Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

痰と咳

2017年04月25日 23時51分37秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 明日は降圧剤の処方をしてもらうために、いつもの内科へ。ついでにここ一カ月以上続いている痰と咳について診察をしてもらう予定。
 痰と咳、一か月前から出始め、先々週までは半日出かけるのにポケットティッシュ2袋は必要であった。先々週からずいぶん楽にはなった。それでも半日出かけるときはポケットティッシュの半分は使う。
 痰が絡んでも軽い咳ですんなりと出てくる。楽になったとはいえ、少々気になっていた。苦しいとか、咳き込むとかということはないし、炭が出るともう咳はでない。咳をすることは苦しくもない。朝目覚めたとき、朝食の直後、昼食の直後が気になる。不思議に夕食後は痰はほとんど出ない。

 本日は毎年のように行っている関内桜通でヤエザクラの並木を見、日本大通で都市緑化よこはまフェアを見てきた。札幌市から福岡市までの政令指定都市による小さな歌壇も面白かった。また薔薇の咲き始めたものも気に入った。
 その後は妻と別れ、久しぶりに新聞の編集と印刷をお願いしている印刷会社へ出向いた。日頃メールのやり取りで仕事をお願いばかりしているので、お詫びとお礼と挨拶がてら訪れた。やはり面と向かって話をしないのは仕事とはいえまずいと思う。仕事の邪魔をしては申し訳ないので、顔を出して、すぐにお暇した。
 明日は内科に行ったのちは、もう一度CDコンボをじっくりと見てこようかと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本大通の緑化フェアと関内... | トップ | 「雪村」展(東京藝大美術館)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事