Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

茨木県で震度6弱

2016年12月28日 23時08分23秒 | 天気と自然災害
 茨城県高萩市で震度6弱の地震が発生。深さ10キロ、マグニチュード6.3という。横浜でも震度3を記録した。
 長い時間揺れていたのでもう少し遠くの地震かと推定したが、頻繁に地震の発生する場所が震源と思われた。しかし震源の深さの割に広範囲に揺れており、規模も大きい。これまでは震度5位だったのだが、今回は揺れが大きかったようだ。震源の深さや、震源の場所の細かな分析が待たれると思う。
 深度6弱ということは被害が出ている可能性がある。今のところ宿泊施設で天井の落下があったとの情報があった。
 TBS/JNNのニュースを自動配信によると「原子力規制庁によると、震度6弱が観測された茨城県内の東海第二原発、日本原子力研究開発機構の各研究施設、核燃料の製造を行う原子燃料工業と三菱原子燃料の施設で異常は確認されていないという」となっている。しかしこの地域にこんなにも原子力施設があるということに今更ながら驚いている。

 ツィッターでの情報はつぎのとおり。この地域は2011年3月11日の震災以降活発化していると指摘している。震災以降最大の地震であったとのこと。


   
ジャンル:
災害
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 円山応挙展から「秋野暁望図」 | トップ | 杖を突いて外出 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (たか)
2016-12-29 01:21:31
凄い揺れでしたね。
高崎も震度3との事でしたが
ストーブを消して掛けて有ったヤカンを手に
ウロウロしたくらいですから3でも強だったのではなかったかと思います。
暫く手が震えていました。

原発と言えば
高濃度の放射性物質を含む指定廃棄物の一時保管をそのまま継続し
濃度が低減したものから段階的に処理するという分散保管が決定されたと言うのです。
保管されている場所と言うのは私の家から車で10分ほど先、自衛隊司令部の有る榛東村ですが
すぐ隣の私達住民には全く知らされていない事でした。
村では「仕方がない」「早く撤去して」という声に分れている様ですが
保管する話が出た時点で立ち上がる者が居なかったのか
何故、近隣地区に説明がされずに事を進
めてしまったのか腑に落ちない事ばかりです。
たか様 (Fs)
2016-12-29 20:38:25
同じ揺れでも、震源が近いと振幅が小さく振動数が多いので揺れが強く感じますね。
横浜では振幅がそれなりに大きかったものの、ゆったりとした揺れでしたのでそんなに慌てませんでした。しかしストーブはすぐに消しました。
放射性物質を含む指定廃棄物の存在、なるほどそれはご心配ですね。自治体をまたげば説明責任はない、というのが政府の姿勢なのでしょうね。
まずは放射能の測定値の情報公開を求めるところから始めるしかないかもしれません。そして安全対策が本当に安全なのか、これまでの政府の対応を見るととても「安全だ」という言葉は信用できないので、住民の手による検証が必要だと思います。
具体性がないとなかなか相手にしてもらえないものの、個人ではなかなかやりきれないですね。

コメントを投稿

天気と自然災害」カテゴリの最新記事