Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

桜桃忌

2017年06月09日 15時30分02秒 | 読書
 1948(S23)年6月13日が太宰治の忌日。

★黒々と人は雨具を桜桃忌       石川桂郎
★太宰忌の夕日まるごと沈みゆく    中村明子
★またひとつ別れのありて桜桃忌    今村綾子


 太宰治は私はあまり印象に残っていない。いくつか中学・高校時代に読んだが、文章があまり好きになれなかった。
多くの人が影響を受けたといっている。大学時代にも文庫本を大切にそろえていた友人がいた。しかし私は結局大学時代以降は一冊も一頁も読んでいない。こんなことは自慢になるわけがないが‥。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ようやく帰宅 | トップ | 「日本海の拡大と伊豆弧の衝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。