Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

夏燕・燕の子

2017年05月25日 23時13分31秒 | 俳句関連
 俳句では「燕」は春の季語。「燕の子」「夏燕」は夏の季語。春の4月に飛来する燕は二回雛を育てるという。今ごろは最初に巣立つ子燕が巣立ちを迎えているようだ。初夏の大気の中を危なっかしくも軽快に富んでいる燕を見かける。
 我が家の傍の地下鉄の出入り口にいつも燕が巣をつくる。見あげながら歩くと階段を踏み外しそうになる。ときどき、子燕が巣の下にある狭いコンクリートの突起のようなところに止まって鋭く鳴いていることがある。果たして巣に戻ることができるのか、ふと心配になることもある。
 同時に地下鉄の階段横の白い壁沿いに、するどく飛び回る親燕の飛翔は鮮やかである。人をかすめて勢いよく一直線に巣にみごとに停まるようすは見ていて飽きることがない。
 通勤・通学脚はほとんど巣を見あげることはない。たいてい見上げる人はわたしのような高齢者ばかりである。

★燕の子仰いで子等に痩せられぬ    加藤楸邨
★白亜紀の海ひろびろと夏燕      岩佐聖子
★むらさきのこゑを山辺に夏燕     飯田蛇笏
★白壁の一閃二閃夏つばめ       村上良三
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本酒「渓流朝しぼり」 | トップ | 我が家のセキセイインコの習性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。