小暮満寿雄 Art Blog

ダジャレbotと間違われますが、本職は赤坂在住の画家です。作品の他お相撲、食やポリティカルな話も多し。右翼ではありません

八重洲ダクシンで沖縄ミーティング

2016-10-18 11:16:49 | Weblog

先週の火曜日の写真ですが、こちら八重洲の南インド料理店ダクシンのアラカルト。ここに来ると必ず頼むのが、南インドにもないホタテのカレーで、魚介を使ったカレーはまさに絶品。

沖縄からの来客と堪能したのですが、この日の目的は子どもと一緒に描く横8m×縦1mの大作に使うキャンバスと絵具、筆を購入すること。
新宿の世界堂本店で集合し、 10mのロール・キャンバスを豪快に大人買い。
続いてアクリルやブラシも比較的安価なものを大人買い♪

もちろん沖縄にも画材屋さんはあるのですが、世界堂本店は日本一大きな画材屋さん。ロール・キャンバスは取り寄せないといけないそうで、必要な素材を揃えるにはまたとない機会だったようです。画材購入後は銀座に出て、新しく出来た日産ギャラリーを見たりして、文字通りの銀ブラ。クライアントさま、たっての願いで沖縄の物産館にも行きました。

沖縄にあるのだから、別に行くことないじゃないかと思うのですが、なんせ品揃えが多いから色々沖縄のものコンパクトに入手できるのですね。
地元のものが、また違った形で見られるというので、満足してもらったようです。

夕方からはダクシンでミーティング。
インド料理はさほどお酒が進まないので、大酒飲みの集まりには丁度良いのです。

沖縄組2名、あ@花さん、わたしの4人で談笑していた時、ふと沖縄組の人が言いました。

「栗本さんに声をかけないで良かったですかね。小田原だから遠いと思って、あえて遠慮してたんですけど」 

「あ。栗本さん、忘れてた」

「小田原だったら新幹線で1本なんですけど、別にええですよ。どうせ、また婚活とかガールズトークだし」

「そうですか、なんか悪いことしちゃったみたいで」

「いい、いい。大丈夫、カンケーない」

「でも、栗本さん。またFacebookとかブログ見ていじけるよ」

「じゃ、今メッセして、沖縄組と一緒だって言おうか」

いや。別にイヂワルで呼ばなかったワケじゃありません。
本当にコロッと忘れてただけ。

今回も栗本さんのドンくささは、こちらあ@花さんのブログを参照のこと

ホテルの予約の仕方なんか、旅慣れてるくせにホント信じられないよね。

ちゅうわけで、栗本さんをダクシンにはいずれ連れていく予定ですが、その前に沖縄がどんな珍道中になるのか。今から楽しみです。

子どもと絵を描く様子も、動画をUPする予定なので、乞うご期待!

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | アレキサンドル・タローのゴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL