手作り石けん しゃぼんの木

手作り石けんの備忘録、
日常のこと あれこれ…
愛犬 福助の成長記録
Instagram huku0825

NEW❗️ムルムル豆乳石けん

2016-10-14 03:05:24 | 手作り石鹸
ムルムルヤシのバターを
全体の5%後入れして作る
しゃぼんの木の定番『ムルムル豆乳石けん』を
仕込みました〜〜( ´ ▽ ` )ノ

今回は
ちょっとだけ可愛くしてみようと思います💕💕


いつものように、必要な水分の半量を豆乳に置き換えて 混ぜてる途中で加えますよ〜



オイル類と苛性ソーダ水の温度が合ったら
オイルのボールの方へ苛性ソーダ水を加えます!




混ぜ始め




5分後




10分後




ココで 常温の豆乳を投入( ̄∀ ̄)お約束(笑)




豆乳を加えると 生地の温度が上がります
牛乳や アルコールをとばした日本酒なんかを加えた時にも同じ事が起こりますね、
なので、これらの素材を混ぜる時には最初のオイルと苛性ソーダ水の温度をいつもより低めにしています^_^真冬で、生地がどんどん冷えてしまいそうな場合は 普通どおりでもいいけどね(^_−)

同時に この時に 独特のニオイが発生しますが💦
カットして 乾燥&熟成してる間に この気になるニオイは無くなりますからご安心下さいね!




そのまま 混ぜ続けると どんどん泡立て器が
重くなってきます

生地を垂らして 跡が残るようになったら、
主役のムルムルバター✨を投入します⤴︎

ムルムルバターは常温だとこんな感じ↓

レンジでチン!して溶かして混ぜ込みます^ ^


最後に 精油で香りづけ♪

フランキンセンスとオレンジスイートはよく使いますが ベルガモットはあまり使いません
今回は 甘いだけではなく 少しだけビターなブレンドにしてみましたよ〜


型と飾り用の石けんを準備します⤴︎


今回も、少し斜めにしてスタンバイ^_^



さて、頭の中にはイメージがしっかりとあるんですが どうやったらイメージ通りにいくかな?

いつも 作る時 大切にしている事がまさにそこで
私の石けん作りの重要な部分です!





まずは、生地をこのくらい流し込んで…




飾り用の丸コンフェをこの辺りに並べていきます




こんな感じになりましたね





その上に生地を優しく乗せていきます





そして また丸コンフェを少しズラして並べます





こんな感じです





残りの生地を優しく乗せてから型を水平に戻します

型は 最初から水平にしても良かったのかもしれないけど、なんか斜めにしてた方が飾り用のコンフェの収まり良いかな🙄って思ったので斜めにしました



よく見えませんが、横から見るとこんな感じです





ホントは 生地は真っ白が良かったけど
豆乳石けんの場合ベースの生地は 少しベージュですからね^ ^
だからと言ってクレイや二酸化チタンなんかで 無理やり白くしたくは無いので、
このまま行ってみましょう⤴︎
案外 ベージュでも良いかもしれないしね(^_−)




私のイメージは
カットしたら黄色い丸コンフェが
ポコポコと…
それを大豆に見立てているんですけどね(´∀`*)

うまく イメージ通りの断面が見れると良いけど

カットが楽しみです⤴︎⤴︎⤴︎







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹炭石けん  | トップ | 竹炭石けんをカットしました〜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。