小暮満寿雄 Art Blog

ダジャレbotと間違われますが、本職は赤坂在住の画家です。作品の他お相撲、食やポリティカルな話も多し。右翼ではありません

線は知性、色は感性?

2016-12-13 15:32:57 | Weblog

絵を描く時の頭の中〜塗るは雑念、線引きは無になる?

先日書いた記事の続きです。
どうやら線を引いている時と、面を塗っている時では脳の中で使っている部分が違うのではないかと書きました。

勝手な推測ですが、線は文字通り言語の代わり。
マンガや記号が言語の役割を果たしているように、線にはそのような働きがあります。

一方で、面で色を塗る場合というのは、もっと生理的に”ご飯を食べる”とか、”寒い、暑い”といった感覚的なものに近いものがあるように思えます。

おっと。
簡単にまとまってしまいましたが、そんなことかな(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インド映画「pk」、絶対見て... | トップ | ”当て逃げ” で思い出した、若... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL