Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

65歳までの働き方

2017年01月25日 22時07分07秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日は現役時代の少しだけ後輩というよりも仲の良い友人だった方と実に6年ぶりくらいに挨拶を交わして、職場の近くの居酒屋で1時間ほど話をした。定年後3年ほど勤めたが「もう疲れた」ということで、完全リタイヤということを言っていた。
 最近はそのような方がかなりいる。60~65歳は体調を崩しやすい年齢なのかもしれない。また再任用という雇用形態が、定年の延長ではないので、職場での位置の取り方がなかなか難しいようだ。60歳定年までならば、若手の指導や、クレーム対策などの一定の役割を職場で果たすこともできるし、やりがいもある。しかし再雇用というとどこかお手伝い的な側面もあり、若手の始動もやりにくいし、クレーム対応も相手に対する重みを示すのが難しい。結局自分の位置が中途半端に思えて、働き続ける意欲が減退していく、という声をよく聴く。
 この友人からも同じようなことを言っている。

 私は再任用には応じなかったが、60歳から65歳の方の処遇、働き方についてはもっといろいろな議論を前向きに丁寧にこなしていかないと、さらなる雇用延長に繋がらないと感じた1時間であった。

 私が解決できることでもないが、また年度内に遭うことを約束して別れた。退職者会の加入の話はまだできなかった。

 しかし今日訪れた居酒屋、日本酒を2合ほどと2皿で3200円。少し高かったけれども美味しいお酒とつまみであった。結構凝っている。財布にゆとりのある時にはもう一度行ってみたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の読了「幻想の肖像」(澁... | トップ | ベートーベン「交響曲第4番」  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
65歳までの家での過ごし方 (通りがかり人)
2017-01-26 13:24:36
いやあ、尿を漏らしちまって、情けないやら、泣けるやら、薬を変えて、ひと月様子を見ます。前立腺肥大ではなく、形が、やや、変形しているとのこと。そんなに珍しいケースではないとのこと。女医さんに膀胱を押され、また、漏らしそうになった。なんか、何かが、背後から近づいてきている恐怖感あり。外にいても家にいても、辛いことばかりがふえてきている。
通りがかり人様 (Fs)
2017-01-26 20:47:56
「前立腺の変形」なんていうのがあるのですか。びっくりです。
女性の医師の診断というのも恥ずかしいやら、私も複雑な心境になります。

なかなかお辛いですね。ご自愛ください。
引きこもりになると、気分が内向きになると思います。気を紛らす方法があるといいのですが‥。

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。