おかもとまさこのごはんBLOG

管理栄養士/国際薬膳師 岡本正子
食べものと食べ方で人生は変ります。
おいしく食べて幸せになるお手伝いをします。

『薬膳を楽しむ会』食材を楽しむ 山査子・玫瑰花・白きくらげ

2017年05月12日 13時34分04秒 | 薬膳講座
今月の『薬膳を楽しむ会』は、上海で手に入れた食薬とレシピで。
食材を楽しんでいただきました。


・玫瑰花(まいかいか)のお寿司

・きくらげと春雨のスープ

・豚ももの山査子(さんざし)ソース
   山査子煎じ液で豚ももかたまり肉をことこと煮ます。
   煎じ液を山査子こご煮詰めてソースに。
   砂糖、塩だけの味つけですが、山査子の酸味がマッチしています。
   レシピはこちら

・りんごと胡桃の山査子ドレッシング
   胡桃は飴がらめにして、サラダにトッピングしました。
   山査子煎じ液の山査子を半分取り分け、刻んでドレッシングを作りました。

・豆乳かんと白キクラゲのスイーツ
   これは、上海の屋台で食べたスイーツをアレンジしました。
   オリジナルは、豆腐に白キクラゲのシロップ煮をかけたもの。
   なつめやハスの実が入っていました。
   今回は、豆乳で寒天ゼリーに。
   なつめとくこ入りです。

お茶は、黒豆はと麦茶。

玫瑰花はこうして花びらをはずして、寿司酢につけ込んでお寿司に。
   

下ごしらえした食材がきれいです。
  

新しい会員さんも増えました。






本日の主な食材の効能です。

玫瑰花(辛微苦温/肝脾/理気)行気解鬱・和血散瘀
菊花(辛甘微苦微寒/肝肺/清肝明目)
 黒きくらげ(甘涼/心大腸/涼血止血)
 豚肉(甘鹹平/脾胃腎/滋陰・潤燥)
 山査(温甘酸/脾胃肝/消食・活血化瘀)
 白きくらげ(甘淡平/肺胃腎/滋陰潤肺)
豆乳(甘平/肺脾大腸膀胱/潤肺化痰)
 枸杞子(甘平/肝腎肺/慈陰)
棗なつめ(甘温/脾胃/補気)

食材の働きを知り、季節や風土、体質・体調に即して材料選択をし調理したもので、
一層の健康を手に入れましょうね。

皆さん、ほら、つやつやで元気ですよ。


来月はデドックスの薬膳です。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会福祉法人さくらの園の給食 | トップ | 豚もも肉の山査子(さんざし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。