Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

モーツアルト「ピアノ協奏曲第22番 K.482」

2016年09月18日 23時38分23秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
 午後からはときどき雨。特にひどい雨とはならなかった。しかしとても蒸し暑かった。
 午前中は昼過ぎまでかかって、退職者会のホームページの更新を3つほど。熊野古道の報告はまだである。できるだけ早く仕上げてしまいたいとは思っている。
 午後からは家にこもっているのもつらいので雨の合間を縫って横浜駅まで歩いたが、喫茶店で読む本を持って出るのを忘れ、結局家電量販店と有隣堂と山の用品店をぐるぐる回って疲れたところでコーヒータイム。連休の合間ということで、喫茶店混雑して落ち着かない。読書には向かなかったようだ。
 明日は15時過ぎから所用がある。本日と同じ14時過ぎに出かける予定。



 本日かけていたCDは、モーツアルトの「ピアノ協奏曲第22番 K.482」。いつものとおり内田光子のピアノ、ジェフリー・テイト指揮のイギリス室内管弦楽団という組み合わせ。録音は1986年。
 この22番の協奏曲も23番と対の作品と云われる。そして第24番も含めて3つの協奏曲は木管楽器にオーボエではなくクラリネットを使っているという共通点がある。オーボエは登場しない。
 第22番は第20番のニ短調の協奏曲とはうって変わって明るく快活な出だしでである。特徴的で一度耳にしたら忘れられない旋律で始まる。多くの人はいかにもモーツアルト的という印象を持つに違いない。第2楽章がハ短調で、美しい旋律である。しかし明るい透明感のある美しさではなく、打ちひしがれたような美しさである。第3楽章も第1楽章とともに快活な旋律でやはりいかにもモーツアルトという曲である。細かいパッセージが美しい。

     

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鈴木其一展」感想2 | トップ | モーツアルト「ピアノ協奏曲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。