Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

ヘンデル・ヴァイオリンソナタ(ヨゼフ・スーク)

2017年06月18日 11時40分34秒 | 読書
 今朝はのんびりとするつもりでいた。しかし夕べ家に帰ると妻が熱を出していた。早めに寝かせたものの私自身はパソコンの前でうたた寝。
 妻の熱は今朝には37.6℃と高くなっていた。痰と咳と熱がいまのところの症状。いつものとおりの朝食の支度をしたが、食欲はないようだ。
 買い物のポーターを命じられると思っていたが、それはなさそう。昼食と夕食は当然にも私がつくることになる。昼食の用意まではまだ間があるので、昨晩から聴こうと思っていたヘンデルのヴァイオリンソナタを聴いている。ヨゼフ・スークのヴァイオリン、ハープシコードはズザナ・ルージチコヴァー、1975年の録音。ヨゼフ・スークのヴァイオリンの透明感のある端正な演奏が気に入っている。技巧的にはもっとすごい演奏家もいるし、音の厚みもある演奏家はいる。しかしこの「端正」という形容以外にいい言葉が浮かばないが、私はこのスークの音色をとても好んでいる。「端正」といっても「線の細さ」とはまるで違う。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 60歳代の人間の共通体験 | トップ | 「身のまわり不定形にて梅雨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。