Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

謡曲「海士」を読む

2017年05月05日 22時34分28秒 | 読書
 謡曲「海士」を読み始めた。新潮日本古典集成の「謡曲集」上・中・下の3巻(全100曲)を持っているが、眼をとおしたのは25曲ほど。一番最初に読んだ「定家」が一番印象に残っている。「海士」は上巻に収録されているが、これまで読んだことはなかった。謡曲というのは、さっと目をとおしておしまい、というわけにはいかない。何回も読まないと意図するところがなかなか理解が難しい。
 そして最初のワキの登場、名ノリ、からシテの登場までは言葉も理解しやすい。しかし後半になるにしたがい私などには解説を幾度読んでも理解できないものが多々ある。幾度も繰り返し口に出して、分かるようになるのだとも云われた。
 なかなかそのような時間の撮れない人間には理解は困難なのか、と思っているとき、たまたま能の演目を鑑賞する機会を得た。そのときは「兼平」だったが、以外にも「わかった」ような気持ちになった。たいていは謡曲のコピーがプログラムについている。これがとても嬉しい。能を見るのと謡曲を読む、ともに体験すると理解は早いのかもしれないと感じた。
 しかし如何せん、能のチケットは安くはない。一時期夫婦で続けて幾度か横浜能楽堂に通ったものの、退職してからは行く機会がなくなってしまった。
 私のブログにリンクを張っている「言葉の泉」【⇒こちら】に「海士」の記事があり、触発された。しかし目をとおしてみるとやはりなかなか手ごわい。本日中に目をとおせると思っていたが、一筋縄ではいかない。もう少し時間をかけなければいけないようだ。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「応仁の乱」(呉座勇一) | トップ | 講演会「子規の芭蕉」(復本一郎) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。