PRINCOの今日のパチパチ
Sidosso Princoちゃんの思わず拍手パチパチ記録
 



化粧って、めかして化けるって書くくらいで、女性は化粧でよく化けますなー。パチパチ!
でも、整形だって、化粧だって、なんだって、別に自由だし、それを望む男性もいるんだから、化粧という行為を、否定はできません。
人間は理性じゃなくて、情で動くものだから。

プロレスラーの公表身長が、だいぶサバを読んだものだ、というのは周知の事実だけど、特に問題にはならない。では、学歴詐称はどうか?うーん、大差ないんじゃないかなー。でも、なぜかこっちはだいぶ叩かれる(^^;)
※マスコミに高学歴の人が多いからかも知れないけど、推測の域を出ず


こうなってくると、もう、全てがウソで全てが真実で、何でもありなんだから、あとは、本能の赴くままに、ということになるのでしょうか。




ただ、その自身の本能の、劣化を疑ってかからないと、痛い目を見るのでしょうが、、、、、。



写真〜
市野谷鎮守の天神社付近では、スイカズラの花が満開です。朝のお散歩時には甘い匂いが辺り一面に立ち込めています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一昨日、真言宗豊山派の安養院さんで撮影した、船木勇佑さんの動画が、YOUTUBEにアップされています。パチパチ!
私も一番最初の静止画部分に、ちろっと写ってますね(^^;)


初めて、ファイヤーパフォーマンスを見たときに驚いたのは、風切り音です。動画ではBGMが流れているので分かりませんが、基本的にファイヤー系はポイでもスタッフでもロープでも、常に、
シュボボボボボーッボボーッ!

という、風切り音がして、コーフンするのだ(←椎名誠・風)
未体験の方は、ぜひ、一度、目の前で!


こちらの動画は、船木さんがシルクに出ていた頃のものでしょうか?かっちょえー!
早く、トーテム、観に行きたいなー(来月、東京公演の終演ギリギリに観に行きます^^;)



さて、今年の『社会を明るくする運動』では、鉄拳がパラパラマンガを描いてくれたのですねー。
動画はこちら
少年が、両親にプレゼントをするシーンでは思わず目頭が熱くなります。
そこら辺については、思うことがありすぎて、とても書ききれないので、またいずれ〜


♪あせらない あせらない
  きみの歩く道は 石ころだらけで すてきじゃないか







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ささくれた心に、道端のお花が癒しを与えてくれます。パチパチ!




でもね、、、、知らなかったよ、、、、YOUがこんなに嫌われていたなんて(T_T)!
確かに、ナガミヒナゲシって、10年前は、ほとんど見かけなかったけど、今はどこにでも咲いてますもんね。
もの凄い生命力で、他の植物の生育を阻害し、在来種を駆逐しまくっているという、、、、。


もっとも本人は、一生懸命やっているだけで、それなのに、「あんた、迷惑ですよ。嫌われてますよ」と、面と向かって言われたら、、、辛いよなー。
でもね、今生を全うできれば、それでいいし、芽を出した、それだけで、ホントは奇跡なんですよね。




会話は鏡。相手は自分の投影だと、改めて肝に銘じました。今夜は、ジャグリングクラブの練習で、代表のぺーやんに、いろいろと愚痴っちゃったなー。
初めて会った時は中学生だったのに、15年経って、こんなおじさんの愚痴を聞いてくれるよう立派な社会人に成長したなんて、、、、、感無量じゃないのっ!



、、、、あれ?私の成長はどこに(^^;)?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日はいろんなプロの方とお会いできました。パチパチ!
まずは、プロの噺家の方たち。松戸のお寺で、林家つる子師匠と柳家さん喬師匠




そして、シルク・ドゥ・ソレイユの“La Nouba(ラ・ヌーバ)”でSkipping Ropesのソリストとして6年間活躍されていた、船木勇佑さん




、、、、すみません。ここは円東寺ではありません。真言宗豊山派の大先輩のお寺をお借りして、プロフィール用の動画撮影をさせていただきました。
さらに、いやな予感はしていたのですが、、、、動画撮影をしたのは私です(^^;)


たまたま、プロとアマの違い、みたいなのを劇団四季の方が11項目あげており、それを読んだ直後だったので、いろいろ考えた一日でした。11項目の中で、私が一番刺さったのは、「アマは取り組みながら疲弊していくが、プロは取り組みながら元気になっていく」でした。

実際、船木さんは、撮影用のパフォーマンスをしながら、どんどん元気になっていき、そして、だらだらとせず、すぱっと短期集中でした。うーむ。
車中、アメリカでの話、シルク・ドゥ・ソレイユの話、人生観など、たくさんの話を伺え、実に有意義でした。
そして、そんな中でまた、仏教の持つ力をしみじみと感じました。






一応紹介しておきます↓

劇団四季に入る方法「これを熟読して高い意識をまず身に付けてください」
プロとアマの意識の違い(生き残れる人・消える人の違い)


その1「プロは挨拶がすべて」「アマは挨拶の重要性を解かっていない」
その2「プロは取り組みながら元気になっていく」「アマは取り組みながら疲弊していく」
その3「プロは不調な時でも取り組みながら治していく」「アマは言い訳して休む」
その4「プロは高い自己基準を持っている」「アマは基準が甘い」
その5「プロは短期集中」「アマはだらだらやる」
その6「プロは上手くいったら思いっきり喜ぶが『ハイ次っ!!』と切り換えが速い」「アマは喜ぶことに制限をかけ、喜びの余韻に浸る」
その7「プロは常に改善し続け、エッジがとれないように意識する」「アマは現状に甘んじて、摩耗していることに気づかない」
その8「プロは明確な型をもっている」「アマは明確な型をもっていない」
その9「プロは一つ一つの行動や所作に意味があることを知っている」「アマは、自分の感覚でやっている」
その10「プロは力まず、自然体」「アマチュアは力んで、みせようとする」
その11「プロは自分をコントロールし、常に並を保つ」「アマは自分をコントロールできず、常に波がある」
最後にプロになる人(厳しい業界で生き残る人)は、即、行動する人!!だそうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は20日。恒例・円東寺「お寺ヨーガ」でした。パチパチ!
終了後のお茶の時間では、GWに行われた、寺社フェス『向源』や、渋谷での生稲晃子の『右胸にありがとう そしてさようなら』(光文社刊)の発売記念イベントなどなど、いろんな話題が出ました。ホントは、お寺ヨーガの時間をもっと短くして、茶話会の時間を増やしたいくらいだと、いつも思っているのですが、、、、


阿字観で、阿字を自分とひとつにし、宇宙で遊び、やがて、阿字を元に返す…。今、阿字はどこで何やっているのかなー。




写真〜
葛飾区のお寺の控室。このお寺でお話をさせていただくのも11年目。坪庭の金伽羅が、11年前の今日と変わらず、目に眩しい…。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本当にいいのかなーってくらいに、いいお天気が続いてます。パチパチ!
湿度も高くなく、過ごしやすい事この上ないです。

午前中は、円東寺役員会でした。石材店も交え、今後の移転工事の進め方について、有意義な意見交換ができました。
そして、近隣の開発をしている不動産会社の担当者とは、週明けに話し合いの場を持つことに。
今後、円東寺がどのような方向に向かうかが、今月末には否が応でも、見えてまいるはずです。



、、、、大丈夫かなー、俺(^^;)



常に浮世離れしていたい、呆れられていたい、とは思うんですが、俗世間のことを知らぬ存ぜぬでは、許してもらえそうにない状況です。
マンガ家のみうらじゅん氏は、若い頃お坊さんになりたかったそうで、「今だったら、どういうお坊さんになりたいですか?」と聞いたことがあります。そしたら、「うーん、お寺の経営とか、あの頃は知らなかったし、そういうのも坊さんには必要だというのなら、、、、」なんて言われてました。


うーん、、、、


おっとっと!
振り向くな、振り向くな!後ろには夢が無い(^^)!




♪思えば浮世の脂汗
 俺も少しは流したか
 短かき夜の夢のよう
 明日になれば忘れ行く
 はぁっと大きなため息と
 仕事のことが目に浮かぶ
 
 ああ明日からがんばろう
 また明日からがんばろう
 ああ明日からがんばろぜ
 また明日からがんばろう


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




「人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが如し」 徳川家康

人生は、よく旅に例えられます。パチパチ!
かつて、私は、人生とは自分の「居場所探し」だと思っていました。もちろん今でもそう思いますが、居場所とはどこか遠くにあるのではなく、今立っている場所が居場所なのだとしたら、それは、自分を受け入れることかな、なんて思います。人生とは、自分が自分を認めて、受け入れる旅なのかも。


「人生とは、病人の1人1人が、寝台を変えたいという欲望にとりつかれている、1個の病院である」 ボードレール


「もし、自分が○○であったなら」、ということを常に思っている人は、少年の心を持っている人なんて言われるけど、自分の人生を生きていない人、とも言える。
人として生まれ、性別を与えられ、身体や能力を与えられたはずなのに、自分の欲しかったのはこれじゃなかったと言って、悩み、いたずらに歳月を重ねる。仮に満足のいくものを与えられていても、その劣化を止められずに苦しむ、、、、
さあ、どうしたもんじゃろのー。


「君が忙しく別の計画をたてている時、君におこること、それが人生さ」 ジョン・レノン


、、、、、、あまり考えても仕方ないみたい(^^;)




写真〜
ヤマボウシの花が満開、、、、、ではなくて、白い花びらに見えるのはガクなんですよね。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




昨日は、円東寺の大施餓鬼会(だいせがきえ)でした。パチパチ!
いいお天気に恵まれて、本当にありがたい限り。

広間で柏マジッククラブメンバーによる、マジックショー



ご法話の後、本堂で法要



終了後、参加者の皆さまには、今年も仮納骨堂へのお参りとなりました。墓地移転がここまで長引くとは思っておらず、当初、このような形態のお施餓鬼後のお参りは、1回だけのつもりでした。実際には、今年で早くも3回目、、、、。

明けて、今日、がんばって片付けも終了。
来年の5月15日には、お寺の周りの景色もがらりと変わっていることでしょう。あれもこれもと欲張らず、足元をしっかりと固めないと、、、。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




『1DAY RePUBLICアイデアコンペ in 流山』とかいうのがあるというのを知り、会場が歩いて行けるとこだし、参加してみよう!と軽い気持ちで申し込みました。パチパチ!


すみません。公共R不動産とか馬場正尊さんとか、まったくなんの予備知識もなく、「馬場からの講評」って何だろう?外野からの講評って意味の専門用語?なんて、素で思ってました(^^;)
そんな軽いノリで申し込んでしまったのに、自治会の班長会議と重なったり、明日のお施餓鬼の準備が、なかなか終わらなかったり、家族中から総スカンでした。とほっ。

さてさて、会場に着いてみたら、同じグループになった人たちが、都内などから、集まってきていることにびっくり。そうです。みんな、マジなのです。ごめんなさい。集合時間の5分前に玄関を出ました、、、、。

それと、参加資格は「基本的なPCの操作ができる方」だったんですが、私の基本と世の中の基本にだいぶ開きがあることも、今さら分かりました(^^;)


若い方たちは、行政にあれしろこれしろ、ではなく、こんなことできます、あんなことできます、という姿勢なのが、制汗デオドラント、つまり気持ちよかったです。


さあ、明日もガンバロー!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いやあ、暑いです。冬服の中学生たちが気の毒(^^;)

畠山仏師が、岩手から帰ってきて、立木観音像制作が、再び始まりました。パチパチ!




昨日は、流山市観光協会の総会でした。流山市の観光客数は、この5年くらいで倍に増えたそうです(利根運河と本町界隈だけで、昨年は年間32万4000人)。立木観音像も、いつか、市外からお参りの人が来てくださるようになったらいいなー。
市の人口も、この1年で4000人以上増えたそうで、これは、流山に市制がしかれてからの最高記録なんだとか。
マンションも、まだまだいっぱい建築中だしなー。
予てからある、もう一つ小学校を作るかもしれないという、噂が、現実味を帯びてきました、、、、、

総会で承認されたんで決定ですが、流鉄100周年で好評だった流鉄Beer電車、今年もやるんですね。
9月3日(土)だそうで、楽しみです。もっとも、私は聖職者なんで、お酒は飲みませんが。



おまけ〜
睡蓮が咲いただよー。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ