Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

梅雨に入る

2017年06月15日 23時12分00秒 | 俳句関連
 明後日の会議のための資料作りはようやく8割ほど終了。明日の午前中にどうやら終了できそうである。

★大寺のうしろ明るき梅雨入りかな    前田普羅
★世を隔て人を隔てゝ梅雨に入る     高野素十
★水郷の水の暗さも梅雨に入る      井沢正江
★樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ   日野草城

 第1句、俳句では「梅雨入り」を「ついり」と読ませることもある。私はあまり「俳句ならではの読み方」というのはどうも好きになれないのだが、しかし使い慣れると不思議に使ってしまう。
 前田普羅(1884~1954)と日野草城(1901~1956)はいつかきちんと読んでみたいと思っている俳人である。どうして惹かれるのかも含めてまだまだ私の頭の中は曖昧模糊としている。

 これから久しぶりに夜のウォーキングへ。
ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なかなかはかどらない作業‥ | トップ | 資料作りの作業は終了 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2と4がいいか (通りがかり人)
2017-06-16 05:02:04
喧噪な世や人と、遮断されているというか、自ら引きこもれるというか、うちに戻れるというか、そういうところがいいです。お疲れ。強き腰に戻れたかな。
通りがかり人様 (Fs)
2017-06-16 10:24:36
世の中と遮断されていないのがツライといえばツライのですが‥。
こんなに汚辱と腐敗と開き直りの政権党の下で息をしていると考えただけで、イライラしています。

腰はだましだまし、ですね。もう65年ですっかりガタガタになりました。
戦後72年、社会もガタガタになってしまったのかな、とため息です。
それでも息をしよう (通りがかり人)
2017-06-16 21:12:48
白々しいが、息をしよう。氏のブログを愛する人たちのために、息をしていくしかない。さんざん振り回されるが、自分に戻るしかない。なあんちちちだけれども。
通りがかり人様 (Fs)
2017-06-16 22:57:02
そう、息をするのをやめるわけにはいかないですね。粋に、生きていかねば‥。

コメントを投稿

俳句関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。