斜陽の沖

万国の労働者、団結せよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

荒れる日本海 くすぶる朝鮮半島

2010-11-24 11:25:57 | Weblog
11月23日。曇り時々晴れ。
野北のホテル下。
約7人。

北東の風をもろに受け、面がざわつき、波数も多かった。
荒れる日本海。
その沖にはくすぶる朝鮮半島で火柱が上がったようだ。
上級者は楽しそうに遊んでいたが、おれはポイントに出るのも大変だし、西に流されるし。

北東の風をしのげる場所といえばどこなんだろう。
二見ヶ浦に行けばよかったかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁量労働とサーフィン

2010-11-13 20:06:27 | Weblog
11月12日昼、野北の海に入る。

平日・金曜日だけあってサーファーは3~4人。
サイズはモモくらいで初心者には絶好の練習日和。

青空は見えず、空全体が薄いベールに包まれているようだ。
12:30の日差しが空全体を照らす。あとで分かったがそれは黄砂。
黄砂だろうとサーフィンには何の関係もない。
人が少ない海は気持ちいい。

波を待つ間、ふと先日図書館で少し読んだアウトドアメーカー「パタゴニア」の会長の本を思い出す。
彼は「波がいい日はサーフィンに行け」と社員に指示しているようだ。
同社の日本支社が鎌倉にあるのはそのためだという。

きょうサーフィンして遊んだら明日その分を取り戻すよう仕事を頑張る。
あした良い波が来るのなら今日しっかり仕事をして明日休んでも他人に迷惑かけないようにする。
そういう考えの根底は、裁量労働の大きな流れの中にあるという。

サーフィンじゃなくたっていい。
登山でもスキーでも。
自然と遊ぶスポーツなら仕事中でも迷惑かけなければやっていいという。
自然と遊ぶことが後々、自然を理解することにつながり、環境問題を考える上でのヒントになると考えているようだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エコか?

2010-11-13 19:50:23 | Weblog
近所のスーパー。
エコバックを持参する客にエコシールを配っている。

エコシールってエコか?
シールが溜まると景品がもらえるという。
シールも景品もゴミにしか見えない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の英彦山

2010-11-10 14:28:46 | Weblog
11月6日、福岡県添田町の英彦山(約1200m)に登ってきた。
晴れ時々曇り。ガスもなく良い天気+紅葉8割で絶好の登山日和だった。

望雲台は眺めが良く、足場が危険で、かなりテンション上がって楽しい。
でも「山伏の修験道」と言われるだけあって頂上への石段は厳しく、一度登れば満足。

・ルート 別所駐車場付近→奉幣殿→中岳→北岳→望雲台→高住神社
・時間  3時間半
・服装  半袖肌着+長袖シャツ+パーカー

別所駐車場は満車だったので付近の有料駐車場(300円)に停車。
12:20 登山開始。参道を登る。上り右側にススキが見える。
12:30 奉幣殿着。本殿脇の鳥居をくぐり、登山道を進む。
13:00 ベンチで休憩。険しい石段に心臓ばくばく。紅葉はきれいだ。
13:30 中宮着。井戸で水を汲む。
13:50 中岳山頂(英彦山山頂)着。お昼ご飯と珈琲飲んで休憩。
14:40 北岳山頂着。険しい石段をひたすら下る。
15:15 望雲台への分かれ道
15:30 望雲台の頂上着
15:50 高住神社着。

帰りはしゃくなげ荘で温泉に浸かって帰った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国領香港

2010-11-05 13:10:18 | Weblog
「すまん、詩の神様が降りてこなかったから行けんわ」。

忙しい10月の週末を明け地元の友人(29)の来福に備えていたが、友人はバッサリと、そう断りの電話をよこした。
制作中のCDの完成が遅れたという。

煩わしい言い訳が一切なく、直球の断り。
彼との人間関係が短い人なら「ふざけた理由だ」と腹を立てるだろう。
しかし、ある程度ながく付き合っているとすぐ「理解」できる。
「理解」する前段階の「判断」は不要だ。
そして「ほーい、了解」だけで済む。
説明を求めることもない。
「詩の神様」が友人に降臨するよう邪魔をせずビールを飲むだけだ。

おれは福岡にあと2年はいるだろう。
いつでも来ればよい。
おれらは30歳以降、何をしようかアイデアを出し合わないといけない。
岡山市の居酒屋「英国領香港」でビール片手に白紙を夢で埋めた10代のように。

何を書いたかいまではもう全てを思い出せない。
「トップレスギャルがいるビーチに行く」って夢を実現したことだけ覚えている。
「英国領香港」のお店は、イギリスが中国に主権譲渡して数年後に潰れたようだ。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ええじゃないか、ええじゃないか

2010-11-04 22:25:40 | Weblog
11月3日。文化の日。
快晴の二見ケ浦。無風。
波のサイズはモモ。
人数は25人程度。
先日オーダーした3㍉フルスーツは快適。
太陽が水面で乱反射し、波待ちだけでも気持ちが良い。

1回、テイクオフしてただちに足が滑りパーリングした。頭を押さえて浮上したが、タイムラグ後、自分のボードが沖から波に押されて近づいてきて、側頭部をしたたか打った。

1回、上級者の兄さんと同じ波に乗ってしまいクラッシュ。ごめんよ!

2時間弱遊んで夕方浜に上がったとき気が付いた、浜が真っ黒。何の汚染?炭素?

まあいいか。
ええじゃないか、ええじゃないか、たんこぶ作ったけど最高に気持ちいい休日だった。

反省点は、テイクオフ前にしっかり回りを確認すること、沖から乗ってくるサーファーの進路を塞がないようにすること、重心を落として滑らないようにすること。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

潜水士試験の結果

2010-10-25 00:55:02 | Weblog
受かってました。

文系を自認し、勉強を開始した試験日2週間前はボイルの法則やパスカルの法則など中学生レベルの化学知識でことごとくつまずいたものの、結果は8割か。

何も自慢ではなく、受験して思ったが試験問題が悪い。
実際の潜水業務で必要ないであろう「試験問題のための問題」も散見された。
例えば…

(問い)直径1センチのピストンに1Nの力を与えると直径3センチのピストンにはいくらの力が加わるか?

上記のような変な問題もあるが、大半は毎年出題される個所がほぼ同じw
過去問題を3年分くらい解き、出題傾向を押さえたら、教科書の該当箇所を暗記すればいい。

問題を作成しているのはどいつだ?
財団法人安全衛生技術試験協会だ。
厚生労働省の天下り連中が試験の更新もせずになまけているのだろうか。
実技試験を取り入れるなど、問題形式を変えた方がいいと思う。

まあ、潜水士免許を取得したい人は簡単な今のうちに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説と実用書の優劣

2010-10-23 12:04:00 | Weblog
波がない週末。
することがない。

昨日の昼、お好み焼き屋で隣にいたカップルの話。
「おれは小説なんて読まないね」。と、20代中盤くらいの男が切り出した。手には何か本を持っている。
18~19歳とみられる少女は「なんで?」と聞き返す。
ちょうど隣の席で高村薫の小説「マークスの山」を読んでいた俺も(なんで?)と耳を立てる。

「戦場で、小説とサバイバルに必要な知識が書かれた実用書があったらおまえどっちの本を手にとる?」と男。
(設定めちゃくちゃやん)俺は秘かに突っ込みを入れる。

「俺の友人で会社を辞めた奴がいる。正確に言えばリストラされたのだ。明日生きていけるかわからない日本は戦場と一緒だろう。」金曜日の午後1時半、スーツ姿のサラリーマンが闊歩する福岡県庁付近のお好み焼きやで、男はジーパンにトレーナー姿。手荷物がないことから学生にも見えない。男はなにがしかの生きづらさを抱えているのだろうか。おそらく手の中にはなにがしかの実用書が握り締められているのだろう。

「暇人が小説なんて読むのだ」男は言い切った。
俺の手には小説が握られている。そして俺は一度水をくみに席を立った時、机の上に裏表紙を向けて置いた。講談社文庫の裏表紙を見ると本をよく読む人はすぐ小説と気付くだろう。
男はそれを見たかもしれない。
男は俺を「暇人」と決めつけ、非難しているのだろうか。

少女ののどが(ごくり)とのどが鳴る。
何か話そうとしている。
(小説の擁護をしろ)俺は思った。小説は現実世界の矛盾や喜びや悲しみの濃淡を、現実世界より濃く、わかりやすい形で浮かび上がらせる力がある。私なら戦場で、ゲーテの「若きヴェルテルの悩み」を何度も何度も読み返し、初めて人を愛した時の感動を思い出して銃口を人に向けないよう努めたいと。

少女は1口水を飲み、コップを机の上にコトリと置いた。
「ウチ若いけんわからんわ」。
そのひと言だけだった。

くだらん返答だった。
男の問いは、少女には全くといっていいほど届いていなかった。おれは高村薫の世界に再び戻ることにした。
男も手にしていた本を読み始め、沈黙。
お好み焼きがくるまでカップルの会話はなかった。

飯が出てくるまでの暇な時間をどうにか有効に使いたい。
その思いは実用書か小説かの違いはあれ一緒。
そして返答のつまらない女と会話するより本を読む方が面白いと思っている男に親近感がわいた昼下がりだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右傾化する日本

2010-10-12 21:56:11 | Weblog
せんじつNHKスペシャルで、2日間にわたり「日本列島 奇跡の大自然」という「山と海」特集をやっていた。

松下奈緒が番組案内。
映像自体は良かった。

しかしナレーションが気になった。
「日本の山は世界でも一番の…」
「日本の海は世界一の…」
やたらと「日本(にっぽん)は」と主語を繰り返し、「世界一」を強調していたからだ。

番組では日本の自然をテーマに扱っているのは分かりきっているので、「日本の」という主語を必要以上に使うと視聴者は「くどく」感じてしまう。
おそらくNHKはそんなこと分かりきっていて、意図的にそうしているはずだ。

ある一場面。
「生息する固有種を同じ島国で比べると、日本は約130種、あのダーウィンで有名なガラパゴス島は約110種、一方イギリスはゼロでした」

自然を見せる番組のはずが、国家の優劣を比較するような表現!
そんな必要はどこにあるのだろう。

番組を見ていた福岡の友人はビールを飲みながら「日本が右傾化してるってことだ」とみる。

確かにそうだ。
戦争や経済危機。
日本は国家が危機的状況にあるとき、自分の国を褒めたたえた。
大学の恩師は「国家の危機になると日本とドイツは右に傾き、フランスは左に傾く」と言っていたのを思い出す。
時の政治は、他国より自国が優れていると宣伝して国民の批判の矛先を変える。
推測だが、NHKも日本を褒める内容だと予算が出やすいのだろうか。
ついそこまで邪推してしまう。

そもそも、
松下奈緒が何度「日本の自然は世界一」と言うが、何をもって世界一とするのか。
アラスカの原野に住むイヌイットに同じことが言えるだろうか。
おれなら恥ずかしくてそんなこと言えない。
写真家星野道雄が写したアラスカの写真集を見た人なら少なくともそんなことは言わないだろう。
本来的に、自然に優劣なんて無いからだ。
だから数字上の「世界一」を示して、自然の凄さを語るのは手法として間違っている。
むしろ、
視聴者が「日本の自然はこんなに多様だったのか」と満足してしまうことが怖い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10/10志摩中前

2010-10-10 20:43:09 | Weblog
晴れてたし、インサイドはヒザ~もも、沖は腹くらいで横にスーときれいなラインが続き、凄く良かった。
連休なか日だったので人もやや多い。
うまい人が沖からガンガン乗ってくるから、彼らがテイクオフした次の波を狙うか、もう少しインサイドの波を狙うか。波待ちで縦列にならないようズラしてうまいこと場所取りせねば。
「パドルで波に追い付くようになったすね。だいぶ乗れてましたね」と伊藤さん。
腹サイズの力の強い波だとまたノーズが刺さることがあるが、さいきん乗れてきた実感があり、楽しい。
次は横に乗ることが目標だという。テイクオフの腕たて伏せ状態の時に、目線を首から「斜め右」、「真横」などと向けるだけで乗れると言うが…。
きょうオーダーで3ミリフルスーツを注文した。末までに届くかな。ワクワクしてしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加