Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

朝から眩暈‥本日は休養日

2017年05月17日 15時56分28秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 昨晩遅く帰ってそのまま疲れて寝てしまった。血圧の薬と緑内障の点眼薬を忘れて、朝起きてから慌てて服用、点眼した。
 それが原因なのかわからないが、朝食を摂っているうちに二度ほど眩暈がした。食欲もなかった。眩暈がおさまってから血圧を測ると、上の最高血圧が、150~120の間を行き来しながら下がり続け、最終的に117ほどで落ち着いた。
 いつも寝ている間に血圧が上がり、朝が高めである。薬を朝に飲んだので急激に血圧が下がったのが眩暈の原因なのだろうか。他に原因があるのか、今のところは不明。朝食は結局いつもの紅茶1杯とヨーグルト50CCほどで終了。本日はおとなしくしていることを妻に申し渡された。
 本日の昼間の集会用ののぼり旗と小旗を預かっていたので、10時半前に横浜駅の待ち合わせ場所まで持参して、参加者に渡してきた。
 帰宅する前にドリップコーヒーを淹れてくれる店でコーヒータイム。本の持ち合わせがなかったので有隣堂で急遽「等伯(上)」(安倍龍太郎、文春文庫)を購入。1時間ほど読書タイムとした。
 昼食は地下街のはずれにある定食屋に実に2年ぶりくらいに入り、サバの一夜干しの定食。納豆と大根おろしの小鉢、とん汁という組み合わせで1000円。お腹が膨れると、気分的に落ち着いたような気もする。

 帰宅後は、他に読みかけの本も多数あるが、布団に入って「等伯」を読むことにした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ミュシャ展」から 2 | トップ | 「定家百首」(塚本邦雄)より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。