おかもとまさこのごはんBLOG

管理栄養士/国際薬膳師 岡本正子
食べものと食べ方で人生は変ります。
おいしく食べて幸せになるお手伝いをします。

梅雨時 湿をとる 健脾利湿の薬膳

2017年06月16日 15時24分04秒 | 薬膳講座
『薬膳を楽しむ会』、6月は梅雨時の湿邪を取り払う健脾利湿の薬膳を作りました。

この時季は湿邪の侵入により、脾の運化作用に障害がおこり水が停滞。
さらに腎に影響し、腎の排尿の働きが悪くなります。

そこで今月は「健脾利湿」という立法で献立をたてました。

できたお膳。
   
・はと麦入り枝豆ご飯
  補血ににんじんを入れて、はと麦のゆで汁と発芽米を一緒に炊きました。
  炊きあがりに、枝豆と新生姜をたっぷり混ぜました。

・小豆ポタージュ
  
・冬瓜と鶏ひき肉の重ね蒸し とうもろこしあん
  冬瓜、とうもろこし、ともに清熱利尿の効果があり、夏には欠かせません。
  レシピはこちら

・そら豆かん
  そら豆と長芋を寒天寄せにしたものです。

・さくらんぼとハーブティーのゼリー
  さくらんぼは去風湿の働き。
  ハーブティーは、ハイビスカスとローズヒップです。
  活血と理気の効果が期待できます。
  香りのよいものは、芳香化湿といい、湿をとってくれます。

材料が並ぶと、見ているだけで気分がいい。
  

会員の皆さん、はつらつとなさっています。


  





下ごしらえが進んでいる食材もきれいです。
   

かなり難易度は高いメニューでしたが、皆さんさくさく調理。
さあ、いただきましょう。


来月も夏の薬膳です。
食べ物の効能を知り、季節、体質・体調に合わせて食材を選んで作った料理で
元気に夏を乗り越えましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会福祉法人さくらの園の給食 | トップ | 今日の料理始まります »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。