Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

鰯雲(いわしぐも)

2016年10月15日 22時16分12秒 | 俳句関連
 秋は空が澄むので月や星が美しい。確かに月は明るく感じる。本日は名月から一か月後の望月、十五日の月である。満月は明日。満月と十五夜が重なる日は年に半分くらいと聞いている。

 午後はみなとみらい地区から歩いて帰ったが、夕方鱗雲が澄んだ青空を引き立てていた。鰯雲・鱗雲・鯖雲、いづれも巻積雲または高積雲のことである。地表から見るとさざ波のように見える。繋がってはいない小さな雲片が連なって見える。鰯の群れを想像したり、雲の鱗に見立てたりのいみである。あるいは鰯の漁期と重なるからともいう。

★鰯雲日かげは水の音迅く         飯田龍太
★秋の暮巨き雲負ひて街にあり       加藤楸邨
★鰯雲呆けて歩くこともせよ        石田波郷

 昔鰯雲の句で最初に印象に残ったのが、第一句。冷たくなった秋の水は透明度を増して、夏よりは早く、鋭く流れると感じたのだと思った。飯田龍太という俳人に似つかわしい印象が鮮烈な句だという風にも習った。
 最近は加藤楸邨の句集と石田波郷の句集ばかりをめくっている。「秋の暮」、思いもかけず「巨き雲」と繋がっていておやっと思う。鰯雲などではなく「巨き雲」とは何の象徴・比喩なのだろうか、と悩んでみた。先週までのように熱い雲に覆われた不気味な天候であったのだろうか。「寒雷」所収。1937~40年の作品であるらしい。「時代」の世相を読み取るとのは無理だろうか。
 「鰯雲呆けて‥」の句、いつの句かはわからない。本日の私の歩きに似ていなくもない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の講座「社会の希望」(全... | トップ | シベリウス「ヴァイオリン協... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。