Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

12月9日は野坂昭如の命日

2016年12月10日 08時54分46秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 昨年12月9日に野坂昭如が亡くなった。12月8日、真珠湾攻撃の記念日の翌日に亡くなっている。そのことがとても重いことのように感じる。12月8日まで野坂昭如は筆を執り、あの戦争については言葉を紡いでいた。

★野坂昭如氏の死去は(2015年)12月9日である。.彼はTBSラジオに寄せた文章は、「明日は十二月八日である」とあるから、最後の言葉である。昔、「辞世の句」があった。「辞世の言葉」となった。
 彼の言葉に中に、「戦後の日本は平和国家だというがたった一日で平和国家に生まれ変わったのだから同じくたった一日でのその平和とやらを守るという名目で軍事国家つまり戦争をすることにだってなりかねない」とあった。⇒【http://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar928687
★また次のように日記に記していたという。「この国に、戦前がひたひたと迫っていることは確か」野坂昭如が死の直前、最後の日記に書き遺したひと言。⇒【http://d.hatena.ne.jp/cangael/20160205/1454629509
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 服に体を合わせる | トップ | 「すえた臭いのする時代」  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。