おかもとまさこのごはんBLOG

管理栄養士/国際薬膳師 岡本正子
食べものと食べ方で人生は変ります。
おいしく食べて幸せになるお手伝いをします。

ねりじょはうすlunaの料理教室 『春キャベツを楽しむレシピ』

2017年04月05日 17時25分29秒 | ねりじょはうすLuna
4月のねりじょはうすlunaの料理教室。

助産所ねりじょハウスLunaは、大泉学園にある頼もしい助産所です。
産前産後のお母さんを支える様々な活動をしています。

今回はリクエストのあった春キャベツを使いました。
  

・キャベツご飯
  五分づき米にコーンを入れて炊きます。
  春キャベツの緑のきれいな外葉をみじん切りにし、塩昆布もみ、
  炊きあがったご飯に混ぜました。

・春野菜スープ
  ベースは昆布の和のだし。
  玉ねぎ粗みじんをことこと煮て、クリームコーンを入れます。
  さっとゆでた、そら豆、エンドウ豆、湯むきしたミニトマトを
  最後に入れてひと煮立ちさせ、豆乳を入れました。

・春キャベツと肉団子の重ね蒸し
  ひき肉にキャベツの芯のみじん切りを混ぜて団子にし、手でちぎった
  キャベツにのせて、蒸し煮。
  酢じょうゆでいただきます。

・キャベツの甘酢 
  キャベツ、にんじん、セロリを切って一塩してなじませ、酢と砂糖で
  さっくり混ぜたシンプルな野菜料理です。

・レモンのムース
  材料は牛乳、ヨーグルト、ゼラチン、レモン果汁とレモン皮のすりおろし。
  いい香りが気の巡りをよくします。

材料を並べて。
  

キャベツをちぎる、肉団子を作る。
 

ご飯が炊きあがると、コーンの甘い香りが。
   
この炊飯器は、酵素玄米用の高機能なお釜です。

さあ、できあがり。はい、撮影です。
    

元気いっぱいな助産師さんとデザイナーさん。

新レシピの相談もして、アイディアをたっぷりいただきました。
今日もありがとうございます!

毎月のお楽しみ。牧野記念庭園で花を眺めました。
これは仙台屋桜といいます。
  
高知のせんだいやという所(店かしら)で牧野富太郎が見つけ
移植した桜の二代目。
春爛漫ですね!
私は、腰痛がひさびさに出て、ちょっと難儀ですが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 助産院ごはんはやさしい味 | トップ | お花見 さくらの園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ねりじょはうすLuna」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。