Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

眩暈はおさまった‥

2017年05月17日 23時20分42秒 | 読書
 実に久しぶりに午後からずっと寝かせてもらった。正月はじめの風邪で数日、2月の坐骨神経痛ど2~3日だったか、寝て暮らした。それ以来だろうか。
 熱があるわけでもなかったし、腰や足の痛みがあったわけではない。朝の眩暈で大人しくしているように妻に云われ頷いた。
 しかし本日の集会のための幟と小旗を横浜駅まで届けないわけにはいなないので、本日の集合場所まで出かけた。幟と小旗を渡したのち、コーヒータイムと昼食後は自宅に帰り、読書とウトウト。眩暈はおさまっている。また血圧の安定している。
 眩暈というのは、やはり気持ちを萎縮させる。眩暈は手の施しようがない。力んでも、頭を冷やしても、何をしてもおさまることはない。読書はもとより、考えることも、聴くことも、立っていることもできない。椅子に座ってただ耐えるだけである。これが常態化したらたまらない。
 高血圧の薬は寝る前に忘れずに服用することを怠ってはいけない。当たり前のことをあらためて再認識した。

 明日は午前中に退職者会の作業をする予定でいるが、まだはっきりしない。明後日19日はまた国会前に集まることになっている。これは夜までかかる。
 明日以降、眩暈がおきないように願いたいものである。作業中・行動中に眩暈が怒ったら周りの人に迷惑をかけてしまう。

『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「定家百首」(塚本邦雄)より | トップ | 都市の変貌 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おえ、おえ、‼ (通りがかり人)
2017-05-18 03:35:50
頼むぜよ。もお、40代でも、50代でもないのだから。氏とは思想の違いも感ずるが、だからと言って、国会行きを、反対はしないが、しかし、からだが、曲がり角だと、訴えているのだぜよ。ほんと、じっとしてられない性分だな。しばらく従僕生活の方が、いい。酒も、家で静かに、飲みなさい。動きすぎだわ。めまいも怒ってるでな。
今日も静かに‥ (Fs)
2017-05-18 17:34:28
しています。
組合の会館まで行きましたが、多少の作業のあとにいったん帰宅。
先ほど妻に連れられて買い物に付き合いました。後ろからとぼとぼと。寝ているよりはいいかな、ということです。
おかげさまで眩暈はおさまっています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。