おかもとまさこのごはんBLOG

管理栄養士/国際薬膳師 岡本正子
食べものと食べ方で人生は変ります。
おいしく食べて幸せになるお手伝いをします。

ぐるっとパス 埼玉県立近代美術館

2017年08月09日 11時22分54秒 | 旅 日本
本日はぐるっとパスで、埼玉県立近代美術館へ。
緑の美しい公園の中に建っています。


おめあては『遠藤利克展』。

木、火、水を中心モチーフにした巨大な作品が迷路のように入り組んだ展示スペースに置かれています。
大きな丸木が炎で焼かれて繋いで横たわる。

輪、円い、空洞。

私は作品の周りをグルグル、ぐるぐる巡りました。
一歩動くごとに、見えてくるものが変わっていくのが、不思議であり心地よいです。
美術館は静か。

帰宅してネットで見つけた「無題」という3メートルほどの円柱がぐるりと巡る作品。

会場で撮影していいのは2作品だけで。
画像を拝借。
この火に焼かれた円柱の周りをぐるぐる巡って、不思議な感じがしました。
外から輪の中に入るのにバリアを超えるような。

インスタレーション。昨年、庭園美術館でボルタンスキーの作品を見て、生まれて初めて知った表現方法です。
自分が作品の中に入っていけるような楽しみがあります。

吹き抜けに置かれた
「空洞説ー薬療師の舟」。


2階から見た。


地階、真横から見た。


使われている、木、水、火、鉄。野外展示場では土を掘って作品が置かれる。
中国の五行に通じる世界の5つの要素と同じ。
タイトル「神聖の考古学」というのが頷けます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20分ごはんで今日も元気 | トップ | 静かなさくらの園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。