Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

盂蘭盆会

2017年08月13日 10時37分59秒 | 俳句関連
★盆の月ひかりを雲にわかちけり     久保田万太郎
★刃をわたるごとく父来る盆の闇     八田木枯


第1句、この盆の月はかなり膨らんでいる月。半月よりも太い月であってほしい。月の光が溢れるようにして、月の周囲にある雲を照らしている。これは月の光でなければならない。この月の光は泉の水が滾々と途切れることなく、そして空気などの泡が入らないあふれるような光でなければならない。

第2句、この父は亡くなった父なのか、あるいは病身の父が盂蘭盆会に合わせて仮退院してきた父なのか、ふと感じた。素直に読む限り亡くなった父の魂を迎えている盂蘭盆会だとは思うが、幽明境を異にする父と子に限らなくともいいように感じた。
 そして「刃をわたる」の感じ取り方がポイントだ。静かに、すべるように、質感が無く、どのことばもうまく言い表せない。確かに「刃をわたる」なのだ。これは幽霊の体温のなさの延長などと俗っぽい感覚ではいけない。「刃をわたる」に父と子の微妙な親子関係が反映している。父は子に、子は父に何かを言いたいのであろう。しかしそれはそれぞれの個としての生き方に触れて、それを否定してしまいそうな危うい何かにつながる、親子関係では禁忌に触れるものなのである。
 そんな関係を背負いながら盂蘭盆会は連綿と続く。その連続は刃をわたるようにちょっとしたことで破綻をきたしてしまうような親子関係の危うい連鎖で繋がっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネット接続で支障が出てくる... | トップ | 明日からまた車が増えると思... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。