小暮満寿雄 Art Blog

ダジャレbotと間違われますが、本職は赤坂在住の画家です。作品の他お相撲、食やポリティカルな話も多し。右翼ではありません

赤坂氷川祭は吉宗将軍の登場です!

2016-09-18 11:01:36 | Weblog

赤坂氷川神社は現在の社殿が8代将軍吉宗公の創建とあって、三百年祭という今年は、暴れん坊将軍こと松平健さんのお目見えです。

今年は珍しく実家が法被をお願いしたということで、参加できるのは土曜だけですが、珍しく地元のお祭りに参加することにしました。

「今年は松平健が白馬に乗って練り歩くんだって」ということで、これは話のタネに見ておきたい!

でもわたくし、他人からは祭好きに見えるようですが、実は神輿を担ぐのは、そんに好きじゃありません。スポーツでも団体競技は苦手なので、そんなことが関係あるのかも。
数年前に氷川祭に法被を着て参加したことがありますが、その時も神輿ではなく山車を引く方にまわりました。

珍しく自分の写真を後悔・・じゃない、公開。

今年も神輿をかつぐわけでなく(そもそも昨日は神輿をかつぐ行事はなし。山車だけでした)、お頭さんの休憩所でくつろぐだけ。

例年と違うのは母たちを連れて出かけたことです。

ただ法被を着ているだけですが、誰が見ても祭の関係者に見えるため、道行く人が色々尋ねてくることおびただしい。

「神輿はいつ、どこを通ります?」

「松平健さん、いつどこを通ります?」

こちとら関係者でも何でもないのですが、そこはお祭り目的で赤坂にやってきた観光客ですから、知らんとも、あっちへ行けとも言えません。

幸い昇りの立っている赤坂通りは確実に通りますから、

「将軍さまは、この通りを2時半くらいに練り歩く予定です」

と調子よくお答えを。

3時頃、白馬に乗って颯爽と登場した暴れん坊将軍。

TVで見るのと寸分違わぬ濃厚なお顔、いや男前です!

ただ、地元テレビ局では、アズミさんが「マツケンさんが馬で走ってた!」と仰っていたそうですが、それは盛り過ぎ。

人通りの多い祭の赤坂を馬で走れるわけがありません。山車と踊りに歩調を合わせて進むため、時々止まって手を振ったりと、ゆっくりゆっくりの歩調でした。

まあ、お祭りですから良いでしょう。

本日は不安定な天気のようですが、晴れると良いですね。

わたしは午後から花風社さんのゼミに出る予定なので、祭はおやすみ。
成功を祈念いたします。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なまけ蛙くん、お目見えです! | トップ | 花風社栗本さんセミナー〜正... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL