小暮満寿雄 Art Blog

ダジャレbotと間違われますが、本職は赤坂在住の画家です。作品の他お相撲、食やポリティカルな話も多し。右翼ではありません

8mの海彦山彦、沖縄バージョン! 其の一

2016-10-31 11:39:34 | Weblog

花風社+栗本さんのコンディショニング講座のスピンアウト編として、わたくしも沖縄は恩納村に同行いたしました。
今回の企画は二本立て三本立ての豪華版。お二人が講座を開いてる間に、ホスト役の山城社長が主催する児童デイサービス・ぺあ・さぽーとで8mの大作を、子どもと一緒に描くというイベントを企画してもらったのです。

↓ で、最初に描いた下絵がこちら。

海と浜辺、そして青い空を入れてほしいという山城さんのリクエストによって描き起こした下絵です。テキトーに描いたように見えますが、この絵の構図には一応工夫があって、構図の下にピンクで指示された部分がそれです。
斜めになっている水平線が肝で、この線を境に海と陸と空が分かれているというワケ♪

細長い構図の上下に海と陸と空という3つのアイテムを入れようとして、こんな構図で工夫する方法を選びました。

すでに8mのロールキャンバスには、指示した通りの直線と波や子どもたちのアタリがが引かれていて準備は完璧です。

作業開始時間は9:30。
子どもたちがやってくるのは13:30ですからけっこう余裕かな♪
さて、いざ直線をアクリル絵具引きはじめると、何か違和感が・・・。

あれ? アクリルキャンバスって、こんな水気を吸い込んだっけ。妙にザラついて感触が良くないけど・・も、もしや?

はたして鉛筆でアタリがつけられていたのは、キャンバスの裏側でした。
担当のYu-koさんはデザイン学校を出てますが、当然油彩などキャンバスを扱ったことがないので、これは盲点でした。

大急ぎで裏返しにして、アウトラインの描き直し。

大城さんには40分前に始めれば十二分なんて豪語してましたが、スタート4時間前に到着して、時間を与えられていて良かった!

Yu-koさんをアシスタントに、下絵は着々と出来上がっていきました。

つづく

↓ こちらが完成図。クリックすると全体の拡大画面がUPされます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8mの大作 | トップ | 真田丸 vs 山岡荘八の「徳川... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL