PRINCOの今日のパチパチ
Sidosso Princoちゃんの思わず拍手パチパチ記録
 



流山市内の中学校では、今日、体育祭でした。パチパチ!
昨日のうちに、延期にした学校もあるのですが、何校かは、決行し、、、、そして、、、、以下略。

午前中は降って無かったんですよねー。
午後、天神社の社務所で市野谷自治会の班長会議だったのですが、自治会長さんが「何とか天気がもって、体育祭もできて良かったですよね」と挨拶した時は、既に本降り。出席者のほとんどが、心の中で「いや、天気はもってないですからっ」の突っ込んでいたと思います(^^;)
この時期、よくお天気ニュースなんかで話題になりますが、一年間で一番雨の多い月は、梅雨の6月や7月では無く、9月なんですよね。
私の子どもの頃は、運動会や体育祭って10月にやっていましたが、今は、生徒のお受験だとか、種々大人の事情で、いつの間にか9月になっていますね。この流れは、止められないなー。

今朝の天神社の彼岸花~
区画整理で、鎮守の森は伐採、天神社は移転が決まっています。もしかすると、最後の彼岸花…?
円東寺で球根もらおうかなー。

「森と人が争わずにすむ道はないのか。本当にもう止められないのか」
「だまれ、小僧!おまえにあの娘の不幸がいやせるのか!」





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明日は流山市内の各中学校で体育祭です。パチパチ!
青少年補導員の皆さんは、前日から体育祭パトロールの準備をなさっています。

、、、、、天気、微妙ですが(^^;)



昼間は八千代市の青少年指導センターの皆様から、種々引継ぎ、夜は、流山市青少年補導員の理事会がありまして、何だか一日、青少年、、、、でした。夜は市内の青少年が絡む事件について、情報を交換しました。ちょっと最近は不穏な空気があるのですが、それにしても流山は平和です。メキシコに生まれなくて良かった…。


~告知~
○平成28年12月3日、美少女戦士セーラームーンの月野うさぎ、新世紀エヴァンゲリオンの葛城ミサト、ドラえもんののび太のママなどの声優でおなじみ、三石琴乃(みついし ことの)さん(流山市出身)を招いて、青少年ふれあい運動「全体のつどい」が開催されます。
○平成29年7月1日に、17年ぶりに、千葉県青少年補導(委)員大会が流山市で行われます。

どちらも、会場は流山市文化会館です。大勢のお越しをお待ちしております!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お彼岸の中日でした。パチパチ!
円東寺永代供養墓「木かげ」いっしょの会の合同法要も行いました。自由参加でありますが、おかげさまで毎年、参加者が微増しており、今年はゲームなどをしてお茶を濁しましたが、来年あたりは、どなたかを招いて何か余興をやってみようかな、とも。(とかいいつつ、誰も呼ばないかもしれません^^;)

さて、ついに『hasunohaお坊さんお悩み相談室』の書籍が発売され、うちにも一冊見本が届きました。やっほーい!
大勢の僧侶の一人として、私も書籍の中で、相談に回答しております。伝説のあの問答って、何かな?と思ってたんですが、千葉県の八神太一さんという質問者がいてびっくり(^^;) 


お坊さんがこたえるQ&Aサービス hasunohaには、現在、150名以上の僧侶が回答僧として登録しており、せっせと皆さんのお悩みに答えています。ですが、それ以外に、日本全国には25万人の僧侶がいて、その方たちも、今日、お彼岸の中日に、顔と顔を突き合わせて、せっせとお檀家さん方の相談に答えていたのです。
ネットは気軽かもしれませんが、文字に対しては文字の回答しか、かえってきません。ぜひ、「えいやっ!」とお寺の門をくぐって欲しいと思います。えいやっ!の分だけ、心身が軽くなるはずです。


~便乗して宣伝~
↓PRINCOちゃんこと円東寺住職の本です。
『答えにくい子どもの「なぜ?」にお釈迦さまならこう言うね!』



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




台風16号の近づく中、円東寺『お寺ヨーガ』でした。パチパチ!
予想通り、参加者は少なかったので、今夜は初めて、本堂で行いました(うちは、広間より本堂の方が狭いのです^^;)。

終了後、参加者の方と、いろいろお話をさせていただき、お互いに、良い、気持ちの交換ができたと思います。ホンの短い時間でも、生き方や、人生について、話すことができる場があることは、私にとって実に有り難いことです。

他人に対して優しくなりたいと思うのは、自分がぐちゃぐちゃなのを棚に上げて、現実逃避しているだけなのではないか?あなたを幸せにしたい、とか言って、2人一組で『目覚○よ!』を玄関先で配っている人と同じじゃないか?いやいや、そんな自分も丸ごと認めていくべきじゃないの、なんて、言っているうちに、夜も更けて。
お寺は何かを得るところでは無い。つくづく、何かを捨てて行くところだなーと。



写真~
今が盛りの葛の花


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日から、平成28年秋のお彼岸です。パチパチ!

天神社の彼岸花


円東寺の彼岸花は、ようやく一輪咲きました。


敬老の日をお祝いしたお宅も多いでしょう。私はと言えば、昼間は訪問せねばならない用事で、てんてこ舞いでしたが、日が暮れて雨も降り、お参りもだいぶ落ち着いたので、いそいそと映画『聲の形』を観に行きました。
3連休の最終日だし、他のスクリーンは話題作ばかりだし、、、、と、思ったら、まさかの激混み!
高校生やカップルに紛れ、辛い時間を過ごすことに(^^;)


原作1巻だけは本屋さんで立ち読み読んだことがあったのですが、、、、、
以下、ネタバレ有。反転させてください。


先天性の障碍、イジメ、それだけでもテーマとして充分重いのに、不登校とか、希死念慮そして自殺未遂とか、片親とか、ハーフとか、さらりさらりと出てきます。子どもというのは本当に残酷です。観ていて、「ああ、自分もそうだった…」と思い当たることばかりで、ひたすらに辛かったです。同窓会に行くことがあれば、謝りたいことばかり。

告白の言葉っていろいろあるけど、「君に、生きるのを手伝ってほしい」って、よかったなー。映画館で隣りの人が両方とも、鼻水グズグズで泣きまくってたのに、「今も昔も小ずるくて、いけ好かない俺は、胸が痛いばかりで泣けないなあ」と、ハートはもう、気ままにreflectionでした。でも、この映画の裏のテーマは、「自分を許し、好きになって欲しい」ということだそうで、そんな意味で、私は監督の希望通りに、まずはストレートに打ちのめされたということか?でも、まだまだ自分を許せないし好きにもなれませんが。

幼い頃は、自分が常に世の中の中心で、自分が大好きだったはず。それが、次第に、どうも、自分は大したこと無いやつだぞ、と気づき始め、やがて、大人になるにつれ、自分が嫌いになったり、許せなくなっていく。それはそれで成熟の証なのかもしれないけど、その渦中にいる自分には、とてもそんな風に思う余裕はありません。

主人公の将也が橋の上で、自分の感情を友人たちに吐き出すところ、そして、花火大会の日の硝子の自殺未遂あたりで、ははーん、ここがいづみやだな、、、じゃなくて、ははーん、ここがクライマックスだなと、高をくくっていたのですが、文化祭で、まわりの人の顔に張り付いていた、ペケマークがハラハラと剥がれていくラストシーンで、(制作者の思惑通りに)涙腺崩壊(T_T)


ここんところ、高校生向けのアニメ映画にやられっぱなしだなー。もちろん、この映画は高校生だけじゃなく、むしろ小中学生の子どもたちにこそ、ぜひ観てもらいたい映画です。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こち亀が、終わっちゃいましたねー。パチパチ!
豚児(高1)が、恥ずかしながらジャンプ野郎でして、、、、


『こちら葛飾区亀有公園前派出所』という長いタイトルは、「こち亀」と略すのが一般的だと思うのですが、私が中学生時代、友人たちの間では、なぜか、「両津」と呼ばれていました。プラモデルやB級グルメなど、たくさんのどうしよーもない知識を学ばせてもらいました。高校生になってからも、男子校に通っていた、我が、(暗い)青春のバイブルでありました。

やがて、大人になって、結婚して、子どもが生まれ、その子どもが同じマンガを読んでいるのは、ドラえもんやドラゴンボールなどと一緒で、非常に感慨深いものが、、、、、特にないですね。ごめんなさい。
かつての自分を見る様で、苦笑するしかありません(^^;)

今ヒット中の映画『君の名は。』じゃないですが、マンガやアニメで、主人公が時間を感じなかったり、歳をとらないのはおかしい、という方がたまにいて、特に学生が主人公だったりすると、作者も苦労するようです。『3年奇面組(ハイスクール奇面組)』みたいに、無理やり時空を捻じ曲げたり、『BE-BOP HIGH SCHOOL』みたいに留年させたり。
こち亀の場合、まわりが歳をとっても、主人公とごく近い人だけは歳をとりません。例えば、日暮(ひぐらし)と言う、4年に一度だけ登場するキャラは、確実に年月を感じているはずですから。

もっとも、私は、そういうの一切気にならないんですがねー。
39歳だった両津勘吉を、気がつけば追い越しているとしても。
※一応、設定年齢は35歳だそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お彼岸前の円東寺一斉掃除でした。パチパチ!
まさか、こんなに晴れるとは。暑い一日になりました。

朝のこと。お犬様のお散歩をしているときに、何気なく空を見たら、、、



む?オオタカちゃん?




鉄塔の上です。




ズーム。




さらにズーム。私の持っているデジカメではこれが限界。双眼鏡で見たら、もっとよく見えました。尾の先は白いです。お腹側から見ればもっとはっきりしたのでしょうが、眩しくて眩しくて(T_T)

猛禽類は、素人には見分け方が難しいようです。以前、野鳥の会の方に飛んでいる時の尾の形でだいぶ分かると言われたのですが、、、。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日受けた研修なんですが、、、、、。
50分の講義予定が、110分!(途中休憩が10分あったので100分か)。おかげで、予定されていたグループ討議も質疑応答も中止。 

その講義の中身はというと、自分しか持っていない資料を片手に
「この本の26ページのコラムに詳しく載っていますね。あとでご覧になってください」(いや、それ、持ってないんですけど)
「みなさん、ここら辺は、聞き流してくれれば結構です」(ただでさえ、時間超過しているんだから省きましょうよ)
「この赤い枠のところが、、、」(ですから手元に無いのに赤だか青だか分かりませんから)
とか言いつつ、みんなのざわめきを全く無視して、ガシガシ進めていくので、何の冗談かと思いました(^^;)


さすがに温厚な私も、頭に疑問符をいっぱいつけて帰宅したら、、、、その晩に、なんと、講師の方から直々に電話があるじゃありませんか!
まさか、私の心の声が聞かれてしまったのか!?と、ドキドキしていたら、

「本日、資料として紹介した〇〇、持ってますか?」
「あ、いえ、持っていません」
「早急にお送りします」
とのことでした。わお。パチパチ!

、、、、誰かが、(激しく)文句言ったんだろうなー(^^;)
受講した人、みんなに電話しているのかな、、、、。お疲れ様です。

私としては結果的に、欲しい資料が手に入るから、よかったよかった。



写真~
市野谷天神社の彼岸花が咲き始めました~


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今夜は十五夜ですが、実際の満月は17日なんですと。パチパチ!
明後日の夜も、曇りか雨っぽいですがねー。とりあえず、昼間は円東寺一斉掃除なので、お天気もって欲しい…。


雨がだいぶ降ったおかげで、市野谷水鳥の池(調整池)の管理用道路が小川に(^^)



市野谷鎮守の天神社でも、彼岸花がニョキニョキと出てまいりました。


利根運河の彼岸花はとっくに咲いているようですが、なぜ、あそこは毎年早いのでしょう?
通常、植物は、夜の長さの変化を葉っぱで感知することで季節を知り、蕾を作り始めるのだそうですが、「葉見ず花見ず」の彼岸花の場合は、地温が影響を与えているのだろうと言われます。土手って、熱しやすく冷えやすいのかなーなんて。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日の『学校へ行かない子どもの親カフェ』、お知り合いに告知くださった皆さま、ありがとうございました。
また、雨の中を、ご参加くださった方々、お疲れ様でした。パチパチ!


さてさて、新幹線の運転士が足を、、、とか、JR東日本の運転士が胡坐(あぐら)を、、、、とか、携帯やスマホの写真機能で、1億人みんながお目付け役になっているようで、なんとも生き辛い世の中です。ディ○ニーでパレードをしているお姫さまだって、バックヤードではドレス姿で煙草をふかしていましたがね…。


いずくんぞ己身の膏こうを 療せずして たやすく他人の腫脚を 発露や…


胡坐とは、足の裏という、一番きちゃない所を他人に見せない座り方で、アラビア圏ではこれがスタンダードだそうです。つまり、かつて、胡の国と呼ばれたアラビア(胡瓜【きゅうり】や胡弓のふるさと)では正式な座り方であり、日本でもかつては宮中に使える女中も、胡坐だったとか。それが、「おいおい、女子たち、観音様が見えちまうよっ!」ってことで、正座(大和座り)になったそうです。また、仏教では正式な座り方は、仏様の座り方(結跏趺坐あるいは蓮華座、半跏坐など)であり、必ずしも正座ではありません。


まあ、うんちくはさておき。
衆人環視の中での運転の仕事とはいえ、衆人の規模が、この10年で凄いことになっちゃいました。叩けば叩くほど、隠す人もいる訳ですから、我々は、本当に叩かなければいけないときにだけに、その力はとっておきましょーよ。
自分は「絶対に正しい」と思うところから、争いは始まるんですよねー。
日本人がみんな、叩き体質になったら、、、、、いくらでも埃が出る私なんぞ、ツラいわ~(^^;)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ