Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

書店で立ち読み・・・

2017年05月16日 16時41分24秒 | 俳句関連
★来た道の二倍帰るや夏日射 村上たつお
★はんけちのたしなみきよき薄暑かな 久保田万太郎

 書店で立ち読みした歳時記から。
 はじめの句、夏の日射しをつらいと嘆くばかりでなく、楽しんでもいるようである。また自らの老いの自覚を対象化しているのかも知れない。自分を実に客観的に見ている。
 二句目、ハンカチを持ち歩く人はめっきり少なくなった。エアドライヤーなるものに駆逐されたのだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ミュシャ展」から 1 | トップ | 「ことばは知識ではなく体験... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。