Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

句集「吹越」(加藤楸邨)から -2-

2017年04月20日 23時08分03秒 | 俳句関連
「吹越」から
(1972年作者67歳)
「透明な水」
★淡雪のきえてしまへば東京都
「過去の黄」
★菜を過ぎて過去の黄どつと溢れたり
(1973年作者68歳)
「冬の鏡」
★誰か柚子を持ちてゐるらしデモの中
「手毬唄」
★菜の花に疲れてをればみな昔
★おぼろ夜のかたまりとしてものおもふ

 「手毬唄」の句は二句とも「思う」ことが、心のどこかでしこりや塊となって、いつもそこのところに至っては考えが先に行かない、そんなもどかしさの核になっているような状態を詠んでいるようだ。心の奥にあるこのしこりや塊は「疲れ」の核になることもあり、そして反復の挙句にらせん構造のように上昇することもなく、沈殿していく。60年も70年も付き合い続けている嫌な時間が春の憂鬱である。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「穀雨」と「春深し」 | トップ | 句集「吹越」(加藤楸邨)から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。