが、これも普段からしたら半分以下の出来でした。


(G2の競技中だよ)

 リンクを出て、ジークを車に戻した後、少ししたら弁当の配布がありました。警察犬協会の競技会は配布される弁当も良い物が出されます。しかし、弁当は2つも食えないので弁当券1つを選別競技に出ていたモコちゃんパパにあげました。




 その後は時間待ちとなったので、時々ジークとハオを外に出して歩かせました。2時過ぎに結果発表が始まり、まず早く始まっていた3部服従と2部選別が発表されました。
 その後、順次発表されていきましたが、始まりが遅かった4部は、なかなか発表されませんでした。

 3時前にまず、4部G1の結果が発表され、ジークは95点で最下位でした。この結果は仕方が無いことですが、他の犬も2度声符や逸走などがさんざんあったのに98点以上だったのは、ちょっと納得がいきませんでした。

 G2は、すぐ出なかったので、出店でハオ用に45cmのチェーンカラーを買ってから戻ると、結果が張り出されるところでした。
 ジークの結果は、これも95点で最下位でした。やはりこの結果は仕方が無いにしても、これも2度声符や逸走などがあった犬が98点以上だったのが、やはり納得がいきませんでした。


(今回は残念だったですの

 ゼッケンを返して、グループの賞状をもらってから会場を後にしました。防府西インターから高速に乗り、家に帰り着いたのは4時を過ぎていたので2匹に餌を与えました。

 こうして、今回の競技会が終わりました。今回の反省として、暑さ対策が最大の課題だということを痛感しました。もちろん普段の練習があってのことですが、それを発揮できないのは、非常に悔しいことです。

 ジークの年齢を考えると、来年また挑戦できるか判りませんが、体調次第で可能なら挑戦してみたいと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JKCアジリティ競技会 イン 直方河川敷広場

2017年05月14日 | Weblog
 4月15日~16日の2日漢、福岡県直方市遠賀川河川敷公園安定所下緑地広場で行われたJKCのアジリティ競技会および訓練競技会に参加しました。地元開催とあって多数の犬が参加しました。

 15日はアジリティ競技だけで、16日は九州ブロック主催のアジリティ競技と訓練競技がありました。
 今回はジークの出番はなく、ハオだけがアジリティ競技に出ました。


(今回は出番がないのか


(私は2日とも1度に出ますの


 15日は、最初は晴れていましたが、だんだんと曇ってきて終わり頃に小雨が降りだしました。幸い、ワンダフルのみんなの競技中に降られることはありませんでした。

 7時前に会場に着くと既に駐車場はほぼ一杯になっていて、何とか端の方に空いているところを見つけて駐めました。
 すぐ会場を見て回り、先生と他の人たちを見つけて、テントを建てて荷物を置きました。

 受付を済ませて、進行表を見ると、この日は2リンク進行で、まずアトラクション1と2が同時に行われ、その後に1度、2度、3度の順番でジャンピングとアジリティが行われることになっていました。
 1度ジャンピングのコースは、幅跳びからトラップのトンネルを避けて180度ターンや直線に近いトンネルが並行して並んでいるなど、コントロールが難しいコースでした。(下図)



 しかし今回も問題はスラロームで、入るのは大丈夫でしたが途中何回も抜けていて、このためタイムロスが激しく、失敗2でしたが35秒ほどタイムロスしたため、リミットタイムぎりぎりでのゴールとなりました。



(ジャンピングの競技中ですの )


 リンクが入れ替わり、1度アジリティのコースは、ほぼまっすぐ進んでいくコースで、スラロームを抜けた後、14番から17番までの360度旋回するところがトラップとでしょうか。(下図)




 スタートして6番目のシーソーで、タッチを踏まずに横に降りたので失敗となりました。しかし、それ以上の問題はスラロームで、今度も途中で抜けることを繰り返していました。またも制限時間ぎりぎりでスラロームをクリアしたのでゴールしましたが、後から結果を見ると失格になっていました。変だなと思ってビデオを見ると、14番ハードルの後、15番に行かず18番ハードルを跳んでゴールしていました。


(アジリティの競技中ですの)

 その後は撮影に専念し、他の人たちの活躍を撮りました。この日、出場したワンダフルのお友達は以下の通りです。


 アジリティ競技アトラクション1度、2度に出てアトラクション1度で3位入賞のマロン



 同じく、アジリティ競技アトラクション1度、2度に出てアトラクション2度で2位入賞のクリン



 アジリティ競技ジャンピング1度とアジリティ1度に出場したアジリティ1度で2位入賞の“空”



 アジリティ競技ジャンピング1度、アジリティ1度に出て、4位入賞のシン




 同じくジャンピング1度、アジリティ1度に出たリアン



 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場したラリー



 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場したロン



 同じくアジリティ競技ジャンピング1度とアジリティ1度に出場したルーク



 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場した“はな”



 アジリティ競技ジャンピング2度、アジリティ2度に出て、ジャンピング2度で5位入賞のウィン



 同じくアジリティ競技ジャンピング2度とアジリティ2度に出場しアジリティ2度で3位入賞のチョビ



 アジリティ競技ジャンピング2度とアジリティ2度に出場した“かな”



 同じくアジリティ競技ジャンピング2度とアジリティ2度に出場したエイト



 アジリティ競技ジャンピング3度とアジリティ3度に出場した棟



 翌16日はテントスペースが別のところに変わるので、競技終了後、みんなでテント移動をしてから帰宅しました。



 16日の朝も7時に会場に到着しましたが、昨日以上の車が多く、近くの駐車場に駐められず。少し離れたところに車を駐めて会場に入りました。
 幸い、昨日の夕方から降り出した雨も止んで、この日は朝から晴れていました。
 この日もジークの出番はなく、ハオのアジリティ競技だけの参加でした。


 受付を済ませて、目録を見ると、これまではワンダフルで固まっての出走になっていたことがほとんどだったのに、この日1度の出走順は、めずらしくバラバラになっていました。また、2度に出るチョビが一番最初でエイトが3番目という出走順で、初めて1番に出ることになったチョビ姉は緊張していました。

 この日は3リンク進行で、Aリンク、Bリンクで2度のジャンピング、アジリティが同時進行、それが終わると3度のジャンピング、アジリティになり、またCリンクではアトラクション1度、2度の後にジャンピング1度、アジリティ1度となっていました。
 昨日移動したテントの位置が、ちょうどCリンクのところだったので、観戦し易くなっていました。

 開会式の後、しばらく1度の参加者は出番がなかったので、会場内を見て回り訓練競技と2度に出る人の撮影をしていました。

 そうして、お昼近くにアトラクションが終わり1度ジャンピングの設営が始まりました。
 検分に入って思ったのは、1度のコースは、4番と9番の直トンを抜けた後の処理が難しい。4番で曲がって5番トンネルに入ったのを10番では違う方に曲がるので、誘導をしっかりしないと犬が間違えてしまうことでした。(下図)実際、ここで戸惑う犬が何頭もいました。



 順番が来て、問題だと思った箇所は何とかクリアしましたが、今回も問題はスラロームで、途中で抜けて、やり直しで戻る際に13番ハードルを跳ばれて失格となりました。
 失格後も標準タイム内は続けて良いので、スラロームを入れ直しましたが、やはり何度も抜けていて、時間が来たので退場しました。


(ジャンピングの競技中ですの)

 ジャンピングの後、1度アジリティの設営があり、検分に入りました。3番のドッグウォークに登る際に13番のレンガ塀がトラップになってしまうかなと思われましたが、先程のジャンピングよりは、迷うところが少ないコースでした。(下図)




 検分後、先生からスラロームの誘導を低い所でしてみてはとのアドバイスを受けたので、それを忘れないようにして順番を待ちました。

 順番が来て、スタートして4番のトンネルまでは無難に進みましたが、5番のシーソーで、
昨日と同じく途中で横に降りてしまいました。失敗か拒絶か微妙なところだったので、審査員を見るとグーの手が挙がっていたので拒絶となり、再度シーソーに登らせようとしましたが、ハオはコースをぐるぐる回りシーソーにまったく気が付かない。他の障害を跳ぶことはしなかったため失格にはなっていないので、何とかシーソーに乗せようとしましたが2回ほどやって駄目だったのでツケを命じて座らせてから退場しました。


(アジリティの競技中ですの)

 失格は仕方がないにしても、アドバイスを受けたスラロームの誘導を試すことすらできなかったのが非常に悔しいことでした。

 この日は1度が一番最後まで掛かったので、すぐ表彰式になりました。その後解散となりました。この日、出場したワンダフルのお友達は以下の通りです。


 アジリティ競技ジャンピング1度とアジリティ1度に出場し、アジリティ1度で5位入賞の“空”



 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場し、この日が1度デビュー戦のクリン



 同じくジャンピング1度、アジリティ1度に出場しアジリティ1度で5位入賞のリアン




 訓練競技CD1とアジリティ競技ジャンピング1度とアジリティ1度に出場し、訓練競技で4位、アジリティ1度で7位入賞のルーク





 アジリティ競技ジャンピング1度とアジリティ1度に出場し、ジャンピング1度で5位入賞のラリー




 同じくジャンピング1度、アジリティ1度に出場したシン



 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場したロン



 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場した“はな”



 訓練競技CD2で3位入賞のウィン




 訓練競技CD2に出場したリンダ



 訓練競技CD2で3位入賞のルカ




 アジリティ競技ジャンピング2度とアジリティ2度に出場したチョビ



 同じくアジリティ競技ジャンピング2度とアジリティ2度に出場したエイト



 同じくアジリティ競技ジャンピング2度とアジリティ2度に出場し、ジャンピング2度で5位入賞、アジリティ2度でクリーンラン優勝した“かな”




 みなさん、2日間お疲れ様でした。これでこの春に近場であるJKCの競技会は終わりましたので、また秋に向けてお互い頑張っていきましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JKCアジリティ競技会 イン 岡山と山口

2017年04月22日 | Weblog
 諸般の事情で更新が遅くなりましたが、2月25日に岡山県和気郡和気町吉井川河川敷で行われたJKCのアジリティーおよび訓練競技会に参加しました。今回はハオのアジリティー競技だけでなく、アトラクションとしてラリーオビディエンスが行われるので、ジークを出場させることにしました。


(さあ、出発だ。)


(私はもう車に乗ってますの。

 24日の午後6時半すぎに家を出て、途中、何度も休憩と仮眠を挟みながら3時16分に宿営地の瀬戸PAに到着しました。ここで朝まで仮眠をとることにしました。

 朝仁なり、いつも通り5時過ぎに起きてジークとハオにおしっこをさせた後、6時に瀬戸PAを出発しました。途中のコンビニで買い物をして会場には6時半前に着きました。


(会場到着。まだ薄暗いね)


(天気は良いようですの)

 会場をうろついていると、空ちゃんのパパママがテントを立てているのを見つけました。空ちゃん家とチョビ姉は一つ手前の吉備SAで泊まったそうでした。テントを立てた後、受付を済ませました。テントの位置はアジリティ側でした。2つ隣に渋谷先生のテントがありました。


(大きな看板が出てるね)

 今日は3リンク進行で、1つはアトラクションとアジゲームが行われ、残りの2つでジャンピングとアジリティが行われることになっていました。アジリティは当初とは進行が変わり2度から始まることになりました。
 それとほぼ同時にジークの出るラリーオビディエンスが行われました。このため、チョビのジャンピングを見ることができませんでした。

 ラリーオビディエンスは、7分の検分でコースを覚えた後は、並んだ順に競技開始となりました。ジークを連れてきて順番を少し待ち、リンク内に入りました。

 コースは、スタートして最初に停座、2番目に360度右回りして進み、3番目が180度右ターンして進んで、4番で左90度屈折、5番の緩歩の後に6番でスラローム往復、7番で伏臥した犬の周りを人が1周して、その後に8番で右に270度ターン、9番の左270度ターンして、10番で左180度ターンをしてから、11番の今回は誘惑はなかったが8の字ターンして、12番の右90度屈折の後、13番の停座から伏臥そして停座をしてm14番のゴールというコースでした。(下図参照)


(ラリーオビディエンスのコース図)

 また、7番と13番にはいわゆるニコニコマークがあるので、ここの作業の後に犬を褒めることができました。
 このコースを持ち点100からの減点をいかに少なくしていくか、いかに早くクリアしていくかが課題となります。


(競技中だよ)

 訓練競技と比べると、2度以上の声視符などは減点対象になりますが、それ以外の犬を励ますことは問題なく、終始和やかに進むことができますので、その点は気が楽でした。
 大きな失敗を自覚することなく競技を終えて、審査員の講評では、非常に良いラリーオビディエンスらしい作業でしたとお褒めをいただきました。ジークの年齢がもうすぐ10歳になると伝えると、この犬が動ける限りがんばってくださいと励まされました。

 ラリーオビディエンス終了後、2度のアジリティがあったので、チョビの撮影をして、それが終わった後、1度の設営になりました。




 1度ジャンピングのコースは、高速コースで、ハオ向きと言えましたが、残念ながら8番バーを落としたので、順位はさんざんなものでした。


(1度ジャンピングのコース図)


(ジャンピングの競技中ですの)

 ハオの競技とほぼ同時に空ちゃんの1度アジリティ競技があっていたので、撮影できませんでした。

 ジャンピングの後、リンクを入れ替えてアジリティになりました。検分をしていると、フライボール終了後にラリーオビディエンスの表彰があるとアナウンスがあり、ジークは3位入賞になっていたので、表彰されるそうでした。
 検分で、1度アジリティもAフレームの後にある9番トンネルを出た後の処理を間違えなければ何とかなりそうに思えました。


(1度アジリティのコース図)


 予想通り、7番Aフレームの後、9番トンネルまではうまくいきましたが、トンネルから出た後の10番スラロームの入り口と、11番ハードルを跳んで90度曲がっての12番ドッグウォークの登りで膨らんだため拒絶になったので、これも順位はさんざんなものでした。


(アジリティの競技中ですの)

 アジリティ終了後にラリーオビディエンスの表彰にジークを連れて行き、メダルと副賞のドッグフードがもらえましたが、なぜかメダルの色が銀色で、ドッグフードは小型犬用と書いてありました。


(3位になったので表彰されたよ

 そのほかの表彰は、空ちゃんがアジリティで4位になっていましたが、明日の山口大会のため移動があるので、ロゼットだけもらって引き上げることにしました。
 この時点で2時過ぎだったので、車で5分ほどのところにある和気鵜飼谷温泉に行くことになり、風呂に入ってから出発したのは3時半過ぎでした。

 途中、休憩と仮眠を挟み、小谷SAのドッグランでジークとハオに糞をさせて、この日の宿営地、王司PAに着いたのは11時少し前でした。ここで翌朝まで仮眠をとりました。

 日付が変わって、26日の朝4時に目が覚めました。ジークとハオを外に出しておしっこをさせて5時少し前に王司PAを出発し、今日の会場、宇賀ふれあいセンターへと向かいました。会場には、ほぼ6時に着きました。

 まだ真っ暗で、しばらくして少し明るくなってから辺りをうろつくと先に王司を出た空ちゃんパパママが到着したようでした。
 明るくなってから本部でテントスペースを確認し、指定されたアジリティ側にテントを立てた後、ジークとハオを外に出して餌を与えた後、おしっこと糞をさせました。


(会場到着。今日は出番がなく、ハオちゃんの応援だ)


(私は出番がありますの

 8時から競技開始となりました。今回はアトラクションに出る犬はいないので、1度まで時間が空きました。
 今回は、2リンクを互い違いにジャンピングとアジリティの設営と競技を行っていき、それぞれスモール、ミディアム、ラージの順番で行われました。

 今回のコースは審査員長が北海道から来られた方とのことで、雪の中で練習をしているコースとのことでした。そのためか急旋回が多いコースになっていました。


(1度ジャンピングのコース図)

 この雪国仕様の1度ジャンピングは、非常にシビアな作りでスモールクラスはともかく、ラージクラスは失格続出となっていました。
 ハオもスタートして3番めまでは、流れに沿っていきましたが、4番のトンネルを急旋回で入れるので、そのまま17番ハードルに行ってしまい失格となりました。


(ジャンピングの競技中ですの)

 リンクが変わってアジリティ1度になり、これも雪国仕様のタイトなコースな割に人が走り込む必要があるところが所々あるコースで、このため、9番ハードル、10番シーソー、14番トンネルで拒絶をとられ、失格となりました。


(1度アジリティのコース図)


(アジリティの競技中ですの)

 そのほかの1度は、まずスモールに空が出て、ラージでは、ルーク、清、ロンが出ました。ルーク以外はドローンありにしましたが、特に気にしているようではありませんでした。


(ジャンピング1度、アジリティ1度ともに2位入賞のクウ)


(ジャンピング1度、アジリティ1度に出たルーク)


(同じくジャンピング1度、アジリティ1度に出たシン)


(同じくジャンピング1度、アジリティ1度に出たロン)

 リンクが変わって、2度になりミディアムにはウインが出て、その後ラージにチョビが出ました。
 その後、再びリンクが変わって、2度アジリティのミディアムにウインが出て、その後ラージにチョビが出ました。ウインは2位でした。


(ジャンピング2度、アジリティ2度に出て、アジリティで2位入賞のウイン)


(ジャンピング2度、アジリティ2度に出たチョビ)

 最後のアトラクション3に出場する犬がいなかったので、ここで早々に解散となり、会場を出て家に帰り着いたのは、5時前になっていました。


(やっと家に帰り着いたよ。疲れたね。


 こうして2日間の遠征は終わりました。今回ジークのラリーオビディエンスは、非常に良い結果になりましたが、ハオのアジリティは岡山はともかく、山口のようなコースに対応する練習を積む必要があるようです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JKCアジリティ競技会 イン ドラゴンハット

2016年11月21日 | Weblog
 11月19日および20日に滋賀県蒲生郡竜王町岡屋にある竜王町総合運動公園(通称ドラゴンハット)で行われたJKCのアジリティー競技会に参加しました。先の競技会でCD3でメジャーポイントを取ったこともあって、今回はジークの出場はなく、ハオだけの出場ですがジークもつれて行きました。


(さあ、出発だ!

 昨年の反省から、なるべく日のあるうちに走れるだけ走った方が良いので、今回は午前中に家を出て、日が暮れたのは吉備SAを過ぎたあたりでした。次の龍野西SAで2匹に餌を与えて人間も食事をとりました。

 竜野西は19時すぎに出発し、その次は三木SAで休憩をとりました。ここのドッグランでジークとハオを遊ばせて、ハオはここで糞をしました。福山もそうでしたが、ここの売店にわんこのみやげと言う犬用おやつが売っていたので話の種に買っていきました。


(三木SAのドッグランで休憩だよ)


(もう真っ暗になってますの)




 20時半頃に三木を出発しました。昨年の反省から、この先はパーキングが少ないので次の西宮名塩SAに入り休憩しました。ここは土の場所がないので犬たちは外に出しても何もしませんでした。

 21時すぎに西宮名塩を出発して進んでいくと、吹田ジャンクションから先が夜間通行止めのため、門真ジャンクションに大きく迂回ルートを取り、第2京阪道路を通りました。
 途中眠気がしたので、22時に京田辺PAに入り仮眠を取りました。ここも土の場所がないので犬たちは何もしませんでした。

 思ったよりも寝てしまい。京田辺は23時半に出発しました。久御山ジャンクションから京滋道路に入り、瀬田東ジャンクションから名神高速に入りました。23時59分に草津SAに立ち寄り、ここで犬たちにおしっこをさせました。
 日付が変わって0時20分ごろに草津SAを出発し、この日の目的地菩提寺PAには0時30分すぎに着きました。ここで、犬たちにおしっこをさせた後、仮眠を取ることにしました。


(菩提寺で仮眠だよ

 翌19日の朝もいつも通り5時に目が覚めたので、ジークとハオを外に出しておしっこをさせた後、餌を与えました。
 今日は開門が8時なので、時間合わせで7時まで菩提寺PAに留まり、7時過ぎに出発しました。途中のセブンイレブンで朝と昼の分の食料を調達しましたが、バナナが売り切れだったので、少し離れたところにあるファミマに行ってバナナを買ってから会場に向かいました。会場前には8時頃に着いたら、既に長蛇の列ができていて正門前の川べりを先の橋まで車を迂回させていました。列が動き始めて10分ほどして何とか中に入り、会場を見て回り、先生とIさんを見つけて、テントスペースに荷物を置きました。


(やっと会場に着きましたの

 アジリティは、まずアトラクションとミニアジからあるので、先に訓練競技に出るウインの様子を見に行き、ウインのCD2を撮影してからアジリティ会場に戻りました。


(ウインのCD2競技)

 この時、アトラクションのスモールとミディアムのリンクが空いていて設営もしていなかったので変だなと思いましたが、後で出走頭数の間違いによる進行の不手際だと分かりました。

 予定時間より1時間遅れで1度ジャンピングの検分が始まりました。前後して3度ジャンピングの検分も始まりました。

 1度ジャンピングのコースは、180度ターンが何回もある、ぐるぐる回るコースで、コントロールが難しいコースでしたが、問題はスラロームで、入るのは大丈夫でしたが、最後の1本を抜けていました。やり直して進み、何とかゴールしましたが、失敗2、拒絶2でした。


(ジャンピングの競技中ですの


(かなちゃんの競技)

 その後は3度の撮影をした後、会場内を見て回りながらアジリティの検分が始まるのを待ちました。思った以上に1度ジャンピングはラージの競技が長引き、スモール・ミディアムが終わっても続いていました。このため、競技の進行がさらに遅れていました。
 待つこと1時間近く、やっと終わったので、設営後に検分が始まりました。検分後にハオの出番が来るまで、少し動かしてからスタート位置に行きました。

 順番が来てリンク内に入り、以前は問題だったスタートは今回スムーズに行きましたが、3番目のドッグウォークの下りの途中で止まってしまい、何とかタッチの位置までは下りましたが、そこで飛び降りてしまいました。同様にAフレームもタッチの手前で飛び降りて失敗となった後、大きく膨らみトンネルを反対側から入り失格となりました。しかし、それ以上の問題はスラロームで、今度も途中で抜けることを繰り返していました。時間制限があったので、途中で止めざるを得ませんでしたが、何度やっても最後から2本目を横に飛び出していました。


(アジリティの競技中ですの )


(かなちゃんのアジリティ競技)

 1度が終わった後、3度と2度の撮影をと思っていましたが、2度の設営がなかなか行われませんでした。結局、2度の設営が始まったのは4時を過ぎていて、競技も9時過ぎまで行われていました。


(棟くんの3度アジリティ競技)


(ウインの2度アジリティ競技)

 6時から、申し込んでいたO先生のセミナーを受けました。コースはスラロームを含むハードルとトンネルで構成されたもので、主にコース攻略の組み立てとコントロールの練習をしました。途中、2度の検分と出走のため、先生が抜けることがありました。(画像無し)
 セミナーが終わったのは9時半になっていました。閉門が10時なので、急いで片付けをして会場を出ました。既に蒲生の湯も受付が終わっているので、コンビニで買い物をしてから道の駅に行き、そこで仮眠を取ることにしました。

 翌20日も朝5時前に起きてジークとハオを外に出し、おしっこをさせました。外は霧がひどく10メートルぐらい先も霞んで見えなくなっていました。今日は開門が6時なので、時間をあわせて動き出し、近くのローソンで買い物をしてから会場に向かいましたが、濃霧のため前はほとんど見えずナビ頼りでノロノロと進んで行きました。開門時間に会場前に着くと、やはり長蛇の列ができていました。
 順番が来て会場内に入り、ジークとハオに餌を与えた後、受付が7時からだったので、テントスペースに行くと既に受付を済ませていたようで、目録がありました。


(ドラハ2日目だよ。今回ボクは出番が少ないな


(2日目になると、さすがに少し疲れてきましたの

 目録を見るとハオの出走が1度ラージの1番目でした。かなちゃんも3番目で、棟くんも3度の1番になっていました。
 今日はアトラクションがないので、1度がジャンピングから、2度がアジリティからとなっていて、それぞれスモール、ミディアム、ラージの順番になっていました。このため、2リンク進行の3度が一番早く順番が回ってきたので、3度ジャンピングに出た棟の撮影をしてから、検分が始まるのを待ちました。


(棟くんのジャンピング競技)

 1度のスモール、ミディアムが終わり、ラージの検分が始まりました。コースは入り組んでいたが、そこまで難しくはなく、何とかなるレベルだろうと思いました。
 検分後、すぐ順番が来るので急いでハオを連れてスタート前に行き、開始を待ちました。2回目の検分が終わった後、すぐにリンクに入ってスタート位置での合図を待ち、審査員のホイッスルが鳴ってから首輪を外しました。

 スタートしてハードル2つ跳んでのトンネルまでは問題なくいきましたが、その次のレンガ塀で、ハオは横をすり抜けてその先にあるハードルを跳んでしまったので失格になりました。標準タイムまで続けていいので、続けましたが8番目のスラロームで、やはり途中で抜けることを繰り返し、時間切れで退場しました。


(ジャンピングの競技中ですの )

 すぐに“かな”の順番が来て、その後は時間が空いたので、昨日は入れなかったので、ドラゴンハットの中にある風呂(採暖室)に入りました。


(かなちゃんのジャンピング競技)

 風呂から上がった後、まだ時間があったので、訓練競技の様子を見に行きました。丁度ウインの前の犬が終わるところだったので、そのままウインのCD2を撮影しました。


(ウインのCD2競技)

 撮影後、アジリティ会場に戻りましたが、まだ1度ラージが進行していたので、しばらく待つことになりました。その間に3度の競技がリンクチェンジになり、棟が3度アジリティに出たので撮影しました。


(棟くんのアジリティ競技)

 1度と2度の競技がリンクが変わり設営後に検分となりましたが、やはりスモール、ミディアムからなので、また時間が空きました。そして、スモール、ミディアムの競技が終わり、検分に入りました。
 検分が終わり、ハオを連れて急いでスタート地点に行きました。コースはハードル3つの後ドッグウォークがあり、ここの下りでハオはまたタッチの手前で止まり、そこで横に下りて失敗となりました。次のハードルも横をすり抜け、やり直そうとしたところを逆に飛んで失格となりました。続けることが出来たので、その次にあるスラロームに入れましたが、またも途中で抜けて何度もやり直しているうちに時間となり退場しました。リンク外に出ると、今村さんがコイケルの集まりがあるというので、かなの撮影を引き継ぎました。


(アジリティの競技中ですの)


(かなちゃんのアジリティ競技)

 これですべての出陳競技が終わったので、6時までに大阪のフェリー乗り場に着くように帰る準備に掛かりました。出陳頭数が多いので、4時ぎりぎりまで結果が出なくて、待たされる間に出店を見て歩き、ステッカーとリード、おやつポーチを買いました。

 4時前にすべての結果が出て、かながAGで2位になっていました。ウインのCD2は残念ながらポイントに届いていませんでした。
 先生は表彰式に出ずにロゼットだけもらって、4時15分に会場を出ました。道が混んでいたので、竜王インターまで時間が掛かり、高速に乗った後も渋滞でノロノロ運転でした。

 瀬田東ジャンクションから京滋バイパスに入り、久御山ジャンクションで第二京阪道路へと入りました。この時点であたりは真っ暗になっていました。途中のトンネルで事故渋滞がありノロノロ運転でしたが、何とか門真ジャンクションから東大阪ジャンクションに向かい、阪神高速に入りました。阪神高速の南港中インターで下りて、フェリー乗り場に入りました。車を駐めて乗船手続きをした後、ジークとハオを外に出して餌を与えました。その後、少し周辺を歩き回ったら、ジークはおしっこをしましたが、ハオは何もしませんでした。


 出港の約1時間前に乗船が始まりました。車ごと船内に入り、車を駐めて手荷物を外に出しました。この後は車に戻れないので、寒くないようにジークとハオのバリケンにバスタオルを掛けておきました。

 乗船後、部屋に荷物を置き入浴して7時半に食堂集合とりました。夕食はバイキング方式で、レジで朝食とのセット券を購入しました。そして7時50分に出港しました。
 1時間ほどの食事と反省会の後、解散となった。


(反省会の様子

 部屋に戻って寝ていましたが、午前3時頃に変な振動を感じて飛び起きました。地震かと思いましたが、どうやら船のエンジンの振動のようで、体感で震度3ぐらいの揺れでした。このため、その後は眠れずにいました。

 21日の朝も、いつもどおり5時前に起きました。朝食まですることがないので、フェリーの中を見て回りました。まだ暗いので外を見ても何も見えなかったのですが、テレビが付いていたので、しばらくそれを見た後、部屋に戻りました。

 7時から朝食をレストランのバイキングで取った後、入港まですることがないので、明るくなった外を見ていました。丁度、北九州空港の空港島が見えるところまで来ていたので、それをみていると海面上に小型の鯨、おそらくスナメリが泳いでいるのを見かけました。

 8時30分に新門司港に入港して下船しました。心配したジークとハオは特に問題ないようでした。

 船を下りてから、すぐジークとハオを外に出してみると、ジークはおしっこをしましたが、ハオは何もしませんでした。

 そこで解散になり、家に向かった。門司の山越えをして、家に帰ると9時を過ぎていた。家に帰ると、早速ジークとハオはおしっこと糞をしました。


(なんとか家に帰り着いたよ)


(やっぱり、おうちが一番ですの

 こうして、今年も大遠征が終わりました。収穫としてはハオがドラゴンハットの反響音を怖がらなくなったことでしょうか。また機会があれば遠征してみたいと思います。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【速報】JKCアジリティ競技会 イン 直方河川敷広場

2016年10月24日 | Weblog
 10月23日、福岡県直方市遠賀川河川敷公園安定所下緑地広場で行われたJKCのアジリティ競技会および訓練競技会に参加しました。地元開催とあって多数の犬が参加しました。


(今日は競技会だ。スーパー集中でいくぞ


(私も1度に出るんですの

 この日は最初は曇りで、時折小雨が降っていました。とはいえ、その後は晴れてきて、気温もそこまで上がらなかったので、犬たちにとっては良いコンディションでした。

 今回ジークは、訓練競技のCD3アマの部に出場しました。前回の山口と同様に訓練競技の出陳頭数が少なく、このためリンクも3つしかなく、CD2がアマと一般の部が1班ずつと、それ以外のすべてとなっていました。
 今回もまずはハオのアジリティ競技があったので、ジークを競技に出すのはその後になりました。


(競技中ですの

 ジークは既に春に徳島であった競技会でメジャーポイントを得て、前回の山口で60点以上のポイントを達成していたため、既にグランドチャンピオンの資格を達成していました。
 このため、もう訓練競技に出さなくても良いのですが、メジャーポイントを今年からの規定変更によりCD3Sで得ていたことが引っかかりました。
 今回、ジークをCD3に出したのは、昨年まで、あと少しでメジャーポイントを逃すこと数度、CD3でも十分メジャーポイントに達するだろうとは思っていましたが、それを実際に証明しないことには、この後もずっと引きずってしまうだろうと思われたので、あえて挑戦することにしました。
 とはいえ、最近CD3の練習ができなかったので、実際に達成できるのは、もう何回か後の競技会になると思っていましたので、今回は様子見ぐらいのつもりでいました。


(競技中だよ

 競技そのものは、気温が低いこともあってか、ジークはこれまでにない動きをして、大きな失敗なくこなしました。
 脚側歩行の時など座るスピードも今までになく早く、課目を次々とこなしていきました。
 8月からまったく練習できなかったので懸念していた物品持来と障害飛越も何とかクリアし、選択課目も多少の減点要素はあったものの、何とかすべての課目を終えることができました。
 終わった後の講評では、9歳だと犬が安定してきているねと言われました。

 果たしてどうかなと思いましたが、結果発表を見ると194点で、なんとかメジャーポイントをもらえました。正直、今回達成できるとは思っていなかったので、驚きました。


(ジークにいちゃん おめでとう )

 
 その後は2度、3度のアジリティー競技や訓練競技を見てから、表彰式の後、会場の片付けをして解散となりました。


 この日、出場したワンダフルのお友達は以下の通りです。


 アトラクション1とアトラクション2のスモールに出場し、アトラクション1で3位、アトラクション2で2位入賞のマロン



 アトラクション1とアトラクション2のミディアムに出場し、アトラクション1、アトラクション2とも3位入賞のクリン



 アトラクション1とアトラクション2のラージに出場したエース。エースはハオの全弟になります。


 ジャンピング1度とアジリティ1度のスモールに出場しアジリティ1度は3位入賞の“くう”


 ジャンピング1度とアジリティ1度に出場し、ジャンピング1度、アジリティ1度ともに5位入賞の“かな”



 ジャンピング1度とアジリティ1度に出場したエイト


 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場したラリー


 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場した“はな”


 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場したシン


 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場して、どちらも完走したルーク


 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場したロン


 訓練競技CD2とアジリティ競技ジャンピング2度とアジリティ2度に出場し、CD2で2位入賞のウイン



 ジャンピング2度とアジリティ2度に出場したチョビ


 CD1に出場し、5位入賞のアール


 CD2に出場し、3位入賞のリボン


 CD2に出場し、5位入賞のルカ



 特別犬の部に出場し、4位入賞のシビ


 このほか、CD1でウララが2位、リンダがCD2に出場しましたが、画像がありません。


 ワンダフルの皆さん、前日の準備から終了後の片付けまでお疲れ様でした。これで今年近隣で行われるJKCの競技会は終わりですが、次回はより良い結果を出せるようお互いがんばっていきましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【速報】JKCアジリティ競技会 イン 山口らんらんドーム

2016年10月03日 | Weblog
 10月2日、山口県山口市秋穂東にある山口市大海総合センター、通称らんらんドームで行われたJKCのアジリティー競技会および訓練競技会に参加しました。


(今日はボクの出番もあるぞ


(私は1度にデビューしますの

 この日、最初は曇りでしたが湿度が高く蒸し暑い日でした。その上、午後からは晴れて日差しが強く気温も高くなってきたので、犬たちにとっては良いとはいえないコンディションでした。

 ジークは、訓練競技のCD2アマの部に出場しました。今回は訓練競技の出陳頭数が少なく、このためリンクも3つしかなく、いつもは2つぐらいの班に分かれていたCD2も1班だけでした。
 まずハオのアジリティ競技があったので、ジークを競技に出すのはその後になりました。


(競技中ですの

 競技そのものは、何とか大きな失敗なくこなしましたが、どうしても脚側歩行の時など座るのが遅く、これまでほど練習時間が取れなかったこともあってか、座る位置がずれたり、伏せた後に脚が崩れたりとマイナスが目立ちました。
 終わった後の講評では、9歳になるのによく頑張っているねと言われました。


(競技中だよ

 今回はどうかなと思いましたが、結果発表を見ると95.4点で、なんとかポイントをもらえました。


 その後は2度、3度のアジリティー競技を見てから、表彰式の後、解散となりました。


 この日、出場したワンダフルのお友達は以下の通りです。


 ジャンピング1度とアジリティ1度に出場し、ジャンピング1度優勝の“かな” 



 ジャンピング1度とアジリティ1度に出場しジャンピング1度は4位入賞のエイト 



 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場して、どちらも完走したルーク



 同じくジャンピング1度とアジリティ1度に出場したシン



 訓練競技CD2とアジリティ競技ジャンピング2度とアジリティ2度に出場し、CD2で優勝、アジリティ2度では5位のウイン



 CD2に出場し5位入賞のルカ




(訓練競技の表彰式、優勝ウイン、5位ルカ 


 ジャンピング2度とアジリティ2度に出場したチョビ



 ジャンピング3度とアジリティ3度に出場し、ジャンピング3度で2位入賞したムネ





 このほか、空がアジリティ1度に出て、どちらもクリーンランし、ジャンピングで4位、アジリティで3位になりました。また、リンダとリボンがCD2に出場しポイントゲットしましたが、いずれも画像がありません。


 ワンダフルの皆さん、この日は異常なまでの蒸し暑い中お疲れ様でした。競技会はまだまだ続きますので、次回はより良い結果を出せるようお互いがんばっていきましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジークのいる日々(2014年1月)

2016年06月13日 | Weblog
 年もあらたまり、2014年になりました。

 1日は10時過ぎに母とジークを連れて荘八幡に初詣に行きました。人出が多かったこともあり、ジークは興奮して騒いでいました。写真を撮ろうとしましたが動いて回ってろくなものが撮れませんでした。


(今日はお正月で初詣だ


(初詣の後は寝正月だけどね

 1月4日は2時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日は服従訓練の中上級ということで、7匹の犬が来ていました。
 久々の集団レッスンでジークも戸惑っていたようでしたが、後半には慣れてきたようでした。2時間ほどの練習が終わった後、ダンスの練習になったので、土のところでCD3の練習をして、5時前に家に帰りました。


(今日は初練習だ

 翌5日も2時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日はアジリティの始まりとあって、ビギナーから上級まで全部の犬が参加できるイベントを行われました。
 最初は右回り一直線のコースで、それから複雑なコースへと移っていきました。スーパーミニクラスには、アヴェルと楓太が、ミニクラスにクーとペッパー、のこが出て、ラージにはジークの他にウェンディ、エイト、チョビが出ました。コースは結構難しく、途中雨が降り出して中断しましたが、再開した後、5時頃まで続きました。


(今日はアジリティの練習日だよ

 7日、この日Tさんのフェイスブックに昨日スマイルが急死したとありました。陰ながらスマイルの冥福を祈りました。

 11日は11時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日はアジリティの練習でコースの攻略を練習した。少し時間があったので、福山競技会のCD2で悪天候の時に選択科目をどうするかを練習してみました。


 (今日はいろいろ練習したよ

 12日はワンダフルライフ新年会があるので、9時に家を出ました。9時半にレッスン場に着きジークとハウスを下ろして、テント立てなどをした後、ジークにおしっこをさせて開始を待ちました。
 10時半から新年会が始まり、まずは準備運動で、少し体を動かしました。


(今日は新年会だよ

 詳細は2014年1月31日付け別館ブログをご覧ください。


 13日は、大根をおろしてジークに与えてみました。昨日の先生の話で、大根には消化酵素を助ける働きがあるので、ジークにも効くのではないかと思ってのことですが、ジークは大根おろしを気に入ったようであっという間に食べてしまいました。その後、何か変な音がすると思ったら、立てかけておいた大根が倒れてジークが残りの大根をかじっていました。
 午後3時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日はCD2の練習をした後、少しアジリティの練習をしました。家に帰った後、餌の時に大根おろしを与えてみました。


(今日も練習だよ

 14日は夕方6時に帰宅しましたが、軟便も良くならないし目やにも出始めたので、急いでジークを連れてあゆとも動物病院に行きました。患畜が多く30分ほど待たされて診察してもらい、体重を量ると33.7Kgでした。糞の検査と目やにの検査をしてもらい、軟便は餌をヒルズのz/dに変えることで様子を見ようと言うことになりました。取り寄せになるので、その間10日分の薬を出してもらいました。目やにも一部細菌があったので、目薬を出してもらいました。

 18日は休日出勤だったので業務を終えて、帰りがけにあゆとも動物病院に寄って、ジークの餌(Z/D)を受け取ってから家に帰りました。

 翌19日も休日出勤だったので練習にいけませんでした。

 25日の12時前に先生から電話とメールがあり、八幡は土砂降りなので今日の練習はなしとのことでした。その後、小倉でも雨が振り出しました。
 この日糞をしていなかったジークは、夕方、餌の後午後6時前に外に出すとやっと糞をしました。糞の量は少なく、最初は形があったが後半はどろどろといった、あまり良くない状態でした。

 翌日の福山競技会に出るので、午後7時20分過ぎに出発しました。小倉東インターから高速に乗り、吉志SAの手前を走っているときにタイヤチェーンを積み忘れたことに気がついた。どうするか迷ったが、道路凍結が起こってはいけないので新門司ICで降りて一旦家に戻った。チェーンを積んで再度小倉南インターから高速に乗り、佐波川SAには午後9時10分に着いた。佐波川SAは9時35分に出発し、次の休憩をどこにするか迷ったが、眠気が出てきたので宮島SAで休憩することにした。


(福山に出発だ

 この頃から雨が降り出してきて、宮島には10時45分に着きました。ここで1時間ほど仮眠をとり、0時10分すぎに出発しました。
 次の小谷SAには0時55分頃に到着し、1時10分に出発、この日の目的地福山SAには1時40分に着きました。
 ここのドッグランでジークを少し遊ばせて糞をさせましたが、糞は量が少ないが相変わらずの状態でした。この後、翌朝まで仮眠を取りました。

 26日は朝4時半過ぎに目が覚めたので、ジークをドッグランで動かして、おしっこをさせた後、4時50分に福山SAを出発し、福山東ICで高速を降り、会場に向かいました。
 途中のコンビニで朝昼の食べ物を調達し、会場に到着したのは5時30分頃でした。まだ、真っ暗で駐車場には前日から泊まっていると思われる車が数台ありました。
 6時前に主催者と思われる車列が到着し、ライトが点いて会場の準備が始まりました。頃合いなので、ジークに餌を与えました。
 7時前にようやく少し明るくなってきたので、ジークを連れてあたりを歩いて回り、広いところで少し練習をしました。


(会場で少し練習だ

 7時から受け付け開始のアナウンスがあり、受付をするとゼッケン75番はCD2のB班で一番最後でした。出番まで25人もいるので1人10分と単純に考えて4時間ほどある計算になるので、とりあえずジークを時々車から出して運動をさせて、練習もしていました。
 11時30分でフライボールがあるので午前の部は打ち切りになりました。この頃、突然雲行きが悪くなり、にわか雨が降り出しました。しばらくしてにわか雨が上がり、フライボールの競技が終わって、1時から競技再開となりました。

 68番から再開で、73番の犬が欠場だったので、この時点で前に6人いることになるので、ジークは軽く練習をした後、車に乗せておき、この日出場されていたI先生の競技を見ていました。撮影しようと持っていたら、丁度そのとき、またにわか雨が降り出したので撮影できませんでした。

 I先生の競技の途中に雨は止み、カメラをセットした後、ジークを連れに車に戻りました。

 ジークの前の2人が競技中に突然変な男が“犬に触っていいですか”と言って、返事も待たずにジークにベタベタ触りだした。ジークは文句を言わなかったが、その男が逃げるように立ち去った後、動きがおかしくなりました。これまでなかったようにしきりに車に戻りたがるようになりました。

 後から考えれば、これは明らかに妨害行為なので、主催者に報告してこのような輩が出没することを防ぐように求めるべきでした。

 こんなところで言っても無駄かもしれませんが、競技前の犬に無遠慮に触る行為は絶対に止めてほしい。次回このようなことがあった場合は、そいつをぶん殴ってでもやめさせるでしょう。 

 そのような状態で順番が来て、ジークを連れてリンクに入りました。申告中もジークは帰ろうと立ち上がり、飛びついてきていました。
 これまでは、競技が終わった後、早く帰ろうと引っ張ることはありましたが、競技前に帰るといったことはなかったので、この時は確かに様子がおかしくなっていました。

 競技が始まり、まずは脚側歩行、ジークの歩きが少し早めでしが、何とかこなしました。紐ありに続き、紐なしも同じような感じでした。
 続く招呼、伏臥、立止までは少し動きが悪い感じがしましたが何とかミスなくこなして、その後、行進中の伏臥と停座は問題なさそうでしたが、後からビデオを見ると、練習の成果なく、フセやスワレをするまで時間が掛かりすぎていました。
 その後の選択科目はいつものように据座、遠隔、停座からの伏臥、休止の3つを選び、どれも致命的な失敗なくこなしました。

 全部の科目が終わった後、審査員から犬があまり楽しそうでなかったので、飼い主との関係について指導してもらうように。犬は作業を理解しているのでとの講評をもらっいました。これまでの経験から、講評があった時に良かったことがないので、これは駄目かなと思いました。

 そして、しばらくして結果発表が出て、見ると94.9点でポイントを逃していて、この狙ったような点数に何も言えませんでした。
 I先生は、96.3点でポイントを得ていました。

 これ以上長居する必要が無いので、すぐ会場を出て家に向かいました。会場を出たのは15時10分ごろで、ナビが福山西インターを目指していたので、それに従うと、とんでもなく下道を走らされました。やはり福山東インターの方が会場に近いようでした。
 その後は、まず小谷SAまでノンストップで走り、15時50分頃に到着しました。ここのドッグランでジークを少し遊ばせて糞をさせました。糞は相変わらずでした。

 5分後に小谷を出発し、その後は宮島で休憩を取ろうかとも思いましたが、日のあるうちに進めるだけ進むことにして、出光のスタンドがある下松SAまでノンストップで進みました。着いたのは17時15分ごろで、10分ほど休憩しジークにおしっこをさせてから、10リッター給油して先に進みました。
 その後、休憩をどうしようかと思いましたが、前回、次の次にある美東SAが工事中で土の場所がないことを思い出し、少し早いが次の佐波川SAで休憩をとることにしました。佐波川には17時55分に着き、この頃には完全に日が暮れて真っ暗になっていました。
 佐波川は18時5分に出発し、その後は家までノンストップで走ったので19時10分過ぎに帰り着きました。

 その他のことは、2014年1月27日付けのブログをご覧ください。

 27日は休みを取っていたので11時過ぎにからジークのハウスを洗い、2時からワンダフルライフに行き訓練を受けました。今日は福山競技会の反省とそれの対応のため、服従訓練をしました。とはいえ、競技内容は問題ないので、競技の始まる前と後の申告と退場までをちゃんとすることを重点的に練習しました。
 3時過ぎに練習を終えて家に帰るとジークはやっと糞をしました。糞は相変わらず最初は固まりで、その後はどろどろだった。この糞は回収しておき、4時からあゆとも動物病院にジークを連れて行きました。糞を見てもらい、やはり何も見つからないので、薬を2週間分もらうだけになりました。
 この日からジークに与える餌に一切他のものを入れないようにして、アレルギーの原因を探ることにしました。もちろん間食も与えないし、与えるならZ/Dの粒を与えることにしました。


(競技会の反省を生かしての練習をしたよ

 30日の夕方、5時過ぎに母から電話があり、ジークがまた水状の下痢便をしたとのことでした。この日は6時15分まで勤務の日だったので、時間になって急いで家に帰ったら、家の中で下痢をしたそうでした。あまりに状態が悪いので、急いであゆとも動物病院に連れて行き、診察時間ぎりぎりになんとか診察してもらいました。
 体重を量ると、32Kgで前回より1Kg減っていました。糞を取って検査すると、今回は芽胞菌という悪玉菌が見つかりました。今回のひどい下痢の原因は、これだろうと思われるので、抗生物質を与えることになりました。前の薬と併せて飲ませる薬を2種類もらい、家に帰ったのは8時近くになっていました。
 しばらくしてハウスに入れておいたジークが騒いでいるので、外に出すと水状の下痢をしました。その後も11時、1時、3時と起こされて外に出すと下痢便をしました。

 翌31日の朝も昨夜に引き続き5時過ぎにジークを外に出すと下痢便をしました。念のためにジークの下痢をしたところにクレゾールを散布しておきました。
 夜、7時過ぎに帰宅するとジークは昼間、水状の下痢を1回したそうでした。おしっこをしていないというので、外に連れ出すとおしっこをしました。
 この日、ヤクルトが出しているヨーグルトのソフールを買って帰りました。1カップが90円もする高いものですが、宣伝を見る限り他のものより効き目はあるようです。

 こうして2014年の1月も終わりました。この時期ジークの下痢がひどくなり、病院が通いが続きました。体重も落ちて、この時点でピーク時から4キロ減っていました。下痢の原因が判らないので対症療法での対応しかできないのが辛いところでした。

 最近多忙のため更新が遅れていましたが、とうとう2年以上の遅れになりました。こちらはジークの生涯を綴っていくので、遅れても続けていくつもりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加