Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

「ミュシャ展」から 2

2017年05月17日 13時52分46秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等


 「ルヤーナ島でのスヴァントヴィート祭-神々が戦いにあるとき、救済は諸芸術の中にある-」(1912年作)。スラヴ叙事詩の最初につくられた3作品の2番目の作品。
 こちらもキリスト教を奉じるゲルマン民族と、多神教のスラヴ民族の熾烈な争いを背景としている。バルト海沿岸のルヤーナ島を信仰の要地としてスヴァントヴィートを祀った。1168年、ゲルマン民族のデーン人がこの地に侵入、ゲルマン化された。上部の天空の左がゲルマンの戦いの神、右がスラヴのスヴァントヴィートという。
 そして画面の中央下に、前作ほどには目立たないが、こちらを見つめる白衣を着た赤子を抱く母親が描かれている。「スラヴ人が生まれもっていた栄光は、落日の光の中で薄れていく」情景を描いていると解説されている。
 前作のこちらに訴えかけるほどの悲惨な眼ではないが、はかなげである。何か諦念を表しているかのようである。
 母性を象徴するものとしての女性の像が、一般化、普遍化して聖母像のように昇華している。

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ことばは知識ではなく体験... | トップ | 朝から眩暈‥本日は休養日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。