Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

昼酒はひたすら寝るに如かず

2016年12月07日 21時49分55秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 やはり酔っぱらうとフラフラと歩き回る癖なのかもしれない。友人とお昼過ぎからの飲み会を終えた後、横浜駅からかなり遠回りをして、2時間15分ほどかけて歩いて帰ってきた。酔っているので始めはノンビリと歩き始めた。歩幅も小さく、速度もユックリと1万5千歩ほどだったから8キロから9キロ位歩いたであろうか。少々風があったが、かえって心地よく感じた。途中のコンビニでおにぎりを買って頬張りながら歩いた。小さな公園でベンチに座って食べようとしたが、止まると寒いので断念。家に着いた時にはもう暗くなっていた。火星と月がとても美しい空であった。
 心地よい疲労は眠気を誘う。夕食は食べずに先ほどまで寝てしまった。

 明日は10時から講座、13時から会議、18時から都内での集会。結構ハードスケジュールであった。

 本日は早目に風呂に入ってさらに寝てしまうのがいいようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他愛もない話 | トップ | 大雪(たいせつ) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これはですねぇ (通りがかり人)
2016-12-08 02:59:58
氏独自の酒酔いを体のために効果的に生かす方法ですな。体に尋ねながら、これから、酔い覚ましをかねて、軽く、ゆっくり歩いてみるが、どうかな? と、いつもよりはスローにしばらく前進していくと、体は覚えているもので、氏の希望に対応し始めるのでしょうな。ありがたい体です。氏が長年、築きあげてきた酔い覚ましのパターンです。私も部屋を暖かくし、お湯など飲み、体に危機ながら、間違え、聞きながら、むしろ酔い覚まし極軽ストレッチなど、ゆっくり始めた方が、いいときもあります。ただ、氏の場合は戸外ですので、その点、気をつけて、段差も注意しながら、スマホすれ違い人にも、注意しながら、進むべきです。やはり正常時のウォークより、散漫で、正しいフォームを崩す元になってもいけないと思うのです。まあ、体力男ですからな、本物の従僕精神を養って下さい。なあんちってね。
通りがかり人様 (Fs)
2016-12-08 23:37:34
本人に成り代わりの解説をありがとうございます!(^^)!
確かに「体力」男であり、妻の従僕であます。まったく否定できませんね。
正しい姿勢で胸を張って歩きたいですね。
通りがかり人様と酔い覚ましを兼ねて、ウォーキングに励む夢でも見たいものです。

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。