Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

我が家のセキセイインコの習性

2017年05月26日 10時53分15秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 横浜では朝から雨、本降りである。最大で時間雨量20ミリくらいの雨が止むことなく続いている。風はなく、寒さもあまり感じないので、セキセイインコはベランダに出している。

 セキセイインコの時間感覚が面白い。我が家で飼っているメスのセキセイインコはしゃべることも芸も何もしない。昔は飛び回って何でもガリガリ噛み続けていた。特に木や素焼きのざらざらした陶器が好みであった。
 またトイレットペーパーの芯が気に入っていた。見つけると芯の中に入り込んでじっとしている時間も長かった。蛇口から細く出ている水が好みで、手に乗せて台所につれて行くと、頭から水をかぶって羽根をばたつかせて水浴びのようにしていた。これは長時間くりかえしていた。かなりのお気に入りの行動であった。

 長さ3センチに満たない陶器のアヒルに敵愾心があって、見つけると棚の上から下に引きづり落としていた。
 最近は籠から出ることをしなくなった。朝、水を取り替えるときには、私や妻が手に水をつけてはじいてやると満足そうにしている。台所の蛇口まで行くことはしなくなったが、水をかけられるのは好きらしい。

 このセキセイインコの面白い習性はまだある。
 まず、私たち二人ともいないと餌をついばむことをあまりしない。どちらかが帰ってきて姿を見せると、一目散に餌箱に行って餌をついばみ始める。3日旅行で二人とも出かけたことがある。餌を4日分ほど入れてきたが、帰ってきた時に見るとあまり餌を食べていなかった。二人の姿を見て、それこそガツガツと食べ始めた。
 そして21時半を過ぎると、羽をばたつかせ、ギギギギッとだみ声でひとしきり暴れる。それでも無視をすると、幾度も繰り返す。眠くなった子どものグズリのようだ。掃除機で周りにとんだ餌の殻を掃除して、籠に風呂敷を掛けるとおとなしくなる。最近はだんだん早くなって昨晩は20時前にグズリ始めた。私ども夫婦よりもずっと健康的な睡眠をとっている。
 朝は7時半をすぎないと飼い主は起きないのだが、風呂敷をはずした直後はボーッとしている。私が8時に起きて傍を通るとやはりギギギギッと騒ぐ。これは「早くベランダに籠を出せ」というサインのようだ。不思議なことであるが、嵐のような天気だとおとなしくしている。風が弱い日は本日のように雨が降っていてもベランダがいいようだ。ベランダに面した窓ガラスを通して外の様子が想像できるらしい。
 ベランダに籠を出すとスズメ、ウグイスなどの小さな鳥の囀りに合わせてヒヨヒヨと柔らかい声で啼いている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏燕・燕の子 | トップ | 横浜は濃霧注意報 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かわいいね (通りがかり人)
2017-05-26 14:44:52
ふーむ、そうなんだ。生き物なんだな。繊細だね。一羽になってしまってるし、歳かね? 水浴びとか、ベランダとか、喜ぶこと、してあげるしかないね。お二人でいない時は、かまってもらえないから、食欲も落ちるんだろう。引き続き話しかけを。根気ですな。
通りがかり人様 (Fs)
2017-05-26 17:43:47
実は狂暴なんですよ。人間には噛みつきます。
癇が強く、止まり木も折れてしまうまで噛みいて削っていきます。
何か気に入らないと、小松菜の挿してある入れ物から小松菜をすべて放り出し、入れ物自体を籠から外してしまいます。
どこでどう育て方を間違えたか(*_*;

執念深いところは私にそっくりだと、妻に云われています(@_@)


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。