Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

「借りる」と落ちつかない

2017年03月06日 22時16分47秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 濃霧注意報が横浜市域に発令されていた。濃霧注意報は横浜では発令されることが少ない。湿度が高く、最高気温は11.5℃までしか上がらず寒い日であった。
 本日は結局一日外に出なかった。グズグズと時間が過ぎて行った。気分も切り替えができず、メリハリの無い過ごし方だったと思う。
 明日は午後から、先日の大腸内視鏡検査の結果を聞きに行くことになっている。晴れるが気温は12℃どまり。

 明日は病院に行く前に、本日読み終わった「ゲルニカ」の返却に図書館におもむく。腰痛体操の本はまだ届いていないが、読み終わったのに手元に本があるというのは落ち着かない。
 昔から人にものを借りるというのが好きになれなかった。大学時代1年・2年のときはノートをよく借りたものであるが、それも翌日には返した。もっとも2年の後半以降はノートを借りるということすらしなくなった。
 今の団地に居を構えるために住宅ローンを組んだが、利率の高い時でボーナスを使って繰り上げ返済に精を出して、返済期間をだいぶ短縮できた。したがってボーナスを使って家族で遊びに行くということはかなり制約を受けた。
 それ以外に人から金銭やものを借りるのは避けてきた。飲み代が足りなくてやむなく借りたことは10回くらいはあるかもしれないが、翌日には基本的に返済している。
 止むを得ず借りる、という生活をしないで生きてこられたのが嬉しい。幸運だったともいえるかもしれない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゲルニカ」(宮下誠)読了 | トップ | 朝のぼやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えらい! (通りがかり人)
2017-03-07 07:53:49
学生時代は返してもらえないレコードとか、たくさんあった。借りて返さないことも、正直、あった。金は貸してやったし、返してもらったし、借りることは、あまりしていない。返せとも言えないことも、場合により、あった。借りたり貸したりしているうちに、人間関係はおかしくなることもある。返さないで平気なのは甘えである。まあ、しかし、難しいな‥この歳にもなると、一概にそう言えないことも時には起きるかもしれない。まあ、しかし、生きる基本ではある。氏が、温かくした部屋で、柔軟な体作りを始めることを、願う。力を入れた前屈はいけません。自然に倒れるとこまででいいのですぞ。自然に開くとこまでで、いい。だんだん可動範囲が広くなり、うれしいことになりますぞえ。
通りがかり人様 (Fs)
2017-03-07 23:36:43
返信遅くなりましたm(__)m

もともと体が硬いので、柔軟体操が苦手でした。
最近もお腹の脂肪が邪魔で、柔軟体操がとてもつらいです(T_T)/

気力が体力をひっぱっていったのは、40代までかな?
最近、とくに神経痛が出てから、気力の衰えを強く感じます。

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。