共生 再生 希望 桜 馬

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
自由 民権 民主

日本一の桜は 淡墨桜か滝桜  樹木医 前田利行の生涯を拝読、淡墨に愛情が湧く

2017-07-11 09:25:04 | 日記
日本一の桜は淡墨桜か滝桜か

今春で、日本の三大桜をすべて観たことになる。

淡墨さくらのもとに立って

日本一の桜は淡墨桜か滝桜か、

判定はできかねた。

どちらも甲乙つけにくかったのであった。

桑原恭子著『生きよ 淡墨桜 前田利行の反骨の生涯』(風媒社刊1995年)


を拝読して

なにか
淡墨桜への愛情がつよくおこってきた。

樹木医の
前田利行さんが高知の人であったことも
私のこころに響いてきた。

前田さんは
毎年、くれになると
第九がうたわれるが、その
ドイツの囚人たちに無料で
歯の治療をされていた歯科医。
当時の坂東捕虜収容所所長松江豊寿(元会津藩士)のはからいが大であったようだ。
前田利行は
令息の勤め先である岐阜へ転居したことから、
淡墨さくらの治療にあたるご縁となったのであったか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読売新聞ですら安倍さんの支... | トップ | 佃島の念仏踊り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。