Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

肺の検査は異常なしとのこと

2017年05月11日 11時27分48秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
市立病院のレントゲン検査では異常なしとのこと。念のため痰検査とCTの結果は30日に再度来院して教えてもらえることになった。
呼吸器内科で受診したが、腫瘍内科も同じ窓口でちょっとドキッとした。
診断では軽い気管支炎と思われるとのことで、1週間分の抗生物質を処方してみるとも言われた。これで痰が切れれば一件落着。
しかし病院での支払いが1万円余となり、手持ちがなく、クレジット払い。少々あわてた。
薬代はいくらか。横浜駅付近の薬局までドキドキである。

これから関内まで、出かけて会議。

【薬代は700円余りでホッとしたが、1万円札をくずしてしまった。羽が生えたように飛んでいきそう。】
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日は市立病院へ | トップ | 横浜都市発展記念館で地図三昧 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
異常なし… (葦原の山姥)
2017-05-12 00:32:37
身体のあちこちの不調が続いていた御様子でしたから、先ずは、良かった…
長年の酷使に耐えてきたのですから、この先の日々に備えてのメンテナンスの時期なのかもしれませんね

病院の支払い…
初診料もですが、各種の検査料が侮れませんよね
更に、総合病院の場合、どうしても同じ日に複数の診療科をハシゴしますので、その都度請求額がアップするし┓( ̄∇ ̄;)┏
私の場合、薬は約ふた月分を処方されるため、薬代も5000円以上かかります
財布の中身が不安で、薬局は翌日に行ったこともありましたっけ
病院との付き合いは、健康診断程度が理想ですが、現実はなかなか………ですね

ともあれ、油断なさらずご自愛くださいませ
葦原の山姥様 (Fs)
2017-05-13 01:38:31
やはりレントゲン写真だけでは解像度も割るそうですし、立体感がないので、医師も自身が持てないのでしょうね。
CTとレントゲンと痰の培養検査と三点セットで10000円余りが安いのか、高いのか‥‥。私の感覚では安心料としては上限値に近いように感じました。
緑内障の薬も高くて、涙が出ます。
CDプレーヤーに4万かけたり、展覧会に入場料と図録で4000円かけたりするよりにも高く感じる、というと友人からは「頭の中が偏っている証拠だ」と冷やかされます。

油断せずに‥‥と思ってはいますが、どうなることやら。

そう白内障の手術、どうしようか‥‥。

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。