Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

溜息が出そうな土曜日

2017年08月05日 16時18分12秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 ようやく明日の会議のレジュメと参考資料・写真が出来上がった。あとは今晩打ち出して終了。印刷・製本は明日の10時の会議開始に間に合うようにコピーすればいいだけとなった。

 本日はこれから天気は下り坂という。夕方早めにウォーキングをしたいと思っていたが、もう16時過ぎてしまった。とはいっても雨が降りそうな気配はない。

 さて本日でとうとう66歳になってしまった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風仙図屏風」(曽我蕭白) | トップ | 「ボストン美術館の至宝展」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
後れ馳せながら… (葦原の山姥)
2017-08-05 22:22:12
お誕生日 おめでとうございます!!

しがらみからの脱却は難しそうですが、徐々に背中の荷物が軽くなりますように…
充実した時間になりますよう、お祈り申し上げます
葦原の山姥様 (Fs)
2017-08-05 23:01:25
ありがとうございます。

しがらみからの脱却は難しいでしょうね。
団地の方は人気が終わればほぼなくなる可能性大ですが、退職者会の方はずっと続きそうです。こちらは生き様のようなものですから、足抜けは無理。

おかげさまでボストン美術館で充実した時間を過ごすことが出来ました。
展覧会の存在を教えていただき感謝です。

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。