おかもとまさこの ごはんBLOG

管理栄養士/国際薬膳師 岡本正子
食べものと食べ方で人生は変ります。
おいしく食べて幸せになるお手伝いをします。

今日は和食 さくらの園

2016年06月27日 12時46分16秒 | さくらの園


今日の献立。
五穀ご飯
具沢山みそ汁
さわら西京漬け
青菜ごまあえ
ひじき煮付け
ミルクデザート

今日も満足ごはんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国分寺 猿酔家さすけ

2016年06月26日 09時30分22秒 | そとごはん
25日の夜は古い友人と旧交を温めました。
彼女の案内で、国分寺の猿酔家さすけへ。

この店は国分寺産の野菜「こくベジ」を使った料理を出してくれます。


焼きトウモロコシ、枝豆、きゅうりの1本漬け
どれも国分寺産です。

以前、親子の農業体験を友人と一緒に企画し、インゲンの収穫をお願いした小坂さんや
最近の自分の講座に野菜を提供してくださった清水さんもこくベジの生産者さんです。

地域に根ざしたこのような活動、ステキです。


手前の炙り穴子は里芋のサラダが下に。
ローストズッキーニを添えて。

向こうは鰹の刺身を岩塩で。
添えた野菜も、里芋も全部、国分寺です。

共に子どもたちを育て、食品の安全も考え合った友人。消費者の立場で農業委員を何期もつとめた
野菜の専門家です。
色々な話ができて楽しい夜でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のんびり 幸せな朝

2016年06月25日 09時03分48秒 | おうちごはん
6月の大仕事がすっかり終了して、なんて開放的な気分の朝
でしょう。

ゆったりお茶と果実。
   

今日の助産院の仕事はご入院がなく、キャンセルに。
ほんとうの休日です。

私は38歳で二葉栄養専門学校に入学し、40歳で栄養士になりました。
その母校が80周年を迎えるということで、記念誌が発行されます。
夕方は、卒業生インタビューをお受けすることになっています。
7年後、管理栄養士の国家試験に合格できたのも、母校の懇切丁寧な
卒業生講座があったからです。

さて、昨晩はのんびりとした晩ごはんでした。
家人は演奏旅行なので、ひとりで。
   
ナスのミートソースグラタン、コールスローサラダ、
まぐろのづけ、すいかの皮の麹もみ。
シェリー酒(ティオぺぺ)を友にして。

YouTubeで大好きな「よしもと新喜劇」も観ました。


23日の晩。
   
試作で作った、あじの開きのおろし梅ソース。すいかの麹もみづけ、冷や奴など。

圧力鍋で作った玄米リゾットもいいできです。
  

夕方のインタビューが終わったあと、旧友と一献。
わくわくする1日です。  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジェリーベ通信 2016年夏号

2016年06月24日 15時09分19秒 | 掲載誌
エンジェリーベ通信 2016年夏号です。

   

夏らしい離乳食を作りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第10期 産後ドゥーラ養成講座『産前産後の食事と衛生管理』

2016年06月24日 14時39分36秒 | 食育講座
本日は、一般社団法人ドゥーラ協会主催の産後ドゥーラ養成講座の講師
の仕事でした。
4月から始まった第10期の講座は、今日が最終日。
皆さん、気合いが入っています。
遠く、九州や近畿からの受講生さんもいらっしゃいます。


産前産後の女性の食事の実態、長年、助産院で
妊産婦さんとおつき合いしてきましたので、事例などもひいて
お話しました。


協会のスタッフ撮影

運営スタッフさんが、最近、アメリカのドゥーラの活動を視察にいかれた
話も伺い、とても興味深く感じました。

日本ではまだまだ認知度が低いですが、産前産後の女性に寄り添う存在、
とても大切だと思います。

これからは、行政にも「子産み、子育て」の支援として、理解と助成をして
もらいたいものです。

先日、10日の国分寺助産師会主催の講座にも、横浜から産後ドゥーラさんが
参加してくださいました。
専門性の高い勉強をされている姿に感服いたします。

私も前回の講座のときのご意見を伺い、情報収集についての項を加えて、
パワーポイントと配布のプリント資料を手直ししました。

仕事は、常に「計画」plan → 「実行」do → 「評価」study → 「改善」act
のくり返しですものね。

今日の講座で、何か持ち帰っていただけましたら、大変嬉しいです。
いつもながら、自分もとても勉強になりました。

6月も色々盛りだくさんの月でしたが、これで6つの講座、終了。
ほっとしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聴いた 食べた 会った 作った 

2016年06月23日 09時05分27秒 | おうちごはん
とても盛りだくさんな1週間でした。

18日は、阿佐ヶ谷のヴィオロンでライブ演奏会。
お客様ニンニさん、日本で最後の演奏でした。

私は、友人との食事会があり、1時間ほど顔をだして、阿佐ヶ谷に
行きました。

お昼ごはんは、菜食のニンニさんにトマトソースパスタと豆のスープ。
   

19日の朝にニンニさんが出発され、夕方にはポルトガルのアナマリアさんが
おいでになりました。
自分の仕事が終わってからのごはん作りで、ちゃんと写真を撮りませんでした。


1週間の演奏旅行が始まる2人は、画像や器機のチェック。
   
アナマリアさんは画家なのです。絵画と演奏のコラボとなります。

20日。友達の家でホームパーティー。
仕事を終えてかけつけました。私も前日の夜にローストポークと
紫キャベツのマリネを作っていきました。
   
30年来の友人との語らいは楽しい。
でも、翌日の講座を日曜まですっかり忘れていて、材料買い出しのため
早々においとましました。ほんとに残念。
お客様続きで、自分の大事な仕事を忘れてしまうなんて。。。

21日、家人は演奏旅行にでかけ、ひとりごはん。
   
冷蔵庫のストック料理や野菜を使いました。
お客様のための料理が随分たまっていました。
保存容器がこんなにあきました。
   
冷蔵庫がすっきり。

22日。自分のために楽しく料理。
   
簡単な野菜料理。

それに、ミートソースとパスタ。
   

さて、今日は在宅で、次の仕事を片付けます。
メーカーさんむけのレシピ作成と試作、レシピのコラム。
そして、明日の講座のパワーポイントの手直し完成とチェック。
もう少し、がんばりましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さかもと助産所『みんなdeランチ』梅雨どきのさわかやメニュー

2016年06月22日 16時33分45秒 | さかもと助産所みんなdeランチ
今日は第4水曜日。さかもと助産所の『みんなdeランチ』です。
雨のなか、赤ちゃん連れのご参加をありがとうございます。

野菜も沢山。


豆やゼラチン、寒天や。


じめじめした梅雨どき、体に余分な水分が溜まらないよう、
利水効果のあるもの、香りや酸味のもの、血を補うものなどで。


・とうもろこしご飯
  とうもろこしは実をはずして、軸とひげねを茹でます。
  茹で汁と実を入れて炊いたご飯はほのかな甘味。
  そして茹で汁も飲んでいただきました。
  利尿作用があり、体がすっきりします。

・豆まめポタージュ
  前日の矢島助産院の講座と同じスープですが、豆の種類が
  違います。今日はむき緑豆をイエロースプリット(黄えんどう)。
  玉ねぎ、にんじんと一緒にことこと煮て、豆乳を加え、
  水溶き片栗粉でとろみをつけます。

・オーブン焼き梅干しコロッケ
  圧力鍋で蒸したじゃがいものマッシュ、油なしで炒めた玉ねぎ、
  にんじん、それに練り梅を入れてコロッケ種にします。
  トマト、レタスを添えて。

・トマト寒天サラダ
  トマトジュースを寒天で固めて。
  豆腐、かりかりじゃこ、大葉。
  オリーブオイル、りんご酢、薄口しょうゆのドレッシングで。

・黒豆とぶどうジュースの茶巾ゼリー

スープやトマト寒天は赤ちゃんにも大好評でした。

食事後の交流会でみなさん、いつものように盛り上がりました。

帰り道。雨露にぬれた可愛い花。
   
「へくそかずら」とは可愛そうな名前ですね。

次回は7月27日です。
夏野菜たっぷりのメニューです。ご期待ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矢島助産院『食事の講座』家族みんなで一緒のごはん

2016年06月21日 16時06分03秒 | 講習会ごはん
今日は、矢島助産院『食事の講座』。産後・離乳食のごはん作りを
デモ形式で、皆さんにご覧いただいています。
できあがったごはんを一緒に、「いただきます」。

材料です。今回は大麦と豆を使います。

基本のだしは、昆布とかつお節。

献立は、大麦リゾット、豆まめポタージュスープ、
りんごジュースのゼリー。
   
こんなクリーム色の食べもの、中国の五行では「脾」に
あたり、消化吸収しやすい食べものが多いのです。

左の鍋は豆のポタージュ、右はリゾットを煮ています。
 
豆は、皮をむいた、レンズ豆と黄色エンドウ豆。どちらもすぐに
煮崩れ、やわらかくなります。
こちらの野菜は玉ねぎ、にんじんです。
豆と一緒にだしと煮ます。
豆乳を加えてひと煮立ちさせ、片栗粉でとろみをつけました。

大麦リゾットは、玉ねぎ、ごぼう、にんじん、しめじ、にんにくと。
野菜を炒め、大麦を加え、だしを大麦の4倍量いれて、ことこと
20~25分煮ます。塩と少量のしょうゆで味つけ。

どちらも赤ちゃんにもあげられます。
塩気はごく薄くても、だしと素材の美味しさで、満足感があります。

雨の中、沢山の赤ちゃん連れのママさんがいらしてくださいました。
ありがとうございます。

次回の『食事の講座』産後・離乳食編は、8月23日(水曜日)です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

低エネルギーのさくらのごはん

2016年06月20日 12時29分20秒 | さくらの園
今日は洋風散らし寿司。


野菜たっぷりのお寿司
つみれ汁
かに玉
ヨーグルト

カルシウムと鉄分が豊富なお昼ごはんです。
ご馳走さまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日もおめでとうの助産院ごはん

2016年06月19日 15時40分17秒 | 助産院のごはん
朝見たヒルガオの花が、生き生きと咲いていました。

まるで園芸種のように大きく色濃い。

しずかな助産院ですが、朝にご入院がありました。お産が進んでいます。

材料を並べて思案。

お産後には消化しやすいやさしいごはんを。

黒米も炒って食べやすくします。

だしは、昆布と煮干し。

できました。

赤ちゃんも誕生しました。

・黒米のじゃこ寿司
茗荷入り。

・大麦と大豆のみそスープ

・高野豆腐のロールキャベツは定番

・蒸しにんじんのナムル

・わかめと白きくらげの梅ダレ

・りんご寒天ゼリー

幸せな空気に満ちた助産院です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

引き続きお客様ごはん

2016年06月18日 10時24分34秒 | おうちごはん
今日は休みです。
ごはんの支度しながら、仕事し、ブログをしたためます。
   
明日の朝、イタリアへ帰国されるお客様に。
パスタソースはトマトジュースと野菜で。
菜食のニンニさん、魚介類はOKなので、それほど大変ではない。
スープには緑豆。
サラダは、菊花を入れます。

昨日の夜食は、家人とニンニさんのため。
   
演奏で出かけて帰りは深夜でした。

私はひとりで。
   

これは、17日の朝、出かける前にお客様に作った散らし寿司材料で。

朝のお客様ごはん。
   
鮭と海老をのせたお寿司。
ヨーロッパでは、お寿司は大人気だから、喜ばれるだろうと思いまして。
おすましは具をセットして。
それに果実。

パワーポイント資料、今日こそ作り直し、完成させます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬膳を楽しむ会『梅雨どきの湿気とりの薬膳』

2016年06月17日 13時03分55秒 | 薬膳講座
じめじめした日が続きます。
梅雨どきは、体の外にも内にも、「湿」が溜まりがちです。
そんな季節をスッキリ過ごせる、台所薬膳、今日も、皆さんと作りましょう。

こんな材料で。

健脾のもの、利湿のもの、補気、理気、消食のもの。体に湿気を溜めないために、色々な角度から
食材を選びました。

出来上がりです。

・大麦のリゾット
ごぼう、玉ねぎ、にんじん、しめじ、にんにくを
みじん切りにして炒め、大麦とことこと煮ました。

・トマトポタージュスープ
玉ねぎ、セロリ、じゃがいもをだしで煮て、最後にトマトジュースを加え、ミキサーにかけます。

・白身魚のえのきあん
三つ葉、レモンを添えて、気の巡りをよくします。

・そら豆かん
利湿の働きがあるそら豆。
この会で、毎年この季節に必ず使います。
梅ダレを添えてました。

・フルーツミントゼリー

最近、興味深く使っている、粉寒天と粉ゼラチンを両方使いました。

お茶はローズヒップとカモミール。
カモミールは会員さんがお庭から摘んで来てくださいました。

今日の会員さん。





新しい会員さんもお入りです。

皆さんいつもながら、手際がいい。


暑さと湿気と両方ある梅雨どき。
季節と体に合った食べ物、調味料、そして、調理法を選んで、すっきり元気に過ごしましょうね。

さあ、いただきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菜食のお客様ごはん

2016年06月16日 11時34分43秒 | おうちごはん
2日連続で在宅です。
朝はごはん前にひと仕事し、ファイルを送付してほっとしました。

遅い朝ごはん。
昨晩遅くにいらしたイタリアの演奏家ニンニさんと。
   
彼は菜食なので、こんなごはん。
   
野菜と卵の炒飯とコーン野菜スープ。小さなサラダ、果実。

ヨーロッパに行くと、菜食主義の方が多くて驚きます。
ただ、ごく緩やかで、魚介OKなことが多いです。
レストランにはヴィーガン向けのメニューがありました。
数軒しか行かなかったですが、どこも、ありました。

家人は昨日も演奏会でいませんでした。今月は特に多くて、15回以上あります。
それで、昨日はひとりごはん。


仕事がたて込んで、ゆっくり作れません。
コンビニでフライドチキン買ってしまいました。

昨日は、及源鋳造に電話して、ネットで欲しい鍋敷きの数量入力が
3までなので困っていると連絡。
すぐに設定を替えてくださり、5つ注文できました。
ヨーロッパでお世話になった方々にお送りする予定です。
岩手の及源さんに電話して、お話でき、なんだかほのぼのしました。

今日は、パワーポイント資料をひとつ改訂します。
そして、夜は、家人とニンニさんの演奏会行くつもり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

及源の鉄鍋ごはん 在宅日の楽しみ

2016年06月15日 12時11分53秒 | おうちごはん
及源鋳造の鉄鍋でご飯を炊くのは毎日のことではなく、
休日だけの楽しみです。
   
お米は、先日の国分寺助産師会主催講座に参加してださった
矢島助産院でご出産のママさんがくださったもの。
美味しいです。
果実は、清水農園の宇和ゴールド。
だしも朝とった。できたてのみそ汁とご飯が最高のごちそうです。

2015年版の食品成分表で、栄養成分が改訂され、驚いたのが「ひじき」
でした。鉄分豊富な食品と思っていたのが、製造方法の変化により、鉄分が
1/9に減少です。
鉄鍋で煮て乾燥させたものと、ステンレス鍋で作ったものの差。
今はほとんどがステンレス鍋使用なのでこういう結果に。

でも、そうすると、家庭で鉄鍋などを使うと、鉄分アップはできるということね。
及源鋳造さんなどの鋳物産業に頑張ってもらいたいです。

今週は3日の在宅日があり、自由時間はほとんどないけれど、自分スタイルで
仕事を進められます。

ほんとに、この頃おおざっぱ過ぎる晩ごはん。14日。
   
パンありパスタあり。。なんですか、これ。
出来合いの砂肝スモーク。
ミニトマト、ウズラ卵、ラディッシュは小鉢に入れただけ。

13日。
   
麻婆ナス的な炒め物をのせた焼きそば。など。

12日は一人ごはんでした。
   
ペンネをゆでて、キャベツと。これは、14日の晩にも登場。
ズッキーニクミンソテー、もみ漬け、ポテトサラダ、冷や奴。

さてと、今日締切の仕事に取りかかりましょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矢島助産院 しあわせなごはん作り

2016年06月14日 18時15分25秒 | 助産院のごはん
朝の公園。
   
くちなしが咲き出していました。

昨日、古くからの友人のお嬢さんが矢島助産院で2人めの
赤ちゃんをご出産され、わくわくして出勤。
生まれたときから知っている可愛いSちゃんがママに。

ほのぼのした気持ちで、ごはんを作りました。
こんな材料。
  
特別なものは何もなく。普通の食材で。

はい、おめでとうごはん。

・うるち米の小豆ご飯
  さつまいも入りです。

・野菜のとろみ豆乳スープ
  むいた緑豆、玉ねぎ、にんじん、大豆をだしてことこと。
  緑豆が煮崩れてから豆乳を加えて、片栗粉でとろみづけ。

上左から
・大根と蒸しにんじんの塩昆布あえ
  東都生協の塩昆布が大のお気に入りです。

・高野豆腐のあっさりあんかけ煮
  ここにもにんじん。
  玉ねぎ、にんにく、生姜。スナップエンドウ。

・切り干しひじきのサラダ
  にんじん、玉ねぎ、きゅうりで。

・すいか

久し振りの助産院。
友人とも会えてとても嬉しい1日です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加