Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

「穀雨」と「春深し」

2017年04月20日 21時27分43秒 | 俳句関連
 4月20日から5月4日までが「穀雨」。百穀をうるおす春雨の季節をさす。5月5日はもう立夏でもある。

★音絶えて独りが怖き穀雨の夜      長島八千代
★まつすぐに草立ちあがる穀雨かな    岬 雪夫
★春深し口より糸を吐く夢も       川原枇杷男
★まぶた重き仏を見たり深き春      細見綾子

 穀雨のイメージとしては明るい雨、柔らかい雨であり、生命力の旺盛さを準備する力が浮かぶが、人の思いはそれだけと正反対のものもある。二十四節気などの季語はそのことばのもつイメージ力が強すぎて、新たなイメージは作りにくい。歳時記などでも節気の季語にはどちらかというと言い古されてしまったイメージの句が並ぶ。「穀雨」も「深き春」もその例にもれず、といったところ。
 第一句の「音絶えて」は「独りが怖き」としたが、果たして成功しているだろうか。本日は私の気持ちにぴったりの句は歳時記からは見つけられなかった。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 句集「吹越」(加藤楸邨)から | トップ | 句集「吹越」(加藤楸邨)から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。