Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

音楽の記憶‥

2016年11月05日 23時18分16秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 朝は病院へ、11時に横浜市西公会堂へ、14時40分から講座、とそれなりにこなしたが、三か所は離れていてもバス路線を使えば効率的に回ることが出来る。暖かい陽射しがあり、気分は悪くない。特に最初に病院でとりあえずの見通しがたったこともあり、気分は上向き。
 とはいえ、当分は節制と減量に精を出さなくてはいけない。

 明日からの旅行までに鈴木其一の「風神雷神図襖」の感想をアップしようと考えてはいたが、旅行後に持ち越しすることにした。

 さて、先ほどアップした今井信子の演奏による「マイ・バッハ・オン・ヴィオラ」、これまで聴いていたよりもっと心地よく心に入ってくる。音楽というもの、突然これまどと違ったように心に沁み込むことが往々にしてある。今回もそんな感じだろうか。これまでは聞いている間は心地よかったが、聴き終わると2~3日経てば記憶からどんどん薄れていく。CDのパッケージを見れば思い出すのではなく、本日は曲のイメージが長く記憶に残るような気がする。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マイ・バッハ・オン・ヴィ... | トップ | これから舘山寺温泉へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事