PRINCOの今日のパチパチ
Sidosso Princoちゃんの思わず拍手パチパチ記録
 



兵庫巡礼、最後のお寺は神戸市の須磨寺です。パチパチ!
こちらへ初めて伺ったのは、阪神淡路大震災の時の復興ボランティアですから、もう20年以上前かあ。
地震では、塔頭寺院のご住職も亡くなられたと聞きました。
実際に、寝泊まりしたのは別のお寺で、そこで、炊き出しや、子どもたちの為に紙芝居をやったりしました。



本堂は震災時に倒壊を免れています。



平敦盛・熊谷直実の一騎討ちの場面をあらわした源平の庭。
「後ろを見せるとは卑怯なり、返せ、返せ~!」



我が子と同じくらいの歳の若武者(平敦盛)の首を泣く泣くはねた、熊谷直実。
ふと見ると、腰に小さな笛が。
「ああ、今朝方、陣中で聞いた美しい笛の音色は、この若武者のものであったのか。わしは何ということをしてしまったのじゃ…」
直実に出家を決意させた、その小笛こそが通称『青葉の笛』。宝物館に展示してあります。



数々のイベントを精力的にこなす地元の有名人、小池陽人副住職さんに境内を案内してもらいました。名物のからくり時計。



NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を書いたダウン症の女流書家・金澤翔子さんの書。「慈眼視衆生」とは法華経普門品第二十五の観音経の一節です。



副住職はYoutubeで積極的に法話を配信しております。
こういう感覚が、関東の僧侶には足りてないと反省しきりです…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 兵庫巡礼(書... タキシード仮... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。