小暮満寿雄 Art Blog

ダジャレbotと間違われますが、本職は赤坂在住の画家です。作品の他お相撲、食やポリティカルな話も多し。右翼ではありません

庄内本間家ご当主夫妻より、夫婦箸を賜りました!

2017-06-18 09:40:02 | Weblog

酒田の本間家ご当主夫妻より、結婚祝いに夫婦箸を賜わりました。
見ての通り、アワビ貝の螺鈿を施した逸品、食洗機でも使えるものだそうです♪

箱からなかなか出せず、なるべく使いたいと思っていたのですが、昨日、原宿の箸屋さんで近いものの値段を見かけて、えええええええええ!!!?

値段の話はお下品になりますので、ここまでにいたしまして、本間さま!
私どものために、ありがとうございます♡
家宝にして大切に使わせて頂きます。

本間家は庄内藩酒井家を商家として支えた名家で、戦後の財閥解体までは、日本最大の地主と称された豪商です。それは「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」と謳われるほど。
まあ、庄内酒井家を支えた本間家としては、そう言われるのは本意ではなかったでしょうが、庶民とは口さがないものです(笑)。

幕末の動乱から庄内を支えるのに尽力つくしたことでも知られますが、実は上杉鷹山公の米沢藩の財政立て直しは、本間家あってのことだったというのだから驚きです。
庄内藩と米沢藩なんて、仲が良かったはずはないのにねえ(笑)♪

ご当主夫妻は謙虚そのもの。奥さまは赤坂にゆかりがあったそうで、昔の赤坂の様子をよくご存知だったようで、不思議なご縁を感じました。

本間さま、良い作品を作りますので、今後ともなにとぞよろしくお願いします!

↓ こちらは本間美術館から目と鼻にある丸富の海鮮料理。近年ないほど美味しいお皿の数々で、さらに値段の話はお下品ですが、びっくりのコスパでした♡

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「BABEL展」見ました! | トップ | LINE乗っ取り、Facebook乗っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL